アドレスとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 建設 > 家屋 > 住所 > アドレスの意味・解説 

アドレス【address】

郵便物宛名住所所番地アド

ゴルフで、クラブフェースボールにそわせて打つ構えに入ること。

コンピューターで、記憶装置内などに割り当てる識別番号番地インターネットで、メールアドレス、またはURLを意味する語として使われることもある。

仮想通貨取引に使われる識別子銀行口座番号相当する


アドレス

【英】address

あるコンピュータやオンライン・サイトの独特の識別単位一般には、インターネット上のウェブサイトURLEメールアドレスの「@(アットマーク)」がついたものがそうである。文字通りコンピュータが、情報網のなかで所在地見つけるための住所のこと。

アドレス [address]

テープ上に書き込まれた時間データ。または、その任意のポイント

アドレス

アドレスとは、(1)ネットワーク上の存在場所や接続ポートを表す識別子のこと、あるいは(2)電子メールアドレスのこと、あるいは(3)磁気ディスクメモリ入出力ポートなどに割り当てられる、データ位置を示す番号のことである。

(1)
【英】address

ネットワーク上の存在場所や接続ポートを表す識別子のこと。複数LAN接続しているインターネットどのように特定のLANを示す場合などに使用される。

(2)
【英】address

電子メールアドレスのこと。「info@sophia-it.com」のように特定の電子メール識別するいわば所在地として利用される。

(3)
【英】address

磁気ディスクメモリ入出力ポートなどに割り当てるデータ位置を示す番号のこと。「番地」とも呼ばれ、0からはじまる16進数表される磁器ディスクにおけるアドレスは、記憶容量1024バイトごとのブロック区切って表すが、この方式をセクタアドレスと呼ぶ。メモリにおけるアドレスは、先頭からの位置を表す絶対アドレスと、現在ポインタがある番地からの相対的な位置を表す相対アドレスの2種類がある。またコンピュータには、バイト単位でアドレスを表すバイトコンピュータと、1語単位でアドレスを表すワードコンピュータとの2種類がある。

なお、CPUはアドレスを指定することで特定のメモリー入出力ポートからデータ読み出したり書き込んだりしている。


カルバゾクロム

分子式C10H13N5O2
その他の名称:アパラ、アドカル、アドレス、アドゾン、アデドロン、アドクノン、アドスチル、アドルゾン、アドバゾン、クロモシル、アナロキシル、アドレノキシル、カルバゾクロム、メタルカルバゾクロム、2-[(1,2,3,6-Tetrahydro-3-hydroxy-1-methyl-6-oxo-5H-indole)-5-ylidene]hydrazinecarbimide amide、1,2,3,5-Tetrahydro-5-(2-amidinohydrazono)-3-hydroxy-1-methyl-6H-indole-6-one、Anaroxyl、Cromosil、Adrenoxyl、Carbazochrome、2,3-Dihydro-3-hydroxy-1-methyl-5-(2-amidinohydrazono)-1H-indole-6(5H)-one、Adcar、Adchnon、NSC-73742
体系名:1,2,3,5-テトラヒドロ-5-(2-アミジノヒドラゾノ)-3-ヒドロキシ-1-メチル-6H-インドール-6-オン、2-[(1,2,3,6-テトラヒドロ-3-ヒドロキシ-1-メチル-6-オキソ-5H-インドール)-5-イリデン]ヒドラジンカルボイミドアミド、2,3-ジヒドロ-3-ヒドロキシ-1-メチル-5-(2-アミジノヒドラゾノ)-1H-インドール-6(5H)-オン


アドレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/10 17:41 UTC 版)

アドレス(address)は、あるものの所在を示す情報である。




「アドレス」の続きの解説一覧

「アドレス」の例文・使い方・用例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



アドレスと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「アドレス」に関係したコラム

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

アドレスのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アドレスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2022by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
社団法人日本映像ソフト協会社団法人日本映像ソフト協会
Copyright © 2000-2022 Japan Video Software Association
音楽電子事業協会音楽電子事業協会
Copyright 2022 AMEI.OR.JP
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリアドレスの記事を利用しております。
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアドレス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS