書簡とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 産業 > 郵便 > 手紙 > 書簡の意味・解説 

しょ‐かん【書簡/書×翰】

手紙書状。「—をしたためる


しょ‐かん【書簡・書翰】

〔名〕

① てがみ。書状書札消息

古文真宝彦龍抄(1490頃)「書簡往来と云て此辺にある文(ふみ)也」

尋常小学読本(1887)〈文部省〉六「東京往きて、将に帰らんとする時に、書簡を国許送りて」

文字書くこと筆跡。〔梁書後主沈皇后

③ (「書」は書斎、「簡」は竹簡筆筒の意) 書斎用いる、筆・紙などの文房具

菅家後集903頃)雪夜思家竹「短者宜書簡、妬不先編列


書簡

作者小野不由美

収載図書華胥の幽夢―十二国記
出版社講談社
刊行年月2001.7
シリーズ名講談社文庫

収載図書華胥の幽夢―十二国記
出版社講談社
刊行年月2001.9
シリーズ名講談社X文庫


手紙

(書簡 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/11 18:48 UTC 版)

手紙(てがみ、: letter)とは、用事などを書いて、人に送る文書[1]信書(しんしょ)、書簡・書翰(しょかん)、書状(しょじょう)などとも呼ばれる。古くは消息(しょうそく、しょうそこ)、尺牘(せきとく)とも呼ばれた。


注釈

  1. ^ 英語のletterも同じ。封筒に入れて届けるもの。封筒に入れないものは「card カード(日本語で葉書)」と呼び分ける。
  2. ^ 日本における郵便ポストの2つの差し入れ口は、左「手紙・はがき」 /右「その他の郵便」などと表記されているものが大半である。この場合、「手紙」は「はがき」以外の封書を意味して用いられている。
  3. ^ 直接会える場合は、口頭で伝えてしまうことが一般的である。直接会えるのに、便利な会話で伝えず、わざわざ手間をかけて文字にして渡すのは、一般論として言えば、特殊な事情がある場合である。
  4. ^ 20世紀初頭、オーレル・スタインによる中央アジア探検によってその実物が発掘されている(二玄社編(書道辞典) p.150)。
  5. ^ 1872年以前は旧暦(天保暦)併記。
  6. ^ エクスパックと異なり、レターパック(500/350/プラス/ライト)は第一種郵便物扱いであり信書送達できる。

出典

  1. ^ 『大辞泉』、手紙
  2. ^ https://english.stackexchange.com/questions/231429/is-it-okay-to-use-the-word-letter-instead-of-e-mail-regarding-to-e-mail-corr
  3. ^ https://www.lexico.com/definition/letter
  4. ^ 『ルミナス和英辞典第2版』研究社、2005年、146頁。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l 『日本大百科全書』(ニッポニカ)、手紙。
  6. ^ 書簡文学
  7. ^ 二玄社編(書道辞典) p.150
  8. ^ 2019年10月1日(火)から郵便料金などが変わりました。
  9. ^ 郵便法第4条、2020年1月20日閲覧
  10. ^ 信書のガイドライン、2017年10月19日閲覧
  11. ^ (詳細は「内国郵便約款」第81条『同時配達の扱い』を参照)
  12. ^ 郵便法第4条第3項、「信書に該当する文書に関する指針」
  13. ^ 郵政省『続逓信事業史』1961年、ほか。
  14. ^ a b 特別展「ニッポンノテガミ」の開催”. 日本郵政株式会社 郵政資料館. 2020年8月18日閲覧。


「手紙」の続きの解説一覧

書簡

出典:『Wiktionary』 (2021/08/15 01:23 UTC 版)

名詞

しょかん書翰」の「同音の漢字による書きかえ」)

  1. 手紙

発音(?)

しょ↗かん



書簡と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「書簡」の関連用語

書簡のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



書簡のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの手紙 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの書簡 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS