カタパルトとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 工業 > 装置 > 装置 > カタパルトの意味・解説 

カタパルト【catapult】

圧搾空気火薬などの力で、艦船などの甲板から飛行機発進させる装置射出機


カタパルト

〔名〕 (英 catapult

① 石や矢を発射させる古代の兵器石弓

幻影の盾(1905)〈夏目漱石〉「甲も棄て、鎧も脱いで丸裸になって城壁の裏に仕掛けたる、カタパルトを彎(ひ)いた事がある

軍艦などの甲板から、圧搾空気火薬蒸気などの力で、飛行機射出する装置射出機。〔モダン辞典(1930)〕

通学物語1941)〈渋沢秀雄〉父栄一諾否明治六年廟堂が父を実業界飛び出させるカタパルトの役目果したことだけは否めない事実だ」

圧搾空気などの力で、物を送る装置

*旅‐昭和九年(1934)一一月号・優秀船物語今道潤三〉「郵便物輸送スピード・アップにカタパルトを試用したのはイル・ド・フランスで」


【カタパルト】(かたぱると)

  1. 航空母艦飛行甲板上で艦載機強制的加速させて射出する装置
    ただし第二次世界大戦頃までは、水上機発艦のために戦艦巡洋艦搭載されていることも多かった。
    艦載機大型化に伴って自力発艦難しくなり、また巡洋艦などには固定翼水上機に替わって回転翼ヘリコプター搭載されるようになったため、現在では航空母艦以外には稀である。

    動力として、かつては火薬油圧利用していたが、重量のあるジェット機発艦させるには、しばしば力不足であった。
    このため、より強力な蒸気圧によるカタパルトがイギリス発明され、以後アメリカ空母全面的採用された。
    これら蒸気圧によるカタパルトを、特に蒸気カタパルト(steam catapult)と呼ぶ。
    この蒸気を得るため、蒸気タービン動力源とする航空母艦が多い。
    また、蒸気に代わって電磁力使用した電磁カタパルト開発中である。

    関連ジェットブラストディフレクター ブライドル ローンチバー スキージャンプ

  2. 攻城兵器としての投石器
    紀元前三世紀ごろ、ギリシャアルキメデス発明したと言われる
    城の内側か城壁越えて、外の敵を攻撃する際にも使用された。
    帯状の丈夫な布または革をを二つ折りにして中央に石を挟み、この帯革回転する腕木先に吊るして、遠心力で石を投げたようである。
    大砲発明されるまで、ヨーロッパ戦争主役であり続けた。

カタパルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/29 15:56 UTC 版)

カタパルト (:Aircraft catapult) は、艦艇(現代では主に航空母艦)などから航空機を射出するための機械である。また宇宙船やロボットなどを射出する装置もカタパルトと呼ばれる。射出機(しゃしゅつき)とも呼ばれる。また、地上から滑走路を使わずに離陸する場合に使われる、動力つきの発射台もカタパルトと呼ばれ、世界初の動力有人機ライトフライヤー号も、杭打ちやぐらカウンターウエイトの組み合わせで機体を撃ち出すカタパルトを用いて飛行に成功している。




「カタパルト」の続きの解説一覧



カタパルトと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「カタパルト」の関連用語

カタパルトのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



カタパルトのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカタパルト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS