ご教示とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > ご教示の意味・解説 

ご教示

読み方:ごきょうじ

ご教示【ごきょうじ御教示

教え示す」という意味の「教示」に、丁寧表現の「御」(ご)を付け言い方。(相手に)教わる・教えてもらう、指導手ほどきを受ける、という意味合い表現する場面で用いられる。どちらかといえば知識伝達」という意味合いの色濃い表現といえる

主な表現例としては、「ご教示いただく」「ご教示賜る」「ご教示ください」「ご教示の程お願い致します」といった言い回しが挙げられる。いずれの表現も「教えてください」という趣旨恭しく述べた言い方である。「(ご)教示」は、教わる側もしくは第三者が、教える者(の教えるという行動)を敬って述べる表現であり、教え立場の者が自らの行為指して「ご教示(する)」と述べる場面基本的にない。

教示(する)」の同義語として「示教(する)」という表現もある。ただし「示教」は昨今日常会話において見聞きする機会はほぼないと言ってよい。他方「(ご)教示」は今日ビジネスシーン等でもよく用いられている。

教示」と似た意味合い表現として「教授」が挙げられる。「教授」も「ご教授いただく」「ご教授ください」といった表現で用いられる場合少なくない。「ご教示ください」と「ご教授ください」の区別が特に意識されずに用いられているように見受けられる例も多々ある

教示」は字面上「教え示す」という意味を示し、「教授」は同じく教え授ける」という意味を示す。三省堂大辞林第三版では、「教授」の意味を「学問技芸伝え教えること」と定義している。この点を鑑みると、「情報を渡す」という意味合いの「教える」には「教示」がふさわしく、「技能伝授する」という意味合いの「教える」には「教授」がふさわしい、といった区別成り立つ。

たとえば、「参加申し込み方法について~」「もしご存知でしたら私に~」という内容であれば「ご教示ください」が合う。「産業革命もたらした功罪について~」「漆塗り技法について~」という内容であれば、これは一言二言伝達できる内容でもなく「ご教授ください」の方が合うといえる

ご教示

読み方:ごきょうじ

名詞教示」に、接頭辞「ご」がついたもの。
丁寧表現の辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ご教示」の関連用語

ご教示のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ご教示のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.

©2021 Weblio RSS