酸塩基指示薬とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 物質 > 化合物 > 色素 > 酸塩基指示薬の意味・解説 

さんえんき しじやく [7] 【酸塩基指示薬】


酸塩基指示薬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/04/06 04:44 UTC 版)

酸塩基指示薬(さんえんきしじやく)は水素イオン濃度 (pH) により変色する色素で、pH の測定や中和滴定の終点を決めるのに用いられる。pH指示薬ともいう。同じ目的で使われる電子機器はpHメーターである。


[ヘルプ]
  1. ^ Steven S. Zumdahl (2009). Chemical Principles (6th ed.). New York: Houghton Mifflin Company. pp. 319–324. 


「酸塩基指示薬」の続きの解説一覧





酸塩基指示薬と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「酸塩基指示薬」の関連用語

酸塩基指示薬のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

画像から探す

大足石刻

針葉樹林

プルアップ式キャビネット

FOMA D705iμ

サーフィン

孫次郎

コンパクトビーム球

輸送艦「ゆら」型





酸塩基指示薬のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの酸塩基指示薬 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS