着陸とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 産業 > 製造業 > 着陸 > 着陸の意味・解説 

ちゃく‐りく【着陸】

読み方:ちゃくりく

[名](スル)飛行機降下し地上降りること。「定刻に—する」「離—」⇔離陸


【着陸】(ちゃくりく)

Landing.
飛行中飛行機滑走路へ向けて所定の高度を守りながら進入し地表面接地し完全に停止するまでの、一連の操作機体運動総称したもの。

関連:魔の11分間


着陸

作者大畑

収載図書夢一つ
出版社沖積舎
刊行年月1990.12


着陸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/14 01:02 UTC 版)

着陸(ちゃくりく)とは、空中物体が降下して、地表面に接触した状態に移行し、静止あるいは減速することをいう[要出典]。着陸という言葉は航空機に対して用いられることが多い。この項目では航空機の着陸について述べる。宇宙機の着陸についてはランダーを参照。




「着陸」の続きの解説一覧

着陸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/26 04:11 UTC 版)

V-22 (航空機)」の記事における「着陸」の解説

着陸地点十分に広ければ転換モード減速してから着陸することで自らが作る下降気流(ボルテックスリング)によって失速を招く危険を避けられる

※この「着陸」の解説は、「V-22 (航空機)」の解説の一部です。
「着陸」を含む「V-22 (航空機)」の記事については、「V-22 (航空機)」の概要を参照ください。


着陸(嫦娥3号、嫦娥4号)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/15 01:11 UTC 版)

嫦娥計画」の記事における「着陸(嫦娥3号嫦娥4号)」の解説

月面への着陸、月面探査車ローバー)による探査を行う。

※この「着陸(嫦娥3号、嫦娥4号)」の解説は、「嫦娥計画」の解説の一部です。
「着陸(嫦娥3号、嫦娥4号)」を含む「嫦娥計画」の記事については、「嫦娥計画」の概要を参照ください。


着陸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/16 02:53 UTC 版)

アロハ航空243便事故」の記事における「着陸」の解説

13時5845秒、AQ243便はカフルイ空港滑走路02着陸した前脚主脚正しく下りてロックされていた。機長によると、着地と着陸滑走正常に行われた動いていた右エンジン逆推力装置ブレーキにより機体滑走路上に停止した火災発生しなかった。 ただちに緊急脱出が行われ、待機していた空港レスキュー隊重傷者救助あたった。ただし、事故機から要請されていたにも拘らず、着陸の時点では救急車到着していなかった。この点は、空港側の対応不十分だった後に事故調査報告書で指摘されている。 搭乗者95名のうち客室乗務員1名と乗客7名が重傷乗客57名が軽傷だった。空中吸い出された客室乗務員1名は、海上捜索発見され死亡判定された。

※この「着陸」の解説は、「アロハ航空243便事故」の解説の一部です。
「着陸」を含む「アロハ航空243便事故」の記事については、「アロハ航空243便事故」の概要を参照ください。


着陸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/27 04:07 UTC 版)

STS-51-F」の記事における「着陸」の解説

チャレンジャーは、1985年8月6日12時45分26秒(PDT)にエドワーズ空軍基地着陸した。着陸距離は、2612mであった。このミッションは、予定軌道入れなかったため、17周延長された。オービタは、8月11日ケネディ宇宙センター戻った

※この「着陸」の解説は、「STS-51-F」の解説の一部です。
「着陸」を含む「STS-51-F」の記事については、「STS-51-F」の概要を参照ください。


着陸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/04 23:09 UTC 版)

STS-128」の記事における「着陸」の解説

ディスカバリーアメリカ東部夏時間9月11日20時53分(日本時間9月12日9時53分)、カリフォルニア州エドワーズ空軍基地に無事着陸したケネディ宇宙センター天候悪く、また翌日回復する見込みがなかったため、ディスカバリーエドワーズ空軍基地へ着陸させた)。 なお着陸前日日本時間9月11日2時1分に、宇宙航空研究開発機構JAXA)により鹿児島県種子島宇宙センターから宇宙ステーション補給機HTV技術実証機(初号機)が打ち上げられており、約1日ではあるが、ISS軌道上を、ISSスペースシャトルHTV同時飛行している(ただしドッキングまたはランデブーしていない)状態となった。

※この「着陸」の解説は、「STS-128」の解説の一部です。
「着陸」を含む「STS-128」の記事については、「STS-128」の概要を参照ください。


着陸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/10 07:53 UTC 版)

STS-38」の記事における「着陸」の解説

着陸予定地点であったエドワーズ空軍基地の強い横風のため、ミッション1日延期された。不利な条件継続し着陸地点ケネディ宇宙センター変更する決定がなされ、1990年11月20日16:42:42(EST)にケネディ宇宙センターの第33滑走路着陸したロールアウト距離は2,753 mで、ロールアウト時間57秒間であったケネディ宇宙センターへのアトランティスの着陸は初めてであり、また1985年4月STS-51-D以来スペースシャトルの着陸自体久しぶりのことであった。着陸時の重量は、86,677 kgであった

※この「着陸」の解説は、「STS-38」の解説の一部です。
「着陸」を含む「STS-38」の記事については、「STS-38」の概要を参照ください。


着陸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/11 02:09 UTC 版)

STS-70」の記事における「着陸」の解説

1995年7月21日の7:54 am(EDT)と9:31 am(EDT)のケネディ宇宙センターへの着陸機会はNASAシャトル着陸施設上空のために延期された。フライトディレクターのリック・ジャクソンは、司会悪さに2回連続着陸機会を阻まれた後、5人の乗組員に、さらに1日宇宙に留まるように指示した宇宙飛行士スティーヴ・オズワルドが気象偵察機で着陸路を観察し見晴らしの良い地点から3マイル長の滑走路見えなかったと報告した後、乗組員は、翌日7:10 a.m.(CDT)の着陸になると伝えられた。STS-70は、1995年7月22日8:02 a.m.(EDT)にケネディ宇宙センター33滑走路着陸した。6:26 a.m.(EDT)の着陸機会は天候未だ若干回復していなかったため、延期された。

※この「着陸」の解説は、「STS-70」の解説の一部です。
「着陸」を含む「STS-70」の記事については、「STS-70」の概要を参照ください。


着陸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/25 07:31 UTC 版)

ベネラ14号」の記事における「着陸」の解説

打上げ後、4ヶ月飛行経てランダーバスから分離し1982年3月5日金星の大気入った大気圏突入後、高度約50kmパラシュート展開し単純な空力ブレーキシステム減速して地上降りたベネラ14号は、ベネラ13号着陸地点から南西に約950km離れたフェーベ地域呼ばれる玄武岩平原東側近く南緯13.25°東経310°の地点着陸したランダーカメラ地表写真撮影しバネのついた腕で土壌圧縮率測定開始した水晶製のカメラの窓はレンズキャップで覆われており、着陸後外されたが、ランダーすぐそばにおち、結局レンズキャップの圧縮率測定することとなってしまった。 土壌サンプル組成は、X線蛍光分光計によって測定され、ソレアイト質玄武岩に似ていることが示されたランダー寿命32分間という計画であったが、気温465気圧9.5MPa(地球94倍)という環境57分間稼働したその間軌道上バス使って伝送維持された。

※この「着陸」の解説は、「ベネラ14号」の解説の一部です。
「着陸」を含む「ベネラ14号」の記事については、「ベネラ14号」の概要を参照ください。


着陸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/11 02:27 UTC 版)

STS-37」の記事における「着陸」の解説

1991年4月11日06:55:29(PDT)、カリフォルニア州エドワーズ空軍基地の第33滑走路着陸したロールアウト距離は6364フィートロールアウト時間56秒間だった。着陸は元々4月10日予定されていたが、エドワーズ空軍基地及びケネディ宇宙センター気象条件のため、1日延期された。オービタは、4月18日ケネディ宇宙センター戻った。着陸時の重量86,227 kgだった。 高層風を読み間違えたため、アトランティス湖底滑走路閾値マークまで623フィート足りない位置着陸した乾燥した湖底への着陸だったため、問題は表面化せず、多くの視聴者問題明らかに感じなかった。これがケネディ宇宙センターであれば滑走路に続く舗装され助走路に着陸することになったため、その結果はずっと明白になったはずである。着陸時速度は168 KEAS(ノット等価大気速度)で、スペースシャトル計画で最も遅かったSTS-28155 KEASを13 KEAS上回った

※この「着陸」の解説は、「STS-37」の解説の一部です。
「着陸」を含む「STS-37」の記事については、「STS-37」の概要を参照ください。


着陸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/12 06:12 UTC 版)

チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星」の記事における「着陸」の解説

詳細は「フィラエ#着陸」を参照 2014年11月12日午前8時30分(UST)ごろにランダー降下始まったランダーフィラエ重量220 lb(100kg)であった着地場所はエジプトアスワン・ハイ・ダム建設後フィラエ神殿移設されたアギルキア島英語版にちなんで Agilkia と名付けられた。重力加速度2004年シミュレーションによると1.0×10−3m/s(地球1万分の1程度)と見積もられていた。 質量100 kg比較小さいため、彗星着地するためにはランダーフィラエ固定する技術必要とするフィラエには事前にチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星の弱い重力対応できる設計なされており、銛のように撃ち込ん固定するものやねじのようにして彗星表面固定させるもの、ゆっくり着地するためのスラスター降下中に姿勢を保つフライホイールなどが搭載されていた。しかしスラスターや銛のようなものは着地際にうまく機能しなかった。ランダーは2回バウンドし最初の着地から2時間後、3回目にしてようやく静止したフィラエとの通信2014年11月15日電池切れのために途絶えてしまった。しかしESA欧州宇宙運用センター(ESOC)は2015年6月13日、約7か月ぶりに信号を得ることに成功した2016年9月2日にはチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星どの位置にあるか不明であったフィラエロゼッタにより確認されたフィラエそのとき暗い隙間の中で静止しており、本体2つの足が確認された。この発見により、フィラエ撮影してきた場所がどのあたりかを特定することができた。

※この「着陸」の解説は、「チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星」の解説の一部です。
「着陸」を含む「チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星」の記事については、「チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星」の概要を参照ください。


着陸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/12 06:11 UTC 版)

フィラエ」の記事における「着陸」の解説

フィラエ切り離し前の点検で、着地時や機体彗星固定するための銛を発射する際に機体彗星からバウンドするのを防ぐために機体頂部設置されていたコールドガススラスターが動作しないことが判明したが、ミッション継続された。2014年11月12日8時35分 (UTC) にフィラエロゼッタから切り離され7時後の15時33分 (UTC) に着陸、着陸を確認する信号16時03分 (UTC) に受信された。しかしその後の調査で、機体彗星固定するための2本の銛が発射されていなかったことがわかり、安定した姿勢で着陸に成功しているか否か不明であった11月13日ESA彗星地表フィラエ撮影した写真公表し機器正常に機能していること、着陸時に機体跳ね上がることを防げなかったために約2時間後とその7分後に3度の着陸があった(15時34分、17時25分、17時32分に着陸。すなわち2回バウンドしていた)こと、その結果として着陸地点予定から1kmほどずれたことを発表したフィラエ3本の脚のうち2本しか接地しておらず、銛による固定もされていなかった。また、予定された着地点では12.4時間彗星自転周期)中7時間は太陽光による発電期待されていたが、実際の着地点では1.5時間しか発電できないこと判明した。このことは、フィラエ近いうちに電源切れを起こすこと意味していた。 フィラエは、ロゼッタとの通信回復した11月14日22時19分から15日0時36分までの間に着陸してから蓄積してきた観測データ全て送信し終えその後電源不足による休眠モード入ったフィラエ正確な着陸場所はなかなか判明せず11月21日時点で大きなクレータの縁の350×30mの範囲絞り込まれレベルであった

※この「着陸」の解説は、「フィラエ」の解説の一部です。
「着陸」を含む「フィラエ」の記事については、「フィラエ」の概要を参照ください。


着陸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/28 14:42 UTC 版)

グライダー」の記事における「着陸」の解説

グライダーにおいて着陸は、その他の航空機と同様に最も危険な時である。全事故80%が着陸時に起っている。ただし重大な事故低空での失速よるもの主である。着陸には都合の良い位置高度に適正な速度戻ってなければならないため、操縦上は降下角、軸線速度を合わせるという操作必要になる。高度が30m程度より低くなる地面との摩擦で風が弱くなるため失速注意する必要があり、さらに低くなって翼幅くらいの高さになると翼の地面効果により空気抵抗減って滑空比大きくなる接地する際に失速ぎりぎりの所で接地する跳ね上がったり着陸滑走長くなったりしないが、タイミングを誤ると数メートルの高さから落着することになる。

※この「着陸」の解説は、「グライダー」の解説の一部です。
「着陸」を含む「グライダー」の記事については、「グライダー」の概要を参照ください。


着陸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/20 21:05 UTC 版)

アポロ11号」の記事における「着陸」の解説

アームストロングが再び窓の外目をやると、コンピュータはじき出した着陸目標直径300フィート91メートル)ほどもあるクレーターのすぐ北と東の巨岩いくつも転がっている領域にあるのが見えたため、アームストロング操縦半自動切り替えたアームストロングはその岩石の手前に着陸すればそこから地質試料採取し行けるかもしれない考えたが、宇宙船水平方向速度速すぎたためできなかった。降下している間、オルドリンずっと、着陸船操縦多忙なアームストロング航法データ読み上げ続けた月面からの高度107フィート33メートル)まで降下したとき、アームストロング推進剤供給徐々に減少してきていることを知り最初の着陸候補地点に着陸することに決めたアームストロング開けた月面一画見つけ機動的に宇宙船をそちらへ向かわせた。だんだんと近づいて行くと、高度250フィート76メートル)のところで、その新しく決めた着陸地点クレーターあること発見したアームストロングクレーター視界はっきりととらえながら、別の一画平地見つけた。高度100フィート30メートル)まで来て推進剤の量は残りわずか90秒分まで減っていた。さらに、着陸船エンジンによって巻き上げられた月の砂塵が、宇宙船動き決定するアームストロング判断力鈍らせた。もうもうと立ち込める砂塵中から突き出たいくつも大きな岩に焦点を絞ることで、アームストロング降下中の宇宙船速度判断することができた。 着陸の直前、「イーグル」の脚部から吊り下がっていた、長さ67インチ170センチ)の探針のうちの少なくとも1本月面接地したことを示すライト点灯した。それを知ったオルドリンは「着地灯、点灯!」と声出して確認した技師たちは、着陸時にエンジン噴射させたまま月面接近しすぎると排気ガス圧力背圧)でエンジン吹き飛ぶかもしれない危惧していたため、アームストロングはただちにエンジンを切ることになっていたが、忘れてしまった。3秒後にイーグル」が着陸しアームストロングエンジン切ったオルドリン即座にOKエンジン停止ACA解放と言発し、それを受けてアームストロングは「ACA解放了解自動」と復唱した続けてオルドリンは「モード制御両方とも自動下降エンジン指令重複オフ。エンジンアーム、オフ413接続」と確認したACAとは、姿勢制御装置attitude control assembly)のことで、具体的に月着陸船操縦桿のことである。その出力着陸船誘導コンピュータ(LGC)に伝えられ姿勢制御システムreaction control systemRCS)にエンジン噴射命令を出す。「解放」とは、中央のポジションから動かされていた操縦桿が(車の方向指示器のように)バネの力で元の中央のポジション戻されたことを意味する。LGCのアドレス413は、月着陸船着陸したことを示す変数含んでいた。 「イーグル」は7月20日日曜日20:17:40UTC)に25分の燃料残して着陸したアポロ11号後継ミッションよりも残り燃料少ない状態で着陸し飛行士たちは早い段階から燃料残量警告表示直面することになった。これはのちに、燃料タンク内で推進剤想定以上に大きく揺れ動きスロッシング)、燃料計の値が実際よりも少なく表示されていた結果であることが分かったそのため、次回以降ミッションでは、これを抑える流板タンク内に追加設置されることになったアームストロングは、オルドリンが「エンジンアームはオフと言って着陸後チェックリストをつける作業一通り完了したのを確認してCAPCOMチャールズ・デュークに "Houston, Tranquility Base here. The Eagle has landed." (「ヒューストン、こちら静かの基地鷲は舞い降りた」)と言発したアームストロングコールサインを「イーグル」から予行演習にはなかった「静かの基地Tranquility Base)」に変更したことで、着陸を完遂し成功したことが強調されて聴取者たちに伝えられた。それを聞いたデュークは、ミッション管制センターにいた人たち安堵の気持ち表し、 "Roger, TwanTranquility, we copy you on the ground. You got a bunch of guys about to turn blue. We're breathing again. Thanks a lot." (「了解、トゥワン……トゥランキリティ(「静か」の意)。月面にいる君たちの声、よく聞こえるよ。君らのおかげでたくさんの奴ら真っ青になりそうだった。ため息ついているどうもありがとう」)と、一瞬言い淀みながらも応答した。 着陸から2時間半後、船外活動準備を始め前にオルドリン次のように地球無線連絡した。 こちらは月着陸船操縦士です。この機会を借りて私はこの放送聞いている人々に対し誰であろうと、またどこにいようと、しばらくの間手を止めて、この数時間起こったできごとについて熟慮しそれぞれの方法感謝をしてほしい願いますそのあと彼は私的に聖餐式行った。この当時NASAは、アポロ8号宇宙飛行士が月を周回中に聖書創世記一節朗読したことに反対していた無神論者のマダリン・マレー・オヘア(英語版)と係争中で、オヘアはNASAに対し宇宙飛行士宇宙にいる間は宗教的活動放送することを控えるべきだと要求していた。それゆえオルドリンは月で聖餐式を行うことに直接言及することを差し控える選択をした。オルドリンテキサス州ウェブスター英語版)にある長老派教会長老で、聖餐用具同教会の牧師であるディーン・ウッドラフが用意していた。ウェブスター長老派教会は、このとき月で使用され聖餐杯を所有しており、毎年7月20日もっとも近い日曜日を「月の晩餐の日」として記念行事行っている。 この任務スケジュールでは、宇宙飛行士5時間の睡眠時間で着陸のあとに続く作業を行うことが求められていたが、眠れないだろうと思った2人早くに船外活動準備を始めることを選択した

※この「着陸」の解説は、「アポロ11号」の解説の一部です。
「着陸」を含む「アポロ11号」の記事については、「アポロ11号」の概要を参照ください。


着陸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/27 06:04 UTC 版)

重力ターン方式」の記事における「着陸」の解説

まだ機体適切な方向向いてない場合エンジン対地速度ベクトル真逆に向ける。このベクトルは、左に示すように、地表に平行であるか、垂直成分わずかである次にエンジン噴射して着陸のために減速を行う。速度相殺するにつれて天体重力により軌道は垂直降下近づく完全に球形天体における理想的なマニューバでは、速度、垂直速度、高度は同時にゼロ到達し表面安全に着陸できる天体自転してない場合に限る天体自転している場合は、着陸地点緯度における速度考慮する必要がある)。しかし、岩や不均一な地形のため、通常マニューバ終わり近く数度迎え角をとり、地表より上速度ゼロにする。この手順は、打ち上げ時に行われるピッチオーバーマニューバの逆であり、機体真下向いてホバリングし、表面軟着陸する。

※この「着陸」の解説は、「重力ターン方式」の解説の一部です。
「着陸」を含む「重力ターン方式」の記事については、「重力ターン方式」の概要を参照ください。


着陸(誘導と制御)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/27 06:04 UTC 版)

重力ターン方式」の記事における「着陸(誘導と制御)」の解説

重力ターン動力着陸に使用する方法例として大気のない天体着陸するアポロ型着陸船想定する着陸船は、最初司令船ドッキングされた状態で円軌道周回している。司令船分離した後、着陸船逆噴射し、近点地表すぐ上まで下げる。次に遠点まで慣性飛行し、そこでエンジン再始動して重力ターン降下実行する。このとき、軌道上司令船への視線方向推力ベクトル一定の角度なすよう維持することによって誘導することができる。この単純な誘導アルゴリズムは、アップレンジホライズン、ダウンレンジホライズン、着陸目標地点軌道上司令船など、さまざまな視覚的誘導目標活用方法調査した研究に基づいている。この研究では、司令船は着陸がほぼ完了するまで、理想的な重力ターンに対してほぼ一定の視線角度維持されるため、司令船最良の誘導目標であると結論付けている。着陸船真空状態降下するため、姿勢制御には動翼活用することはできず、メインエンジンのジンバリング、姿勢制御スラスタ場合によってはコントロール・モーメント・ジャイロスコープ英語版)などのシステム使用する必要がある

※この「着陸(誘導と制御)」の解説は、「重力ターン方式」の解説の一部です。
「着陸(誘導と制御)」を含む「重力ターン方式」の記事については、「重力ターン方式」の概要を参照ください。


着陸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/09 03:07 UTC 版)

エアラインパイロッツ」の記事における「着陸」の解説

空港手前の上空から開始横浜方面から進入しマーカーに沿って徐々に高度と速度落としながら、フラップランディングギア下ろし適切に着陸する

※この「着陸」の解説は、「エアラインパイロッツ」の解説の一部です。
「着陸」を含む「エアラインパイロッツ」の記事については、「エアラインパイロッツ」の概要を参照ください。


着陸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 10:26 UTC 版)

チャーリー・ブラウンとフランツ・スティグラー事件」の記事における「着陸」の解説

ブラウン北海400キロメートル250マイルにわたって飛行し、第448爆撃大隊本拠地であるイギリス空軍シージング空軍基地(RAF Seething)に爆撃機を着陸させ、飛行後報告上官に、ドイツ軍戦闘機パイロット自分逃がした経緯伝えたブラウンそのこと部隊他の隊員口外しないよう命じられた。これは敵のパイロットに好意的な感情抱かないようにするためでありさもなくば他の損傷した爆撃機パイロットたち救助期待して襲い来る敵の戦闘機に対して攻撃行わず、ただ撃墜され結果に終わるかもしれなかった。ブラウンは「ドイツ機のコックピットにいる者が人間でないと、誰が決めたでしょうか」と述べている。戦闘中に敵を助けたドイツ軍パイロット軍法会議かけられるおそれがあったため、スティグラーその事件について指揮官に何も報告しなかった。 ブラウン終戦まで任務につき続けたフランツ・スティグラーその後、終戦まで第44戦闘団所属しジェット戦闘機メッサーシュミット Me262パイロットとなった

※この「着陸」の解説は、「チャーリー・ブラウンとフランツ・スティグラー事件」の解説の一部です。
「着陸」を含む「チャーリー・ブラウンとフランツ・スティグラー事件」の記事については、「チャーリー・ブラウンとフランツ・スティグラー事件」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「着陸」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

着陸

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 01:00 UTC 版)

名詞

ちゃくりく

  1. 空中飛行している航空機などが降下して地表面接触し、静止または減速すること。

動詞

活用

サ行変格活用
着陸-する

熟語

類義語

対義語

翻訳


「着陸」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



着陸と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



着陸のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの着陸 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのV-22 (航空機) (改訂履歴)、嫦娥計画 (改訂履歴)、アロハ航空243便事故 (改訂履歴)、STS-51-F (改訂履歴)、STS-128 (改訂履歴)、STS-38 (改訂履歴)、STS-70 (改訂履歴)、ベネラ14号 (改訂履歴)、STS-37 (改訂履歴)、チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星 (改訂履歴)、フィラエ (改訂履歴)、グライダー (改訂履歴)、アポロ11号 (改訂履歴)、重力ターン方式 (改訂履歴)、エアラインパイロッツ (改訂履歴)、チャーリー・ブラウンとフランツ・スティグラー事件 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの着陸 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS