非求核塩基とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 非求核塩基の意味・解説 

非求核塩基

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/11 06:46 UTC 版)

非求核塩基(ひきゅうかくえんき、: non-nucleophilic base)とは、塩基性は強いが求核性は弱い有機塩基のことである。熱力学支配の反応では電子供与体分子は求核剤として作用し、速度論的支配の反応では電子供与体はプロトンを除去する。以上の理由のためこれらの塩基は速度論的脱プロトン化に関係していると言われる。




「非求核塩基」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「非求核塩基」の関連用語

非求核塩基のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

九頭竜川

バーボン・バック

WT310/C

杉本明洋

ハコエビ

傾斜天井用フランジ

サウンドホール

FLHTCU103





非求核塩基のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの非求核塩基 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS