マイクロソフトとは? わかりやすく解説

マイクロソフト【Microsoft Corporation】

読み方:まいくろそふと

米国世界最大手のコンピューターソフトウエア会社1975年ビル=ゲイツポール=アレンにより設立代表的な製品に、パソコン用オペレーティングシステムWindowsシリーズビジネスアプリケーションソフトMicrosoft Office」、ブラウザーソフト「Internet Explorer」などがある。MS


マイクロソフト(NASDAQ:MSFT)

住所: One Microsoft WayRedmond, WA 98052United States
電話: 1- (425) 882-8080
FAX: 1- (425) 936-7329
ウェブサイト: http://www.microsoft.com/
業種: テクノロジー
業界: ソフトウェア

» ダウ・ジョーンズ米国企業総合情報データベースはこちら

Microsoft

読み方:マイクロソフト
別名:MSMicrosoft Corporation

Microsoftとは、1975年ビル・ゲイツBill Gates)とポール・アレンPaul Allen)によって設立されたソフトウェアメーカーの名称である。オペレーティングシステムOS)「Windowsシリーズ開発元などとして知られている

Microsoftは、当初はBASICインタープリタ開発などを行っており、IBM PCOSとしてMS-DOS提供したことをきっかけとしてIBM PCと共に市場浸透していった。その後グラフィカルユーザーインターフェースGUI)を採用したWindowsリリースされると、急速にシェア伸ばし圧倒的な市場シェア獲得するに至る。2007年現在OS市場全体に対すWindows系OSシェアは、90%以上になるといわれている。

Windows並んでWebブラウザの「Internet Explorer」(IE)や、オフィススイートの「Microsoft Office」も普及している。Microsoft Officeにおける、ワープロソフトの「Word」、表計算ソフトの「Excel」、プレゼンテーションソフトの「PowerPoint」といったアプリケーションソフトは、それぞれ同種の製品代表的な存在となっている。他にもポータルサイトの「MSN」の運営や、家庭用ゲーム機Xbox」「Xbox 360」の販売なども行っている


参照リンク
Microsoft Corporation
マイクロソフト

マイクロソフト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/21 06:22 UTC 版)

マイクロソフト: Microsoft Corporation)は、アメリカ合衆国ワシントン州に本社を置く、ソフトウェアを開発、販売する会社である。1975年ビル・ゲイツポール・アレンによって創業された[注釈 1]1985年パソコンOSWindowsを開発。1990年にWindows向けのオフィスソフトとしてMicrosoft Officeを販売。1995年にウェブブラウザInternet Explorerをリリース。2001年家庭用ゲーム機Xboxを販売。2009年検索エンジンBingを設立。2010年にクラウドサービスとしてAzureを開始。2015年7月15日Microsoft Edgeを開発、そして展開。2021年11月時点での時価総額がAppleに次いで世界2位[7]


注釈

  1. ^ a b 創業日を1975年4月4日とすることがあるが、この日付を確認できる当時の文書は存在しない。ゲイツとアレンがパートナーシップ形成に関する契約書を交わしたのは、1977年2月3日のことであり、それ以前は口約束による非公式であいまいなものであった[3]。 米国の法律では、パートナシップ形成にあたっては登記や当事者の契約書は必要とはされないため、口約束でも有効であり、1977年2月3日以前でもパートナーシップは存在していたと考えられる。 しかしながら、1975年7月22日にMITS社がBASICインタプリタに関して契約書を交わした際、その相手は個人であるゲイツとアレンであり、パートナーシップ事業体ではない[4]。また、マイクロソフトという名前をアレンが考え出したのは1975年の夏であったとされ[5]、1975年4月4日の段階ではマイクロソフトという名称は存在しない。 当事者であるゲイツとアレンが、1975年4月4日をマイクロソフトの創業日と発言しているのは事実であるが、それらの発言は全て2005年以降のものであり、2005年より前には確認できない。また、1975年4月4日に当事者間でどのような合意があったかも語られていない。1990年代中ごろまでの資料で当事者に詳細な聞き取りを行ったものには、パートナーシップが形成された正確な日付は不明であるとされている[6]

出典

  1. ^ a b c d e FY21 Q4 - Press Releases - Investor Relations - Microsoft”. Microsoft Investor Relations. Microsoft. 2022年1月19日閲覧。
  2. ^ Facts About Microsoft” (英語). Stories. 2022年1月19日閲覧。
  3. ^ メイン&アンドリュー 『帝王の誕生』三田出版会、1995年、137頁。 
  4. ^ 『帝王の誕生』、109頁。 
  5. ^ ポール・アレン 『ぼくとビル・ゲイツとマイクロソフト』講談社、2013年、146頁。 
  6. ^ 『帝王の誕生』、112頁。 
  7. ^ 世界時価総額ランキング2021 ― World Stock Market Capitalization Ranking 2021”. www.180.co.jp. 2021年10月12日閲覧。
  8. ^ 三浦優子「マイクロソフト、Windows 7のアクセシビリティに対する説明会を実施」『【PC Watch】 マイクロソフト、Windows 7のアクセシビリティに対する説明会を実施 Impress Watch、2009年10月20日。
  9. ^ “マイクロソフト、ノキアの携帯事業買収で合意-スマホで地歩”. Bloomberg.co.jp. (2013年9月3日). https://www.bloomberg.co.jp/news/123-MSJ62H6KLVR701.html 2013年9月7日閲覧。 
  10. ^ ASCII マイクロソフトがついにNokiaの買収完了、注目ポイントは? 2014年5月1日
  11. ^ ITpro Microsoft、クラウド事業強化に向けて海底ケーブルに投資 2015/05/12
  12. ^ “マイクロソフト、時価総額1兆ドル超える 米企業で史上3社目”. 日本経済新聞. (2019年4月26日). https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL25I1L_V20C19A4000000/ 
  13. ^ Microsoft HoloLens | ビジネスを支援する Mixed Reality テクノロジ” (日本語). www.microsoft.com. 2021年8月6日閲覧。
  14. ^ マイクロソフト、米国防総省とARヘッドセット生産契約 – DG Lab Haus”. media.dglab.com. 2021年8月6日閲覧。
  15. ^ TechCrunch – Startup and Technology News” (英語). TechCrunch. 2021年8月6日閲覧。
  16. ^ Windows 10 Mobile のサポート終了: よくあるご質問”. support.microsoft.com. 2021年10月25日閲覧。
  17. ^ マイクロソフト、SCOへの資金提供に関与--投資会社が認める” (日本語). CNET Japan (2004年3月12日). 2021年10月25日閲覧。
  18. ^ Groklaw - Stewart Rules: Novell Wins! CASE CLOSED! - Updated”. www.groklaw.net. 2021年10月25日閲覧。
  19. ^ Microsoftライセンス、OSIの認証を受けオープンソースライセンスへ” (日本語). TECH+ (2007年10月17日). 2021年10月25日閲覧。
  20. ^ マイクロソフト、オープンソース支援のための財団「CodePlex Foundation」を設立
  21. ^ マイクロソフトが公開したLinuxコードはGPL違反——エンジニアが指摘
  22. ^ Microsoft、『Linux』相互運用性に向けソースコード公開
  23. ^ 米Microsoft、「Windows 7」のUSB/DVDダウンロードツールをGPLで公開 | OSDN Magazine” (日本語). OSDN. 2021年10月25日閲覧。
  24. ^ http://quaoar.ww7.be/ms_fud_of_the_year/569458-microsoft-attack-linux-retail-level-probably.html
  25. ^ 米Novell、米Microsoftの「Linuxには信頼性がない」比較調査に反論”. cloud.watch.impress.co.jp. 2021年10月25日閲覧。
  26. ^ マイクロソフトとノベル、Linuxで提携--技術開発や特許で協力” (日本語). CNET Japan (2006年11月3日). 2021年10月25日閲覧。
  27. ^ 「オープンソースの特許侵害235件」-Microsoftの公表に騒然”. cloud.watch.impress.co.jp. 2021年10月25日閲覧。
  28. ^ マイクロソフトとTomTom、特許侵害訴訟で和解
  29. ^ Jackson, Chris Kanaracus and Joab (2010年11月22日). “Microsoft-led group to pay $450M for 882 Novell patents” (英語). Computerworld. 2021年10月25日閲覧。
  30. ^ Microsoft Loves Linux” (英語). Microsoft Windows Server Blog (2015年5月6日). 2021年10月25日閲覧。
  31. ^ Azure のオープン ソースのほかのオプションを見つける
  32. ^ Linux Foundation Members” (英語). Linux Foundation. 2021年10月25日閲覧。
  33. ^ 「MSはIBMに報復行為を行なっていた」” (日本語). WIRED.jp. 2021年10月25日閲覧。
  34. ^ IBMとマイクロソフト、クラウドで提携 〜 互いの顧客企業にサービス提供 | U.S. FrontLine | フロントライン”. usfl.com. 2021年10月25日閲覧。
  35. ^ SAPジャパン公式ブログ | SAP Business Innovation Update” (日本語). SAPジャパン ブログ (2016年5月18日). 2021年10月25日閲覧。
  36. ^ “MicrosoftとSAP、クラウドによるデジタル変革実現へ向けて協業” (英語). SAP Japan プレスルーム. (2017年12月1日). https://news.sap.com/japan/2017/12/microsoftとsap、クラウドによるデジタル変革実現へ向け/ 2018年4月28日閲覧。 
  37. ^ “What ever became of Microsoft's $150 million investment in Apple?” (英語). Engadget. https://www.engadget.com/2014/05/20/what-ever-became-of-microsofts-150-million-investment-in-apple/ 2018年8月14日閲覧。 
  38. ^ Foley, Mary Jo. “Is Apple really using Windows Azure to power iCloud? | ZDNet” (英語). ZDNet. https://www.zdnet.com/article/is-apple-really-using-windows-azure-to-power-icloud/ 2018年8月14日閲覧。 
  39. ^ Panzarino, Matthew「Apple、Siriのウェブ検索をBingからGoogleに変更――iOS、Mac Spotlight、Safriの結果が一致 | TechCrunch Japan」『TechCrunch Japan』。2018年8月14日閲覧。
  40. ^ ソニーとマイクロソフトがクラウドゲームやAI分野で提携。競合同士が手を組む異例の事態
  41. ^ a b c d 25周年目に明かされたPowerPointの知られざる歴史” (日本語). WIRED.jp. 2021年10月25日閲覧。
  42. ^ MicrosoftがHotmailを買収 世界中のどこからでもメールを”. INTERNET Watch (1998年1月5日). 2020年8月24日閲覧。
  43. ^ a b c d Microsoft、Skypeの買収を完了” (日本語). ITmedia NEWS. 2021年10月25日閲覧。
  44. ^ マイクロソフト、ノキアの携帯事業買収 14年初めにも: 日本経済新聞”. 日本経済新聞. 2022年1月20日閲覧。
  45. ^ 米Microsoft、「Minecraft」のMojangを25億ドルで買収 - GAME Watch”. Impress Watch. 2022年1月19日閲覧。
  46. ^ マイクロソフトがベセスダ・ソフトワークスの親会社ZeniMax Mediaを買収…金額は約7,843億円”. Game*Spark (2020年9月21日). 2020年9月21日閲覧。
  47. ^ Xbox Game Passが強化されるか!?MicrosoftがBethesdaの親会社を75億ドルで買収!「DEATHLOOP」と「GhostWire: Tokyo」はPS5独占を継続”. funglr Games (2020年9月23日). 2021年3月10日閲覧。
  48. ^ MicrosoftがBethesda Softworksの親会社ZeniMax Mediaの買収を正式に完了”. funglr Games (2021年3月10日). 2021年3月10日閲覧。
  49. ^ 【速報】Microsoftが世界トップクラスのゲーム会社「Activision Blizzard」の買収を発表”. funglr Games (2021年1月18日). 2021年1月18日閲覧。
  50. ^ “欧州委、マイクロソフトに過去最高の新たな制裁金”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2008年2月27日). オリジナルの2008年3月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080301164437/http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20080227-OYT1T00530.htm 
  51. ^ Stephen Shankland (1999年6月25日). “Makers of cheap machines flock to free Be”. CNET News. 2011年10月16日閲覧。
  52. ^ 日経クロステック(xTECH). “本当に許されるのか,WindowsとOfficeの驚異的な利益率” (日本語). 日経クロステック(xTECH). 2021年10月25日閲覧。
  53. ^ Impress AKIBA Hotline (1999年1月30日). “Weekly News & Update” (日本語). 2009年12月30日閲覧。 ページの一番下
  54. ^ nikkei BPnet (1999年2月2日). “Windowsの返金求める運動始まる--Linuxなどのユーザーが2月半ばに一斉行動も” (日本語). 2009年12月30日閲覧。
  55. ^ ITmedia (2009年8月27日). “Windows 7を捨てて自由を:FSF、アンチWindows 7キャンペーンをスタート” (日本語). 2009年12月30日閲覧。
  56. ^ ITmedia (2006年12月19日). “FSF、アンチVistaサイト「BadVista.org」を立ち上げ” (日本語). 2009年12月30日閲覧。
  57. ^ 瀧口範子 (2009年10月16日). “われわれはなぜグーグル書籍検索和解案に反対するのか?〜MS・ヤフー・アマゾン連合の影の立役者に聞く”. ダイヤモンド社. 2019年3月8日閲覧。
  58. ^ 明石昇二郎 (2010-04). グーグルに異議あり!. 集英社. ISBN 978-4087205374 
  59. ^ a b ITmedia (2009年7月8日). “Microsoft、C#とCLIに「Community Promise」を適用” (日本語). 2009年12月30日閲覧。
  60. ^ ITmedia (2009年6月30日). “リチャード・ストールマン、「MonoやC#への依存を減らそう」と呼びかけ” (日本語). 2009年12月30日閲覧。
  61. ^ Support OpenDocument 「What's wrong with Office Open XML?」の項 (Free Software Foundation)
  62. ^ Windows 10にアップグレードしてトラブルが続出、消費者団体がMicrosoftに補償を求める事態に” (日本語). GIGAZINE. 2021年10月25日閲覧。
  63. ^ Win10強制アップデート問題…マイクロソフトは「改善予定なし」
  64. ^ マイクロソフトディベロップメント「パワハラ解雇」訴訟 日本HP事件判例が示す被害妄想系社員への正しい対応|MyNewsJapan”. MyNewsJapan. 2021年10月25日閲覧。
  65. ^ Cohan, Peter. “Why Stack Ranking Worked Better at GE Than Microsoft” (英語). Forbes. 2021年10月25日閲覧。
  66. ^ Warren, Tom (2012年7月3日). “Microsoft's loyalty to Windows and Office blamed for a 'lost' decade, says Vanity Fair” (英語). The Verge. 2021年10月25日閲覧。
  67. ^ Microsoftが放棄したスタックランキングシステムでYahoo!が600人をレイオフ” (日本語). InfoQ. 2021年10月25日閲覧。
  68. ^ 米マイクロソフト社 スタック・ランキング制度を廃止(アメリカ)
  69. ^ マイクロソフトCEO、差別やハラスメントの調査方法を改善へ”. 2019年4月16日閲覧。
  70. ^ 「Outlook」一部アカウントに不正アクセス、マイクロソフトが公表”. 2019年4月15日閲覧。
  71. ^ マイクロソフトのメールサーヴィスへの不正アクセスは、サポート部門に潜むリスクを浮き彫りにした”. 2019年4月18日閲覧。
  72. ^ a b c d e f 日本マイクロソフト株式会社 第37期決算公告
  73. ^ 東京都内のオフィス統合と本社オフィス移転について
  74. ^ 2011 年 2 月 1 日付で、社名を「日本マイクロソフト株式会社」に変更
  75. ^ a b マイクロソフトディベロップメント株式会社 第16期決算公告
  76. ^ a b 調布技術センター : 日本マイクロソフトについて マイクロソフト公式サイト
  77. ^ マイクロソフトサポートの「中の人」に会いにいった(後編) 2013年2月4日、DB Online(DB オンライン):EnterpriseZine(エンタープライズジン)



マイクロソフト(MS)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/10 14:47 UTC 版)

杜奕瑾」の記事における「マイクロソフト(MS)」の解説

2006年、マイクロソフトに転ずる検索広告業界No.1であるGoogleに行くよりもゼロから創造することを好んだことをその理由として語っている。Google対抗すべく中国出身の沈向洋中国語版英語版)(ハリー・シャム博士が所属すマイクロソフトリサーチ傘下インターネットサービス研究センターで検索エンジンBing」の設計ビッグデータ研究従事2012年人工知能研究部門アジア太平洋地区のエンジニアリング・マネージャーに昇格その後同社AIアシスタントCortana開発チームマネージャーとなる。MS中国設立した蘇州研究開発センターCortana商業化製品システム構築担ったMS中国語圏界隈では「Cortanaの父」と呼ばれる至った2015年率いCortanaチームクロスプラットフォーム仕様AIアシスタント発表。翌2016年にはMS開発者カンファレンスにてが社を代表して人工知能戦略協業戦略発表したCEOサティア・ナデラカンファレンス中にCortanaその人知能開発チームMS人工知能戦略上、最も代表的なものであるとして、率いチーム世界初クロスプラットフォームAIアシスタント生み出しエージェントボットAI概念をリリースした」と発表世界各国報道機関MS次世代OSであると称えたGoogleは同カンファレンスにてチャットアプリGoogle Allo英語版)」を、FacebookFacebook Messenger向けのMessenger Botをリリースすると発表し在籍時のMS人工知能戦略応えるとなった同年MS設立したハリー・シャム率いる6,000人規人工知能開発チーム(AI.R.)で初代アジア太平洋地区プリンシパル・ディベロップメント・マネージャーとなり、クロスプラットフォームCortanaによるアジアでの人工知能戦略を担う。

※この「マイクロソフト(MS)」の解説は、「杜奕瑾」の解説の一部です。
「マイクロソフト(MS)」を含む「杜奕瑾」の記事については、「杜奕瑾」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「マイクロソフト」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「マイクロソフト」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「マイクロソフト」に関係したコラム

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「マイクロソフト」の関連用語

マイクロソフトのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



マイクロソフトのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ダウ・ジョーンズダウ・ジョーンズ
Copyright © 2022 Dow Jones & Company, Inc. All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリMicrosoftの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのマイクロソフト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの杜奕瑾 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS