磁器とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 工芸 > 磁器 > 磁器の意味・解説 

じ‐き【磁器】

読み方:じき

素地(きじ)のガラス質磁化して半透明となり、吸水性のない硬質焼き物陶器より高火度焼かれ、たたくと金的な音がする中国創製され、日本では江戸初期有田焼始まる。→陶磁器


磁器

生地陶器より高温焼いており、硬さ透明感特徴

磁器 (じき)


磁器

読み方ジキ

陶器より高温焼成完全に熔化し、生地着色前なら白色、またはそれに準ずる色で、よく焼締まり硬度堅くガラス質化し施釉前でも生地緻密で吸水性があり、僅かな透光性があり、軽く叩けば澄んだ清音発する食卓用器美術装飾品は「chinaチャイナ)」というのが普通。磁器は大きく分けて次の二種類がある。(1)硬磁SK13-16(1380-1460度)で焼成(2)軟磁器SK8-12(1250-1350度)で焼成

磁器

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/08 03:02 UTC 版)

磁器(じき、: Porcelain、ポーセリン)とは、高温焼成されて吸水性がなく、叩いた時に金属音を発する陶磁器の一種[1]




「磁器」の続きの解説一覧

磁器

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 09:38 UTC 版)

李氏朝鮮」の記事における「磁器」の解説

陶磁器では、前代高麗青磁比して華麗さでは見劣りする優美さをもつ李朝白磁呼ばれる磁器が知られるが、それに至る過渡期のものとして14世紀後半誕生した粉青沙器がある。李朝時代白磁尊ばれたのは朱子学で白が高貴な気高いとされているめであるが、その白を求め過程粉引粉吹)が生み出された。粉引とは、赤土成形され素地化粧土という泥を塗って白化粧施しその上に透明の釉薬をかけ焼成する陶磁器である。李朝粉引日本では三島として知られる。この粉青沙器16世紀末に廃れその後李朝磁器の主流15世紀前半から生産軌道に乗り始めた白磁へと移った白磁17世紀後半から18世紀にかけて青花全盛期迎える。 他に絵画同様、鉄絵の具で力強文様描かれ民窯鉄砂焼き物や、釜山倭館窯で日本からの注文焼かれ高麗茶碗がある。李朝陶磁器コバルト顔料辰砂釉、鉄絵の具での彩色とどまり、明や日本のような錦手金襴手英語版)と呼ばれる豪奢な色絵磁器生み出されることはなかった。これは、儒教道徳名目とした職人階級に対する非常に厳し差別があったためだが、白磁職人の手を通じ堅実な発展をみせ、日本の陶磁器にも大きな影響与えた

※この「磁器」の解説は、「李氏朝鮮」の解説の一部です。
「磁器」を含む「李氏朝鮮」の記事については、「李氏朝鮮」の概要を参照ください。


磁器

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/07 06:32 UTC 版)

陶磁器」の記事における「磁器」の解説

詳細は「磁器」を参照 磁器は半透光性で、吸水性殆どないまた、陶磁器の中では最も硬く軽く弾くと金属音がする。粘土質物や石英長石陶土原料として1300°C程度焼成するが、焼成温度原料によって軟質磁器硬質磁器分けられる

※この「磁器」の解説は、「陶磁器」の解説の一部です。
「磁器」を含む「陶磁器」の記事については、「陶磁器」の概要を参照ください。


磁器

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/25 10:16 UTC 版)

「がいし」の記事における「磁器」の解説

絶縁性能、強度とも優れており最も広く使われている。石英ムライト主成分とする長石質磁器が最も一般的である。日本製のものはクリストバライト多く含み高い強度有する。特に高い強度求められる用途にはコランダムを含むものが用いられる表面を覆う釉薬長石ガラスである。

※この「磁器」の解説は、「がいし」の解説の一部です。
「磁器」を含む「がいし」の記事については、「がいし」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「磁器」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

磁器

出典:『Wiktionary』 (2021/08/07 00:23 UTC 版)

名詞

 (じき)

  1. 半透明白色ガラス質硬い焼き物

発音(?)

じ↘き

関連語

翻訳


「磁器」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



磁器と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

磁器のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



磁器のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
大光電機大光電機
Copylight 2022.DAIKO ELECTRIC CO.,LTD.All rights reserved.
防府市教育委員会防府市教育委員会
Copyright 2022,Hofu Virtual Site Museum,Japan
伝統的工芸品産業振興協会伝統的工芸品産業振興協会
Copyright (C) 2022 (財)伝統的工芸品産業振興協会 All rights reserved.
陶芸三昧陶芸三昧
Copyright 2022 TOUGEIZANMAI All rights reserved.
陶芸三昧陶芸用語辞典
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの磁器 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの李氏朝鮮 (改訂履歴)、陶磁器 (改訂履歴)、がいし (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの磁器 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS