器とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 道具 > 器具 > の意味・解説 

うつわ〔うつは〕【器】

読み方:うつわ

物を入れるもの。入れ物容器。「―に盛る」

人物能力など大きさ器量。「人の上に立つ―ではない」

道具器械。〈和英語林集成


き【器】

読み方:き

[音](呉)(漢) [訓]うつわ

学習漢字4年

入れ物また、一定の形に作られた道具。「楽器機器凶器銀器磁器漆器什器(じゅうき)・食器土器陶器鈍器武器名器容器利器

生物体で、特定の働きと形を持つもの。「器官性器臓器

人間働き才能。「器用・器量/才器大器凡器

名のり]かた

難読土器(かわらけ)


作者森山由利

収載図書生前予約
出版社早稲田出版
刊行年月2007.6


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/12 02:20 UTC 版)

(うつわ、き)




「器」の続きの解説一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/11 01:49 UTC 版)

デス・バスターズ」の記事における「器」の解説

原作および『Crystal』では身体肉体のこと。魂の入れ物。魂を抜き取った器に異生物の卵を植えつけることを器化(うつわか)という。融合には時間がかかり、失敗するダイモーンとなってしまう。なお、ファラオ90の器は地球である。

※この「器」の解説は、「デス・バスターズ」の解説の一部です。
「器」を含む「デス・バスターズ」の記事については、「デス・バスターズ」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/16 08:05 UTC 版)

かき氷」の記事における「器」の解説

和風 涼しさ演出する透明なガラス切子(きりこ)の広口の器を用いることが多い。氷が溶けくいように、肉厚陶器の丼が用いられることもある。明治時代には水呑コップ脚付きコップなどの汎用のコップ使われていたが、明治終わり頃から氷コップ呼ばれる専用ガラス器も使われるようになり、この器は大正時代から昭和戦前頃まであぶり出し技法などを駆使した独特の発達遂げた洋風 器を手で持ったときに手の体温で氷が溶けくいように細い脚が付いたガラス器を用いることが多い。 発泡スチロール 露店での販売では発泡スチロールの器がよく使われるガラスコップ スムージーに近い、シロップ果汁の多い物もガラスコップグラス)に盛られる場合がある紙カップ・プラスチックカップ 露店での販売では紙製あるいはプラスチック製かき氷カップ用いられる場合が多い。また、露店での販売の場合にはかき氷専用のスプーンストローが添えられることが多い。また、工場製造され、プラスチックカップに入ったままでスーパーマーケットコンビニエンスストア販売される例もある。 袋 九州地方では、スーパーコンビニ売られるかき氷として、カップではなく袋詰めしたもの普及している。

※この「器」の解説は、「かき氷」の解説の一部です。
「器」を含む「かき氷」の記事については、「かき氷」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「器」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「器」の例文・使い方・用例・文例




器と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「器」の関連用語

器のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



器のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの器 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのデス・バスターズ (改訂履歴)、かき氷 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS