URLとは? わかりやすく解説

URL

別表記:ユーアールエル

 

「URL」とは・「URL」の意味

URLとは、インターネット上にあるさまざまなデータ位置情報表しているもので、「Uniform Resource Locatorユニフォーム リソース ロケータ)」のそれぞれの単語頭文字をとって付けられた略称である。

スマホパソコンブラウザWEBページアクセスすると、表示され画面アドレスバーに「http://〜」や「https://〜」のような英数字記号羅列表示されている。(ブラウザによっては、「http://www」の部分省略された形で表示されている場合もある。)これがURLであり、そのページインターネット上のどこにあるのかを示している。URLはよく「インターネット上住所」と表現されることがある他にも、「インターネット上住所」と表現されるものとして「IPアドレス」が挙げられるIPアドレスは、機械認識するための数字羅列であるのに対して、そのIPアドレスを英語や日本語変換して人間にも分かりやすく記述したものがURLである。さらに、「インターネット上住所」と表現されるものに「ドメイン」がある。 URLとドメイン似ているが、 ドメインはURLを構成する一部要素であるのに対して、 URLは「http://」以下の全部要素を指す言葉である。

【URLの仕組み
URLの概念仕組み理解することは、WEB開発WEB制作基礎である。このセクションでは、「https://www.111.co.jp/222/333.html」という仮想の URLを元に、 その仕組み解説する
(1)https://
https://」の部分スキームと言い、 URLの先頭部分に書かれているスキーム内のhttps」の部分プロトコルと言いコンピュータ間でデータどのような方法送受信するかを規定している通信規約である。「httpの場合は、「HyperText Transfer Protocol Secure(ハイパーテキスト・トランスファー・プロトコル・セキュア)」という通信規約使用していることを定義している。ブラウザ用いられるプロトコルには「https」と似たものとして「http」があり、「https」が暗号化された通信であるのに対して、「http」は暗号化されていない通信であるという違いがある

(2)www
www」の部分ホスト名表しており、ネットワーク上のコンピュータ使用されているサーバ表している。「www」は、「World Wide Webワールド・ワイド・ウェブ)」の各語頭文字取って付けられた略称であり、単に「WebWEB)」と呼ばれることもある。wwwでは、インターネットユーザインターネットを介してサーバデータの提供を要求しWEBサーバ側が要求されデータ返すことでインターネットユーザデータ表示させる仕組みになっている

(3)111.co.jp
「111.co.jp」の部分は、ドメイン意味しているドメインは「111」と「co」と「jp」の部分分けて考えることができ、「111」がサードレベルドメイン、「co」がセカンドレベルドメイン、「jp」がトップレベルドメインとなっている。なお、「111.com」の場合は、「111」をセカンドレベルドメイン、「com」をトップレベルドメインと呼ぶ

トップレベルドメインインターネット上住所を表す文字列の一部であり、「jp」なら日本、「us」ならアメリカなどの国や地域表していたり、「edu」なら教育、「com」なら商用などの使用される用途分野表していたりする。セカンドレベルドメイン今回の例では「co」)は、トップレベルドメイン前に置かれたドット「.」で区切られ部分呼称で、トップレベルドメイン下位位置しているドメインのため、トップレベルドメインによって変わる。例えば、「co」は企業、「ne」はネットワーク、「go」は政府機関表している。サードレベルドメインは、その URL固有のドメインになっていて、他と重複して使用することができなくなっている。サードレベルドメインには、企業なら企業名企業名の略称、店舗なら店舗名店舗名の略称など、個人サイトならそのサイトタイトルなどを使用することが多くWEBページ属性表している。

(4)222
222」の部分は、ディレクトリ表している。ディレクトリとは、ファイル保管しておく場所のことで、階層構造を持っていることが多い。通常WEBページ作成する時は、複数ページ組み合わせているため、このディレクトリあることファイル分類整理がしやすくなっている。イメージ的には「フォルダ」と同じような役割をしているが、フォルダディレクトリは違うものである

(5)333.html
333」の部分は、ファイル名表している。この URLの場合は222ディレクトリ中に333.htmlというファイル存在していることを意味している。「.html」は拡張子一種であり、拡張子とは、そのファイル形式を表す文字列である。例えば「.html」ならハイパーテキスト・マークアップ・ランゲージ書かれファイル、「.txt」ならテキスト形式ファイル、「.doc」ならWindowsWord書かれファイル、「.pdf」ならAdobepdfファイル、「.jpg」ならジェイペグ画像ファイル、「.png」ならピング画像ファイルであることを意味している。なお、WEBページトップページには、「index.html」というファイル名付けられることが多い。

つまり、「https://www.111.co.jp/222/333.html」の URLを日本語言い換えると、「wwwというホスト使っている日本の商用利用されている111というWEBページの、222ディレクトリ中にある333.htmlというファイルを、ハイパーテキスト使って暗号化された通信規約表示するという意味合いになる。


分かりやすいURLの作り方
URLにおいて、ドメインディレクトリファイル名部分は、WEBページ制作者任意で付けることになる部分である。WEB制作初心者は、ファイル名日本語用いたりディレクトリ階層深くしたり、ファイル名だけではファイル中身連想できないような単語付けてしまったりすることがあるが、それは望ましくない

(1)日本語使わない
日本語使ってファイル作成できるが、日本語は URLで使用できないことになっている言語である。そのため、 URLで表示する際に日本語使われている場合は、記号英数字置き換えられて(これを「 URLエンコード)という)「%E3%80%A4%82」(これを「パーセントエンコーディング」という)などのように記述される。これだと、URLが長くなってしまうし、ファイル中身分からないので望ましくないファイル名は、WEBページ関連した簡潔な英単語使って表すのが良い簡潔明瞭表現することで、ユーザにとっても分かりやすい URLを作成することができる。なお、長い URLを「短縮 URL」と呼ばれる短い URLに変換するサービス普及している。

(2)ディレクトリ階層
ディレクトリ階層あまりにも深くしてしまうと、検索エンジンWEBページ情報取得するのに時間がかかってしまう。なぜなら、情報自動取得するプログラム(「クローラー」)は、ディレクトリの浅いところから情報収集するという特性を持っているからである階層浅くすることで検索エンジンにも理解しやすく、人間見た目にも理解しやすいディレクトリ作成するように心がけるべきである。

(3) URLの作り方
URLを作るには、ドメイン取得する必要があるドメイン作成は、「ホームページ作成サービス」や「ドメイン登録サービス」といったサービス利用することで可能であるサービス料金使い方は、各サービス会社や団によって異なるため、自分使いやすいサービスを選ぶようにすると良い

「URL」の熟語・言い回し

URLは、英熟語の略称であるため、 URLを使った熟語言い回しはない。

URL入力とは


「URL入力」とは、「URLを入力するという意味である。

自分のURLとは


自分のURL」とは、自分のWEBページSNS割り当てられているURLのことである。SNS利用する場合自分のアカウントのURLを共有することで、ネットワーク広げていくことが可能である

twitterURLとは


「twitterURL」とは「TwitterのURL」という意味である。Twitterの場合、「https://twitter.com/」というURLの後ろにユーザーネーム記述されている。

URLにアクセスとは


「URLにアクセス」とは、「URLにアクセスするという意味である。

URL

フルスペル:Uniform Resource Locator
読み方ユーアールエル

URLとは、インターネット上存在する文書画像などの情報資源リソースの場所を特定、あるいは識別するための記述方式のことである。いわばインターネットにおける住所であるといえる

URLは、主にプロトコルサーバー、およびサーバー内のファイル所在ディレクトリファイル)についての記述構成される形式としては「プロトコル名://ホスト名/ファイル名/」となる。

今やあまねく普及した感のあるURLの呼び名は、実のことろ公式な名称ではない。URLとは別にある程度永続性念頭に置かれたURNUniform Resource Name)という識別子がある(図書一般ISBN代表的なURNである)が、このURLとURNとを含む上位概念としてのURI」が正式名称である。最近では、URLも徐々にURI呼び名移行されつつある。


Url クラス

ポリシーを評価するための証拠としてコード アセンブリ発生元の URL を提供します。このクラス継承できません

名前空間: System.Security.Policy
アセンブリ: mscorlib (mscorlib.dll 内)
構文構文

解説解説
継承階層継承階層
System.Object
  System.Security.Policy.Url
スレッド セーフスレッド セーフ
この型の public static (Visual Basic では Shared) メンバはすべて、スレッド セーフです。インスタンス メンバの場合はスレッド セーフであるとは限りません。
プラットフォームプラットフォーム
バージョン情報バージョン情報
参照参照

Url コンストラクタ


Url プロパティ


Url メソッド


Url メンバ


Uniform Resource Locator

(URL から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/04 12:44 UTC 版)

Uniform Resource Locator(ユニフォーム リソース ロケータ、URL)または、統一資源位置指定子(とういつしげんいちしていし)とは、インターネット上のリソース(資源)を特定するための形式的な記号の並び。WWWをはじめとするインターネットアプリケーションにおいて提供されるリソースを、主にその所在を表記することで特定する。なお、ここでいう、「リソース」とは、(主にインターネット上の)データやサービスを指し、例えばウェブページの保存場所や電子メールの宛先といったものがそうである。


  1. ^ 高田敏弘、World-Wide Web 第2版、1994年1月21日
  2. ^ RFC 1630
  3. ^ Lohr, Steve (12 October 2009). "The Web's Inventor Regrets One Small Thing". The New York Times (英語). 2021年1月5日閲覧
  4. ^ Uniform Resource Identifier (URI) Schemes, IANA
  5. ^ インターネットドラフト: The 'javascript' resource identifier scheme draft-hoehrmann-javascript-scheme-03
  6. ^ "any optionally followed by U+003F (?) and a URL-query string." URL Living Standard ver.2021-03-23
  7. ^ Steinberg, Daniel (2016年6月3日). “私のURLはあなたのURLとは違う : curl作者の語る、URLの仕様にまつわる苦言”. POSTD. 2017年5月24日閲覧。
  8. ^ 日本Djangoユーザ会. “はじめてのDjangoアプリ作成 その3”. Djangoドキュメント. 2019年8月24日閲覧。
  9. ^ Tim BL. “Hypertext Style: Cool URIs don't change.” (英語). W3C. 2017年2月19日閲覧。
  10. ^ Tim BL. “クールなURIは変わらない -- Style Guide for Online Hypertext”. 2017年2月19日閲覧。
  11. ^ 藤田節子「失われていくインターネット上の参照文献 図書館情報学分野の雑誌論文に参照されたインターネット文献の入手可能性の分析調査」『情報管理』第53巻第9号、国立研究開発法人 科学技術振興機構、2010年12月1日、 492-503頁、 doi:10.1241/johokanri.53.4922019年8月24日閲覧。


「Uniform Resource Locator」の続きの解説一覧

ブックマーク

(URL から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/25 21:21 UTC 版)

ブックマークBookmark)とは英語しおりのことを意味する。そこから転じてウェブブラウザに任意のウェブサイトURLを登録する機能の事を指す。




「ブックマーク」の続きの解説一覧

URL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/11 14:18 UTC 版)

ウィキペディアモバイル (ウェブサイト)」の記事における「URL」の解説

ウィキペディアモバイルのURLは、全言語ウィキペディア共通して本家ウィキペディアページのURLの言語コード2文字後ろに.mを追加したhttps://[lang].m.wikipedia.org/である。 例え日本語版ウィキペディアホームページは以下となる。 https://ja.wikipedia.org/wiki/メインページ - デスクトップサイトURL https://ja.m.wikipedia.org/wiki/メインページ - モバイルサイトURL

※この「URL」の解説は、「ウィキペディアモバイル (ウェブサイト)」の解説の一部です。
「URL」を含む「ウィキペディアモバイル (ウェブサイト)」の記事については、「ウィキペディアモバイル (ウェブサイト)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「URL」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「URL」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「URL」に関係したコラム

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「URL」の関連用語

URLのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



URLのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2023 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2023by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
広告転職.com広告転職.com
Copyright(C) 2023 Total Brain co., ltd. All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2023 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリURLの記事を利用しております。
拡張子辞典拡張子辞典
Copyright © 2005-2023 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ.urlの記事を利用しております。
日本マイクロソフト株式会社日本マイクロソフト株式会社
© 2023 Microsoft.All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのUniform Resource Locator (改訂履歴)、ブックマーク (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのウィキペディアモバイル (ウェブサイト) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS