性質とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 性質 > 気質 > 性質の意味・解説 

せい‐しつ【性質】

もって生まれた気質ひととなり。たち。「温厚な性質」

その事物に本来そなわっている特徴。「燃えやすい性質」「すぐに解決がつくという性質の問題ではない」

[用法] 性質・性格——「熱しやすく冷めやすい性質(性格)」のように、人についていう場合には相通じて用いられる。◇「性質」は、人以外の場合でも、にとけやすい性質」のように、その物事がもともと持っている特性の意で使われる。◇「性格」を物事について使う場合は、その物事と他との違いをきわだたせるような特徴をいう。「議題性格異な提案却下する」


せい‐しつ【性質・生質】

〔名〕

生まれつきのたち。もって生まれた気質ひととなり天性資性

地蔵菩薩霊験記(16C後)六「生質(セイシツ)横逆にして終に仏法名字だも聞くことなし

今弁慶(1891)〈江見水蔭〉二「何は兎もあれ此儘に、見て居られぬが我性質(セイシツ)」〔新唐書公綽伝〕

生まれながらの姿、形。生まれたときからの身体の様子

地蔵菩薩霊験記(16C後)一四「形短くして、甚だ醜き生質(セイシツ)なりしが」

事物が本来もっている固有のありかたこれによって他の事物種類区別きるもの。本来の特徴ロック哲学では、延長・固さなどの事物固有性第一性質といい、色・臭・音などの感覚的性質を第二性質という。質。

舎密開宗(1837‐47)内「亦寸度及び十分寸の度を画む瓦斯の性質を鑒識するに用ふ

日本開化小史(1877‐82)〈田口卯吉〉一「凡そ物として外物の為めに感染せられ、其状態性質を変ぜざるものやある」


性質

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/01/11 04:35 UTC 版)



性質

出典:『Wiktionary』 (2019/10/31 11:47 UTC 版)

名詞

せいしつ

  1. ある対象特徴づける形態機能傾向

発音

せ↗ーしつ

関連語

翻訳




性質と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「性質」の関連用語

性質のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



性質のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの性質 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの性質 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS