世界最大とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 世界最大の意味・解説 

世界一の一覧

(世界最大 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/17 09:18 UTC 版)

世界一の一覧(せかいいちのいちらん)は、同種の事物の中で最も優れたもの、最大もしくは最小であるものの一覧でもある。


注釈

  1. ^ ただしトリスタンダクーニャ島には近隣に無人島が存在する。無人島も含めた陸地から一番遠いのはイースター島(最寄りの無人島より400km以上離れている)。
  2. ^ a b 体積でも世界一か(情報未確認)。
  3. ^ 海外のウェブサイトでは、この水上竜巻について、高さが5,014feet(約1,528m)、幅が100feet(約30m)と記載されていて、世界一を裏付ける情報が不明瞭。
  4. ^ (English) The Dodo (動画共有サービス). YouTube. https://www.youtube.com/channel/UCINb0wqPz-A0dV9nARjJlOQ 2022年7月21日閲覧。 
  5. ^ (English) Brave Wilderness (動画共有サービス). YouTube. https://www.youtube.com/channel/UC6E2mP01ZLH_kbAyeazCNdg 2022年7月21日閲覧。 
  6. ^ (English) That Little Puff (動画共有サービス). YouTube. https://www.youtube.com/channel/UClFN9LShD_Pv0wnSeUKbUZw 2022年7月21日閲覧。 
  7. ^ (English) That Little Puff (動画共有サービス). YouTube. https://www.youtube.com/channel/UClFN9LShD_Pv0wnSeUKbUZw 2022年7月21日閲覧。 
  8. ^ (English) Maymo (動画共有サービス). YouTube. https://www.youtube.com/channel/UCC7tqA6lA2QRw4BdrAEKFxg 2022年7月21日閲覧。 
  9. ^ GPS、および、NASAスペースシャトルによるレーダー調査SRTM
  10. ^ 情勢不安のため調査不可能なチベット地方には、これ以上の高所にある道の存在可能性あり。カルドゥン・ラも参照。
  11. ^ 初代司会者は関口宏
  12. ^ ギネス世界記録での登録名称は「日本で最も露出の多いテレビスター」。
  13. ^ 24時間/211万台

出典

  1. ^ a b 理科年表 平成18年 p.578
  2. ^ Dubai's Palm and World Islands - progress update”. AMEInfo (2007年10月4日). 2007年10月11日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2007年10月28日閲覧。
  3. ^ Argentina and Chile North Ultra-prominences - A WEBSITE FOR THE MOUNTAINS OF THE WORLD BASED ON PROMINENCE
  4. ^ 理科年表 平成18年 p.593
  5. ^ a b 理科年表 平成18年 p.584
  6. ^ a b c d 理科年表 平成18年 p.585
  7. ^ 理科年表 平成18年 p.579, p.578
  8. ^ a b en:Desert#Geography
  9. ^ Mount Thor -The Greatest Vertical Drop on Earth!”. Dailygalaxy.com (2010年3月9日). 2013年6月25日閲覧。
  10. ^ "Thor Peak" (英語). Bivouac.com. 2009年11月30日閲覧
  11. ^ 高橋正樹 (火山学者) 『破局噴火―秒読みに入った人類滅亡の日』祥伝社祥伝社新書〉、2008年10月5日。ISBN 978-4-396-11126-7 
  12. ^ 噴火をとらえる 活火山(・死火山・休火山)・火山群”. 火山学者に聞いてみよう -トピック編-(ウェブサイト). 日本火山学会 (1997年2月13日). 2012年2月1日閲覧。
  13. ^ 理科年表 平成19年 p.740
  14. ^ a b 『ギネスブック 世界記録事典 '87』 講談社、481頁。
  15. ^ a b c 『気象年鑑』 気象庁監修:2007年以前の版における日本の気象要素別順位表、および、世界と日本の気象記録。
  16. ^ 伊吹山測候所による観測。2001年に測候所は廃止。
  17. ^ 熊谷測候所 『埼玉県気象年報』熊谷測候所、1917年(大正6年)。 
