火薬とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 化学物質 > 物質 > 火薬の意味・解説 

か‐やく〔クワ‐〕【火薬】

読み方:かやく

熱や衝撃によって爆発する物質で、そのエネルギー有効に利用できるもの。火薬類取締法では、弾丸などの発射薬ロケット推進薬をいい、広く爆薬火工品含めていう。ニトロセルロース黒色火薬など。


火薬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/10 06:31 UTC 版)

本記事では火薬火薬類について解説する。


注釈

  1. ^ 「explosives」と、「s」をつけて複数形にすることで、様々な種類のexplosiveを、ともかくまとめて指すための用語(総称)であることを示している。日本語でこうした用語を翻訳する場合、「火薬」と訳し、つまり「類」の字を加えるのが良い、と判断されたわけである。
  2. ^ 竹崎季長 永仁元年2月9日1293年和暦は改元前のため実際は正応6年か。

出典

  1. ^ a b c d e f g 『ブリタニカ国際大百科事典』小項目事典 「火薬類 explosives」
  2. ^ http://www.chemicalbook.com/ChemicalProductProperty_JP_CB6852038.htm
  3. ^ https://dictionary.goo.ne.jp/jn/228868/meaning/m0u/
  4. ^ https://kotobank.jp/word/%E3%82%B8%E3%82%A2%E3%82%BE%E3%82%B8%E3%83%8B%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%AB-1170509
  5. ^ Lorge, Peter A. (2008), The Asian Military Revolution: from Gunpowder to the Bomb, Cambridge University Press, ISBN 978-0-521-60954-8 p. 33-34.
  6. ^ Chase, Kenneth (2003), Firearms: A Global History to 1700, Cambridge University Press, ISBN 0-521-82274-2 p.31
  7. ^ Needham, Joseph (1986), Science & Civilisation in China, V:5 pt. 7: The Gunpowder Epic, Cambridge University Press, ISBN 0-521-30358-3 p.222
  8. ^ 佐藤鉄太郎『蒙古襲来絵詞と竹崎季長の研究』、2005年
  9. ^ a b c d e アーノルド・パーシー「世界文明における技術の千年史」新評論、林武監訳 東玲子訳
  10. ^ 「世界を変えた火薬の歴史」p142 クライヴ・ポンティング 伊藤綺訳 原書房 2013年4月30日初版第1刷
  11. ^ 「世界を変えた火薬の歴史」p251-252 クライヴ・ポンティング 伊藤綺訳 原書房 2013年4月30日初版第1刷
  12. ^ 「世界を変えた火薬の歴史」p253-254 クライヴ・ポンティング 伊藤綺訳 原書房 2013年4月30日初版第1刷
  13. ^ 蔡國強、原点回帰へ走る夏 火薬使い創作、横浜で個展”. 朝日新聞 (2015年7月8日). 2019年6月25日閲覧。



火薬(発射用、推進用)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 13:56 UTC 版)

「火薬」の記事における「火薬(発射用、推進用)」の解説

銃や砲 (狭義の)「火薬」が銃や大砲利用される場合急激な燃焼爆燃)により急激に多量のガス発生させ、そのガス銃弾砲弾)を押し銃身砲身内で加速させ、銃口砲口ら出るまでに大きな速度にする(初速度大きくする)。 ロケット狭義の)火薬が、ロケット固体燃料として用いられる場合燃焼ガスロケット下部噴射口(ロケットエンジンノズル)から高速で噴射され、その反作用によりロケット(の本体)に推進力与えられる。(銃や砲と異なりロケットの場合は推力長時間持続する必要があるので、燃焼長時間持続する必要があり)所定の時間所定の推力安定して得るために、ロケット内部の火薬の固まりグレイン)の断面形状を(たとえば星型にするなど)最適化することが非常に重要である

※この「火薬(発射用、推進用)」の解説は、「火薬」の解説の一部です。
「火薬(発射用、推進用)」を含む「火薬」の記事については、「火薬」の概要を参照ください。


火薬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/22 06:15 UTC 版)

ニトロセルロース」の記事における「火薬」の解説

ニトロセルロース主成分として各種の添加剤加えて造粒した火薬は黒色火薬替わる小火器火砲発射薬として使用されている発射にあたって大量の白煙上げ黒色火薬比して無煙火薬呼ばれる。また開発者一人であるフレデリック・エイベルによる「コルダイト」の名称でも知られるこのうち主にニトロセルロースのみを使用した火薬をシングルベース火薬と呼ぶ現在のほとんどの拳銃アサルトライフル弾薬としてシングルベース火薬使用している燃焼調整目的としてニトロセルロースニトログリセリン加えたものをダブルベース火薬、さらにニトログアニジン加えた物をトリプルベース火薬と呼ぶ。こちらは主に大口火砲装薬として使用されている

※この「火薬」の解説は、「ニトロセルロース」の解説の一部です。
「火薬」を含む「ニトロセルロース」の記事については、「ニトロセルロース」の概要を参照ください。


火薬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 05:10 UTC 版)

タンクローリー」の記事における「火薬」の解説

なお、火薬の運搬に関しては、運転免許以外に必要な資格等は無いが、運搬のたびに荷送人都道府県公安委員会から運搬証明書交付を受け、運転者はそれを携帯する義務がある

※この「火薬」の解説は、「タンクローリー」の解説の一部です。
「火薬」を含む「タンクローリー」の記事については、「タンクローリー」の概要を参照ください。


火薬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 00:29 UTC 版)

今日からヒットマン」の記事における「火薬」の解説

コンビニ幹部ハナオ父親左眼大きな傷があり、義眼入れている。悪鬼との抗争登場幹部会議出席し悪鬼尋問する

※この「火薬」の解説は、「今日からヒットマン」の解説の一部です。
「火薬」を含む「今日からヒットマン」の記事については、「今日からヒットマン」の概要を参照ください。


火薬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/16 09:07 UTC 版)

第一次世界大戦」の記事における「火薬」の解説

第一次世界大戦始まると無煙火薬であるコルダイト大量に必要となったが、原料となるアセトン木材乾留して製造されていたため、安定した大量供給難しかった当時マンチェスター大学化学教えていたハイム・ヴァイツマン1910年頃にデンプンからアセトン合成する手法開発しており、イギリス政府協力し工業化成功したことで、年間3トンアセトン供給可能となった。この功績によりウィンストン・チャーチルロイド・ジョージなどイギリス政府要人知己を得たことによりロビー活動での影響力が増すこととなった

※この「火薬」の解説は、「第一次世界大戦」の解説の一部です。
「火薬」を含む「第一次世界大戦」の記事については、「第一次世界大戦」の概要を参照ください。


火薬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/26 03:22 UTC 版)

ライフリング」の記事における「火薬」の解説

弾丸銃身の中を進む速度よりも火薬のガス膨張する速度のほうが速く弾丸ライフリング食い込むうになると火薬の力が無駄なく伝わ反面銃身内部圧力高くなりすぎるようになった従来黒色火薬では燃焼速度高すぎることが問題になったので、燃焼速度の遅い褐色火薬発明された。後にコルダイトなどの無煙火薬使用されるようになっても火薬の燃焼速度重要な問題であり、燃焼速度調節するために火薬は粒子状や棒状などに加工されている。

※この「火薬」の解説は、「ライフリング」の解説の一部です。
「火薬」を含む「ライフリング」の記事については、「ライフリング」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「火薬」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

火薬

出典:『Wiktionary』 (2021/08/16 01:40 UTC 版)

名詞

  (かやく)

  1. 爆発物の中で衝撃点火などで瞬間的に燃焼分解反応起こし多量の気体発生させ、破壊推進などの爆発伴って出るエネルギー有効に活用した物質火薬類
  2. 1.の内、爆燃利用するもの。発射薬推進薬黒色火薬

関連語

翻訳


「火薬」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



火薬と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

火薬のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



火薬のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの火薬 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの火薬 (改訂履歴)、ニトロセルロース (改訂履歴)、タンクローリー (改訂履歴)、今日からヒットマン (改訂履歴)、第一次世界大戦 (改訂履歴)、ライフリング (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの火薬 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS