幸いです。とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 幸いです。の意味・解説 

幸いです


幸いです

読み方:さいわいです

「幸いです」とは・「幸いです」の意味

「幸いです」は「さいわいです」と読み相手依頼事する際押しつけがましい印象和らげる言い回しとして、「助かります」「ありがたいです」などと共にビジネスの場よく用いられる一種の緩衝表現である。

「幸い」とは「しあわせ」「好都合」を意味する名詞。「です」は断定の意味を表す助動詞で「だ」「である」の丁寧表現。「幸いです」は、つまり「嬉しく思う」「そうしてもらえる助かる」といった意味を相手に丁寧伝える言い回しとなる。「しあわせ」「好都合という意味を持つ「幸い」だが、緩衝表現として用いられる場合は、ものごと思い通りに進んで心が満ち足りた「しあわせ」の状態よりも、状況歓迎すべき方向展開する好都合」の状態のほうに比重をかけて用いられる

その意味では「助かります」「ありがたいです」も同様のニュアンスを持つ語彙として使用される表現である。ただし「助かります」は、労力負担少なくなって楽になるというこちら側都合先行しており、その状態を達成するために一役買わせるといった押しつけがましさが感じられる表現であることから、会社の上司取引先などに用いると失礼にあたる。同様にありがたいです」も、依頼者都合前面出て押しつけがましさが感じられる言い回し捉えられがちなので、使用するのは同僚部下など、立場が同じかそれよりも下の者に限るようにする。目上の者には「幸いです」を使う。さらに敬意を深める場合は、「幸い」をさらに丁寧な表現である「幸甚」に言い換えたり、自分低め相手立て謙譲語存じます」を用いて幸いに存じます」「幸甚に存じます」などとする。

ただし「幸甚」はメール手紙などの書き言葉にのみ用いて会話では使用しないという点に注意が必要である。また用語として格式ばった重厚な表現部類に入るため、それがたとえ目上の者に送る文書であっても、メール手紙の内容によっては硬すぎてふさわしくないケースもある。さらに文中に「幸甚」を乱発することは、慇懃無礼に通じることもあるので多用することのないようにする。

「幸いです」の熟語・言い回し

頂けると幸いですとは


「~頂く」は謙譲語一般形。「頂く」とは本来、何かを「もらう」という行為謙譲語であるが、動詞などに付けて自分の行為向かう先人物立てて述べたり先方に対して丁重に述べたりする謙譲表現にもなる。その際は恩恵を受けるという意味併せて表すという文法上決まりがあるので、意味としては「もしそのことをして頂ければ、たいへんにありがたく思います」というふうになる。「頂けると」のように仮定ニュアンス付け加えることで、「してほしい」といった直接的な表現避け、「してもらえれば」といった柔らかな言い回しすることができる。また「頂く」が補助動詞ではなく、「もらう」という動詞そのものである場合は、「頂戴できればとてもありがたいです」という意味になる。

幸いなのですがとは


幸いなのですが」と語尾言い切らず、曖昧なままにしておくことには相手意向都合気にして遠慮をしているニュアンス伝え表現として受け取られるケースが多い。「幸いです」が相手に対してできればそうしてほしいという意味合い伝わ一方で、「幸いなのですが」はそれよりも相手裁量尊重した、より控えめな表現であるといえる。たとえば「ご連絡頂くと幸いです」が「もし連絡を頂ければうれしいし、できれば連絡がほしい」というニュアンスなのに対して、「ご連絡頂くと幸いなのですが」は、「もし連絡を頂ければそれはうれしいのですが、ご都合もあるでしょうし、無理にとは…」といったようなニュアンスで伝わるといった違いがある

幸いと思うとは


「幸いと思う」とは、「そうしてくれたら自分にとって都合がいいと思う」といった意味で、友達同僚自分より目下の者後輩などに向けて使うフランク表現として用いる。敬語が全く含まれていない表現なので目上の人には用いない。さらに「幸いと思う」には文法的な誤り見られる。「~と思う」の「と」は引用格助詞といわれるもので、基本的に活用終止形につくか、または「名詞+だ」の形の後につく。「幸いと思う」の場合、「と」が接続する「幸い」は名詞であるので、「名詞+だ」の形が適用され正しくは幸いだと思う」としなくてはならない。これは一般的に「だ抜き言葉といわれる文法上誤り注意を要するものである

何より幸いですとは


何より幸いです」とは、「これ以上ないほどのありがたさです」という意味になり、「幸い」の程度が最上級クラス感じられるということを表す表現となる。文意としては「なにもの及ばない最上級の幸い」を伝えようとするものであるが、文法的に正しい使い方とはいえない。「何より」は「程度抜きんでており、それよりほかにはないこと」という意味連語として副詞的に用いられる場合がある。また「最上で最良であること」などの意味表して名詞的使用されるケースもある。一方、「幸いです」の「幸い」は名詞あるため、「何より」が副詞的に修飾することはないしたがって、「何より」は名詞的用いられる必要があるが、名詞修飾語働き持たせるためには、格助詞の「の」をつけて連体修飾語しなくてはならないそのため、何より幸いです」は「何よりの幸いです」あるいは「何よりの幸せです」などと改める必要があり、このままでは文法上誤った表現となる。

「幸いです」の使い方・例文

「幸いです」の使い方としては、次のようなものがある。「出欠に関して明日までに返信して頂ければ幸いです」「忌憚のない多くのご意見頂けると幸いです」「その件に関して事前にご連絡頂けると幸いです」「お手すき際にでも確認頂けると幸いです」「請求書お送り頂く際にでも同封して頂ければ幸いです」「出張いらっしゃった際にでもお立ち寄り頂けると幸いです」「お気遣いなくご笑納くだされば幸いです」「こんなものでもお口に合えば幸いです」「お気に召して頂きますと幸いです」「時間ある時相談乗ってもらえれば幸いです」など。

また、「幸いです」をより丁寧な言い方表現する場合は「明日プレゼン資料お送りいたしました事前にお目通し頂きます幸いに存じます」「この度プロジェクトに関する稟議書提出させて頂きましたご検討たまわりますと幸甚に存じます」「セミナー終了後出席者親睦目的とした小宴ご用意させて頂きましたお忙しいとは存じますが懇親会の席にもご出席頂けると幸い存じます」「先日の講演会動画弊社のホームページアップさせて頂きましたお時間がある際にご高覧たまわれば幸いに存じます」などとする。

次は「幸いです」が正しく用いられていないケースとなる。たとえば「今月末補助金申請最終締め切り日となっております遅くとも前日までには申請書お送り頂ければ幸いです」などである。「幸いです」といってしまえば相手裁量任せ余地生まれるが、これは、月末締め切り日を過ぎるともはや申請受け付けられないという重大事案である。このように依頼内容が必ず実行してもらわなくてはならない必須事項である場合は「幸いです」は用いない。ここは「遅くとも前日までには申請書お送り頂きますようお願い申し上げます」あるいは「遅くとも前日までには申請書送って頂きたく存じます」などとするべきである。

「幸いです。」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「幸いです。」の関連用語

幸いです。のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



幸いです。のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS