金属塩とは?

Weblio 辞書 > 業界用語 > FA用語 > 金属塩の意味・解説 

金属塩

読み方キンゾクエン

関連するカテゴリ
検査装置

金属塩とは酸のHを金属イオン置き換え化合物。金属塩は凝集性があるため、これが生成することで増粘する。はんだペースト経時変化すると金属塩の増加とともに粘度増加し、印刷性はんだ付け性を低下させる。


塩 (化学)

(金属塩 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/01 08:27 UTC 版)

化学において(えん、Salt)とは、広義には由来の陰イオン(アニオン)と塩基由来の陽イオン(カチオン)とがイオン結合した化合物のことであり、狭義にはアレニウス酸アレニウス塩基との等当量混合物のことである。酸・塩基成分の由来により、無機塩、有機塩とも呼ばれる。塩は必ずしも中和反応によって生じるとは限らない。




「塩 (化学)」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「金属塩」の関連用語

金属塩のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



金属塩のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
オムロン株式会社オムロン株式会社
© Copyright OMRON Corporation 1996-2020. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの塩 (化学) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS