自体とは?

じ‐たい【自体】

【一】[名]

自分のからだ。

もともとの本体。それ自身多くは他の名詞のあとに付いて接尾語的に、関係する他の事柄から切り離して、そのものだけについていうときに用いる。「建物自体はりっぱだが、内装貧弱だ」

もともとの性質本性根本

「—は親に似て大臆病の者なりければ」〈仮・浮世物語・一〉

【二】[副]もともと。そもそも元来地体。「こうなったのも、自体君に責任がある


じ‐たい【自体】

1⃣ 〔名〕

自分のからだ。

② 本来の性質特性。もともとの本体。それ自身根本

米沢沙石集(1283)一「一切衆生は皆如来蔵なり、普賢菩薩の自体(ジタイ)に遍す故にと説て」

仮名草子浮世物語(1665頃)一「自体(ジタイ)は親に似て大憶病の者なりければ」

死霊一章194648)〈埴谷雄高〉「物資自体が持っているような」〔演義鈔‐六一

③ (「…こと自体」「それ自体」などの形で) そのこと強め場合用いる。…であることがそもそも

地唄(1956)〈有吉佐和子〉「一人娘が夫を持つということ自体を、許せなかったのだ」

2⃣ 〔副〕

① =じたい(地体(二)

評判記難波の㒵は伊勢白粉(1683頃)二「自躰(ジタイ)酔ねば根ぬけの恋に気がならぬ」

社会百面相(1902)〈内田魯庵猟官我輩元来(ジタイ)束縛されるのが嫌いだからネ」

② 自ら。自分で。

春日社記録文永二年(1265)五月一一日「氏人祐郡智足院に参して本を自体切了〈略〉今三段所を四か未進を自体持参也」



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「自体」の関連用語

自体のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



自体の意味のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 GRAS Group, Inc.RSS