    熊谷地方気象台、百年誌編集委員会 『埼玉県の気象百年』熊谷地方気象台、1996年。 ほか。
  18. ^ 世界まる見え!テレビ特捜部日本テレビ系列、2006年1月21日放送回。
  19. ^ 気象記録一覧のうち「霰・雹 ("Hail")」経由で出典確認可能。
  20. ^ a b Lituya Bay, Alaska”. (official website). United States Geological Survey (USGS). 2012年2月7日閲覧。
  21. ^ a b 宇野木早苗、久保田雅久 『海洋の波と流れの科学』東海大学出版会、1996年9月10日。ISBN 978-4-486-01380-8 
  22. ^ a b c d e f g h i Larson, Samantha (2013年11月18日). “507歳の貝、年齢調査で死亡は誤解”. ナショナルジオグラフィック (日経ナショナルジオグラフィック社). https://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/news/14/8548/ 2022年7月21日閲覧。 
  23. ^ a b c d Holland, Jennifer S. (2014年2月7日). “最も高齢な動物たち、6つの例”. ナショナルジオグラフィック (日経ナショナルジオグラフィック社). https://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/news/14/8897/ 2022年7月21日閲覧。 
  24. ^ Professor James Scourse” (English). University of Exeter. 2022年7月21日閲覧。
  25. ^ a b “約400歳のサメが見つかる、脊椎動物で最も長寿”. ナショナルジオグラフィック (日経ナショナルジオグラフィック社). (2016年8月12日). https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/081000304/ 2016年8月12日閲覧。 
  26. ^ Most views for an animal channel on YouTube” (English). Guinness World Records. Guinness World Records Ltd. (2021年3月8日). 2022年7月21日閲覧。
  27. ^ Most subscribers for an animal channel on YouTube” (English). Guinness World Records. Guinness World Records Ltd. (2021年3月4日). 2022年7月21日閲覧。
  28. ^ a b c Most views for an cat on YouTube” (English). Guinness World Records. Guinness World Records Ltd. (2022年4月21日). 2022年7月21日閲覧。
  29. ^ Most views for an animal on YouTube” (English). Guinness World Records. Guinness World Records Ltd. (2018年3月13日). 2022年7月21日閲覧。
  30. ^ a b 【映像】世界一のニッポンの猫、まる、「Mugumogu」で視聴回数世界一|ギネス世界記録”. ギネス世界記録. Guinness World Records Ltd. (2017年3月28日). 2022年7月21日閲覧。
  31. ^ 「もちまる」ギネス認定に「世界トップの猫」「下僕さんとの共同作業の成果」と祝福の嵐 「年収が気になる」の声も」『ZakZak』株式会社産経デジタル、2021年9月6日。2022年7月21日閲覧。
  32. ^ “107歳の炭山ウメノさん、兒玉コウメさん「最高齢の双子」ギネス世界記録認定”. ギネス世界記録. (2021年9月20日). https://www.guinnessworldrecords.jp/amp/news/2021/9/107-year-old-japanese-sisters-confirmed-as-world’s-oldest-identical-twins-675690 2021年9月22日閲覧。 
  33. ^ “身長54.6センチのネパール人男性、ギネス世界記録に認定”. AFPBB(ウェブサイト) (フランス通信社). (2012年2月26日). http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2861097/8544333 2012年2月27日閲覧。 
  34. ^ a b 『ギネス世界記録 2014』角川マガジンス、2013年、51頁。ISBN 978-4-04-731884-7
  35. ^ Eighty-one year old Chinese man has longest eyebrow hair in the world”. 2016年5月24日閲覧。
  36. ^ a b Christel Kucharz (2008年). “Two Germans Share World's Longest Family Tree”. ABC News. 2017年9月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年3月23日閲覧。
  37. ^ 中原(翻訳・編集) (2009年1月3日). “孔子の子孫200万人超に、「孔子家系図」9月に出版―中国”. エキサイトニュース. 2017年9月24日閲覧。
  38. ^ AFP (2008年2月18日). “孔子の家系図改f訂、子孫は200万人を超える”. AFPBB News. 2017年9月24日閲覧。
  39. ^ 佐久協 『カラー版 イチから知りたい!論語の本』西東社、2014年、180頁。ISBN 9784791623068 
  40. ^ フランク・B・ギブニー編 『ブリタニカ国際大百科事典』 14巻(第2版改訂版)、ティビーエス・ブリタニカ、1993年、9頁。全国書誌番号:74006385 
  41. ^ a b c CIA (2019年). “The World Factbook”. CIA. 2019年6月23日閲覧。
  42. ^ VOYAGE GROUP朝日新聞社, “万世一系”, 『コトバンク』, VOYAGE GROUP・朝日新聞社, https://kotobank.jp/word/%E4%B8%87%E4%B8%96%E4%B8%80%E7%B3%BB-606715 2015年5月24日閲覧。 
  43. ^ VOYAGE GROUP朝日新聞社, “南北朝時代”, 『コトバンク』, VOYAGE GROUP・朝日新聞社, https://kotobank.jp/word/%E5%8D%97%E5%8C%97%E6%9C%9D%E6%99%82%E4%BB%A3-108982 2015年5月24日閲覧。 
  44. ^ 記録の対象となるべき「退めた時期と年齢」は(おそらく77歳とは思うが、)未確認。
  45. ^ 『ギネス世界記録 2010』ゴマブックス、2009年、28頁。ISBN 9784777115297
  46. ^ 日本航空日本トランスオーシャン航空」「全日本空輸エアーニッポン」のように、「親会社・子会社」を合わせた「グループ会社」全体を「1社」とカウントしている。
  47. ^ 『ギネス世界記録2007』、ポプラ社、2006年、ISBN 4591094766 p.100
  48. ^ 『ギネス世界記録2006』、ポプラ社、2005年、ISBN 4591089576 p.142
  49. ^ “世界一の超高層「ブルジュ・ドバイ」落成、高さ828メートル”. AFPBB News. (2010年1月5日). http://www.afpbb.com/article/economy/2679450/5121340 
  50. ^ Burj Dubai, SkyscraperPage.com, http://skyscraperpage.com/cities/?buildingID=7787 
  51. ^ Tallest building unoccupied - ギネス世界記録
  52. ^ a b c 株式会社日立製作所、日立電梯(中国)有限公司 (2020年1月16日). “世界トップクラスの高さを有するエレベーター試験塔「H1 TOWER」が中国・広州の研究開発・製造拠点内に完成 < ニュースリリース”. 日立グループ. 2021年2月15日閲覧。
  53. ^ 288.8米!日立电梯“H1 TOWER”刷新电梯试验塔新高度 < 日立新闻”. 日立电梯(中国)有限公司 (2020年1月17日). 2021年2月15日閲覧。
  54. ^ 世界のテーマパーク入場者数2010発表
  55. ^ WORLD'S LARGEST DOOR
  56. ^ ポーランドに世界一狭い家、幅92cm(ビデオ)
  57. ^ en:Extreme points of Earth#Highest attainable by transportationも参照
  58. ^ Sutong Yangtze River Highway Bridge - 中国交通建設(英語版公式ウェブサイト)
  59. ^ 大連と山東を結ぶ、世界最長「渤海海峡トンネル」建設の構想
  60. ^ 先端技術紹介 |東京SMOOTH
  61. ^ Andersen, Ina (2017年10月26日). “Nå er siste fjellrest sprengt vekk i verdens lengste undersjøiske veitunnel” (ノルウェー語). 2021年9月4日閲覧。
  62. ^ a b 財団法人 日本航空機開発協会 航空機関連データ集
  63. ^ 日進工具、「世界最小M0.3相当」ねじを加工できる工具をアピール
  64. ^ 「世界最小」の樹脂ネジ!
  65. ^ [1]
  66. ^ 大観覧車「コスモクロック21」, http://cosmoworld.jp/attraction/wonder/cosmoclock21/ 2019年2月15日閲覧。 
  67. ^ 仁摩サンドミュージアム, 1年計砂時計『砂暦』, http://www.sandmuseum.jp/facility/23 2019年2月15日閲覧。 
  68. ^ 近畿大学原子力研究所
  69. ^ 人民網日本語版 (2003年8月9日). “三峡ダム発電所、世界最大のタービンを近く設置(写真)”. 2008年9月21日閲覧。
  70. ^ a b c Is Armenia's Nuclear Plant the World's Most Dangerous?” (英語). National Geographic (Website) (2011年4月11日). 2011年10月31日閲覧。
  71. ^ a b “トルコ地震で世界一危険な原発に被害か”. ゆかしメデイア (アブラハム・グループ・ホールディングス Abraham Group Holdings Co., Ltd.). (2011年10月30日). http://media.yucasee.jp/posts/index/9376?la=nr3 2011年10月31日閲覧。 
  72. ^ a b c “大地震多発地帯、止められぬ「最も危険な原発」”. Yomiuri Online (読売新聞社). (2011年5月13日). http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20110513-OYT1T01099.htm 2011年10月31日閲覧。 
  73. ^ a b c d e スペースデブリ”. (公式ウェブサイト). 財団法人 日本宇宙フォーラム. 2012年10月24日閲覧。
  74. ^ a b c “世界に無神経さを示した中国の衛星破壊 宇宙利用を不可能にする可能性を無視”. nikkeiBPnet (日本経済新聞社). (2007年2月2日). http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/feature/matsuura/space/070202_hakai/index.html 2012年10月24日閲覧。 
  75. ^ a b July 2010, Top Ten Satellite Breakups (PDF)” (英語). Orbital Debris Quarterly News (official website). NASA (2010年7月). 2012年10月24日閲覧。
  76. ^ 成田兼章(宇宙航空研究開発機構 統合追跡ネットワーク技術部長) (2010年10月29日). “スペースデブリ観測・衝突回避マヌーバ スページデブリシンポジウム 平成22年10月29日 (PDF)”. (公式ウェブサイト). 一般社団法人 日本航空宇宙工業会 (SJAC)[2]. 2012年10月24日閲覧。
  77. ^ 風雲1号Cのデブリについて (PDF)”. (公式ウェブサイト). 宇宙航空研究開発機構 (JAXA) (2007年2月). 2012年10月24日閲覧。
  78. ^ october 2010, Chinese Debris Reaches New Milestone (PDF)” (英語). Orbital Debris Quarterly News (official website). NASA (2010年10月). 2012年10月24日閲覧。
  79. ^ WHERE ARE THE VOYAGERS?”. NASA. 2018年11月15日閲覧。
  80. ^ TIOBE Index for January 2019
  81. ^ 濱田隆士監修・ひきの真二『地球大紀行 5』小学館、1988
  82. ^ 日本の記録”. (公式ウェブサイト). ギネス・ワールド・レコーズ 地域活性化委員会 (2012年). 2012年10月30日閲覧。※二重構成のリンク先も出典とする。
  83. ^ a b c “フンドーキン醤油、世界一大きい醤油醸造木樽でギネス世界記録認定”. 日本食糧新聞 電子版 (日本食糧新聞社). (2007年9月7日). http://news.nissyoku.co.jp/Contents/urn/newsml/nissyoku.co.jp/20070907/nss-9877-0016/1 2012年9月16日閲覧。 
  84. ^ 日本木槽木管の木樽がギネス世界記録認定”. (公式ウェブサイト). 日本木槽木管株式会社. 2012年9月16日閲覧。
  85. ^ a b 世界最大の木樽完成”. (公式ウェブサイト). フンドーキン醤油. 2012年9月16日閲覧。
  86. ^ フンドーキン醤油(しょうゆ)工場見学(大分県臼杵市)”. いいね〜おいしいね〜(個人ブログ). 個人 (2007年10月29日). 2012年9月16日閲覧。:主たる出典箇所は撮影された看板の内容。
  87. ^ 世界一の木樽見学”. 若林純一の活動日記. 若林純一 (2012年1月27日). 2012年9月16日閲覧。:出典箇所は撮影された看板の内容。
  88. ^ [3]
  89. ^ World’s Largest Metropolitan Regions by LRP 2009年3月、トロント大学により公表
  90. ^ 外国為替計算” (2015年4月29日). 2015年4月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年4月29日閲覧。
  91. ^ Largest coin” (2012年2月9日). 2020年6月1日閲覧。
  92. ^ definition of pneumonoultramicroscopicsilicovolcanoconiosis in Oxford dictionary (British & World English)” (英語). Oxford Dictionaries. オックスフォード大学出版局. 2014年12月19日閲覧。
  93. ^ Lean, Glendon Angove (1992), Counting Systems of Papua New Guinea and Oceania, Ph.D. thesis, Papua New Guinea University of Technology, オリジナルの2007-9-5時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20070905170848/http://www.uog.ac.pg/glec/thesis/thesis.htm 
  94. ^ 世界の言語の数体系
  95. ^ everything2 (Longest Name)
  96. ^ Re - Googleマップ
  97. ^ ゴルゴ13が“世界一”に 201巻発売、「こち亀」抜く” (日本語). 河北新報オンラインニュース (2021年7月5日). 2021年7月18日閲覧。
  98. ^ Largest GPS drawing - ギネス世界記録公式サイト
  99. ^ [4]
  100. ^ Sinfonie 3 Erstfassung 1873 Anton Bruckner Remy Ballot / Altomonte Orchester St. Florian”. www.gramola.at. 2021年5月26日閲覧。
  101. ^ “タモリ「Mステ」司会でギネス記録認定、35年間で印象的な出来事は「やはりt.A.T.u.でしょう(笑)」(コメントあり)”. 音楽ナタリー. (2021年10月14日). https://natalie.mu/music/news/449262 
  102. ^ “ロシアの司会者、みのさんを上回る TV出演ギネス記録”. 朝日新聞. (2019年10月26日). https://www.asahi.com/articles/ASMBV05FVMBTUHBI01Y.html 
  103. ^ 24時間で211万台のスマホを販売したXiaomiがギネスに登録される
  104. ^ “Man takes 26 years to solve Rubik’s Cube” (英語). metro.co.uk. (2009年1月11日). https://metro.co.uk/2009/01/11/man-takes-26-years-to-solve-rubiks-cube-3427141/ 
  105. ^ a b c d e 片貝まつり - 小千谷市ホームページ
  106. ^ a b c 四尺玉のご紹介”. 片貝花火のビデオ画像&写真集(公式ウェブサイト). 永遠会. 2012年1月24日閲覧。
  107. ^ 片貝花火に関する年表”. 片貝花火のビデオ画像&写真集(公式ウェブサイト). 片貝町. 2012年1月28日閲覧。
  108. ^ 小野里公成(写真家). “片貝まつり”. 日本の花火(個人ウェブサイト). 小野里公成. 2012年1月24日閲覧。
  109. ^ a b 埼玉県鴻巣市産業振興課 ホームページ
  110. ^ 松永猛裕【研究者】”. J-GLOBAL(科学技術総合リンクセンター)(公式ウェブサイト). 独立行政法人 科学技術振興機構. 2012年1月28日閲覧。
  111. ^ 直径1cmの打ち上げ花火 - サイエンス・スクエア つくば”. (公式ウェブサイト). 産業技術総合研究所. 2012年1月28日閲覧。
  112. ^ 世界最小 直径1cmの打上花火”. (公式ウェブサイト). 産業技術総合研究所 安全科学研究部門. 2012年1月28日閲覧。
  113. ^ 屋内用打ち揚げ花火”. j-platpat. 2012年1月28日閲覧。
  114. ^ 桂川直己 [5]: “屋内用打ち揚げ花火”. ekouhou.net (非公式ウェブサイト). 桂川国際特許事務所. 2012年1月28日閲覧。
  115. ^ 世界最小打ち上げ花火”. 知識の宝庫!目がテン!ライブラリー(ウェブサイト). 日本テレビ系列『所さんの目がテン!』 (2006年8月6日). 2012年1月28日閲覧。
  116. ^ a b 名古屋市パビリオン「大地の塔」”. (公式ウェブサイト). 愛・地球博(2005年日本国際博覧会). 2012年1月24日閲覧。
  117. ^ 長尾伴文 (2004年9月7日). “名古屋市パビリオン「大地の塔」”. 商業施設新聞(ウェブサイト). 産業タイムズ社. 2012年1月24日閲覧。
  118. ^ 愛知万博・大地の塔”. (ウェブサイト). TOA. 2012年1月24日閲覧。
  119. ^ a b c d The Legendary Carpet” (英語). official website. Sheikh Zayed Grand Mosque Center (2011年). 2011年8月1日閲覧。
  120. ^ a b Iran weaves world's largest carpet” (英語). Webindia123.com (2007年7月28日). 2011年8月1日閲覧。
  121. ^ a b Largest Chandelier” (英語). official website. Guinness World Records (2010年6月). 2011年8月1日閲覧。
  122. ^ Al Hitmi Office Building”. Emporis.com(ビルに関する世界的ウェブサイト). Emporis (2011年). 2011年8月1日閲覧。
  123. ^ “パールクイーンは誰に? - 「ミズノクラシック伊勢志摩」いよいよ明日から”. 伊勢志摩経済新聞. (2010年11月4日). http://iseshima.keizai.biz/headline/1007/ 2011年5月8日閲覧。 
  124. ^ 世界一長い真珠のネックレス (PDF)”. 志摩市観光協会. 2011年5月8日閲覧。
  125. ^ 従来は12本入りの箱型だったが、リニューアルに伴って36本入りの缶型に移行された。
  126. ^ 『ガラム(両切り)』が廃番になって以降は『ジャルム・スーパー・16』の46mgが世界最高タール値のタバコだったが、リニューアルに伴って40㎎に軽減されたため、『ガラム』シリーズの銘柄が世界一の座に返り咲いた形となった。
  127. ^ a b “世界最大、重さ198gの鶏卵産まれる 中国”. (ウェブサイト) (国際時事新聞). (2007年3月10日). http://www.kokusainews.com/article/35603021.html 2012年1月30日閲覧。 
  128. ^ “192gの巨大卵、衝撃的な中身とは?”. Yahoo!映像トピックス(ウェブサイト) (Yahoo! JAPAN). http://videotopics.yahoo.co.jp/videolist/official/others/p47c4a8b713925930fd98ad55fa10b5c4 2012年1月30日閲覧。 ■YouTube動画とのリンクあり。
  129. ^ 神戸市消防局予防課: “世界最強のお酒は火気厳禁! 注意書 アルコール度数が高いため、火気に注意”. (公式ウェブサイト). 神戸市 (2005年4月1日). 2012年1月30日閲覧。
  130. ^ 『アルマゲドン』は期間限定品だったため、現在は製造されていない。
  131. ^ Toops, Diane (2005年1月7日). “Top 10 power brands” (英語). (official website). フード・プロセッシング英語版. 2012年10月27日閲覧。
  132. ^ ギネス世界記録認定「世界一辛いトウガラシ」:2013年8月7日Hottest chili Guinness World Record
  133. ^ “観測史上最大の大質量星を発見”. ナショナルジオグラフィック. (2010年7月22日). https://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/news/14/2921/ 



「世界最大」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「世界最大」の関連用語

世界最大のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



世界最大のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの世界一の一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS