反応性とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 活用形辞書 > 反応性の意味・解説 

反応性

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

反応性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/30 19:23 UTC 版)

ベンザイン」の記事における「反応性」の解説

o-ベンザイン三重結合安定な形である直線型から大きく歪んでいるため高い反応性を示す気相中ではすぐに二量化してジベンゾシクロブタジエンとなる。また溶液中で三重結合求電子試薬として振舞い多くの求核試薬付加反応を受ける。またディールス・アルダー反応強力なジエノフィルとして振舞いフランアントラセンといった比較的ジエンとしては反応性の乏し化合物とも付加体作る

※この「反応性」の解説は、「ベンザイン」の解説の一部です。
「反応性」を含む「ベンザイン」の記事については、「ベンザイン」の概要を参照ください。


反応性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/11 07:31 UTC 版)

フェニルボロン酸」の記事における「反応性」の解説

フェニルボロン酸脱水反応起こす三量体無水物であるボロキシン与える。脱水反応熱的進行し乾燥剤英語版)を加え場合もある。 フェニルボロン酸フェニル基を含む多くのクロスカップリング反応使用される。その例の一つ鈴木・宮浦カップリングで、パラジウム触媒塩基フェニルボロン酸ハロゲン化ビニル英語版)を反応させてフェニルアルケンを合成する反応である。この方法はハロゲン化アリールフェニルボロン酸反応させてビアリールを合成する方法として一般化されている。 C-C結合形成プロセスではフェニルボロン酸がしばしば試薬として登場する。α-アミノ酸α-ケト酸アミンフェニルボロン酸触媒使用せず反応させる合成できるヘック反応フェニルボロン酸アルケンもしくはアルキンを使う反応示されている。 アリールアジドやニトロ化合物フェニルボロン酸によって合成することができる。フェニルボロン酸塩素臭素ヨウ素水中反応させることで位置選択的にハロデボロン化することが可能であるPhB(OH)2 + Br2 + H2O → PhBr + B(OH)3 + HBr ボロン酸アルコール縮合反応によってボロン酸エステル生成する生成するものは単純にヒドロキシ基アルコキシ基やアリルオキシ基に置換したものである。この可逆反応を除くためにディーン・スターク装置乾燥剤使って行われることが多い。 PhB(OH)2 + 2 ROH PhB(OR)2 + 2 H2O この反応拡張として、PhB(OH)2をジオールジアミン保護基にする方法がある。この反応性によりフェニルボロン酸炭化水素センサーレセプター抗生物質酵素阻害剤利用されたり、中性子捕捉療法使われたり、膜透過輸送生体共役反応英語版)、タンパク質ラベリングなど生体反応用いることができる。

※この「反応性」の解説は、「フェニルボロン酸」の解説の一部です。
「反応性」を含む「フェニルボロン酸」の記事については、「フェニルボロン酸」の概要を参照ください。


反応性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/24 07:39 UTC 版)

三酸化テルル」の記事における「反応性」の解説

三酸化テルルには酸化剤としての性質知られる濃塩酸中で加熱する塩素ガス生じる。また、硫黄リン炭素などの単体さまざまな金属を、それらの酸化物変えるヒドラジンなどとの還元剤反応させると、単体テルルまで還元される

※この「反応性」の解説は、「三酸化テルル」の解説の一部です。
「反応性」を含む「三酸化テルル」の記事については、「三酸化テルル」の概要を参照ください。


反応性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/26 02:57 UTC 版)

ギルマン試薬」の記事における「反応性」の解説

ギルマン試薬ハロゲン化アルキルハロゲン化アリールカップリング反応起こす(式3)。 (式3) R ′ − X   + R 2 CuLi ⟶ R − R ′   + R − Cu   + LiX {\displaystyle {\ce {R'-X\ +R2CuLi->R-R'\ +R-Cu\ +LiX}}} (溶媒エーテル)(X=Cl,Br,I) 本反応ではギルマン試薬中の二つR基のうち、一方しか反応用いることができないR基入手しくいものである場合には不都合であり、Rの一つを反応性の低い別のR置き換えたRRCuLiを用い場合もある。 ギルマン試薬通常の有機銅(I)RCu)よりもアニオン性が高くHSAB則で「軟らかい求核種として、さまざまな反応用いられるギルマン試薬はα,β-不飽和カルボニル化合物1,4-付加反応マイケル付加)を起こすまた、1級ハロゲン化アルキル反応して対応するクロスカップリング生成物を、カルボン酸ハロゲン化物反応してケトン与える。 ギルマン試薬の上に、さらにシアン化リチウムなどが付加した、R2Cu(CN)Li2 などの形式表される錯体は、「higher order cuprate」と呼ばれる。それらには通常のギルマン試薬よりもさらに高い反応性が知られるが、錯体実際の構造については、シアン化物イオンと Cu-CN 型のσ結合作っているかどうかという点を中心にした議論がなおも行われている。 この項目は、化学関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(プロジェクト:化学Portal:化学)。

※この「反応性」の解説は、「ギルマン試薬」の解説の一部です。
「反応性」を含む「ギルマン試薬」の記事については、「ギルマン試薬」の概要を参照ください。


反応性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/14 07:48 UTC 版)

五硫化二リン」の記事における「反応性」の解説

五硫化二リン吸湿性があり、空気中湿気吸収して加水分解して硫化水素発生する従っ五硫化二リン腐卵臭を持つ。加水分解際に硫化水素とともにリン酸生じる。 P 4 S 10 + 16 H 2 O4 H 3 PO 4 + 10 H 2 S {\displaystyle {\ce {{P4S10}+16H2O->{4H3PO4}+10H2S}}} アルコールアミンを含む弱い求核剤反応するアニソールフェロセン、そして1-メトキシナフタレン反応しローソン試薬のような1,3,2,4-ジチアジホスフェタン 2,4-ジスルフィド形成する

※この「反応性」の解説は、「五硫化二リン」の解説の一部です。
「反応性」を含む「五硫化二リン」の記事については、「五硫化二リン」の概要を参照ください。


反応性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/04/13 21:03 UTC 版)

リチウムジイソプロピルアミド」の記事における「反応性」の解説

n-ブチルリチウムが強い求核剤であり、ケトンなどとの反応ではプロトン引き抜きよりも求核攻撃優先してしまうのに対しLDA はそのかさ高さから求核性が低いため、塩基として作用するpKa は約 34 で、アルコールカルボニル化合物など、ほとんどの酸性プロトン引き抜きを行うことができる。 ただし時には求核剤として作用することもあり例えタングステンヘキサカルボニルとの反応はジイソプロピルアミノカルビンの合成用いられる。より立体障害大きく求核性の低い塩基としてカリウムヘキサメチルジシラジド (KHMDS) などが知られる

※この「反応性」の解説は、「リチウムジイソプロピルアミド」の解説の一部です。
「反応性」を含む「リチウムジイソプロピルアミド」の記事については、「リチウムジイソプロピルアミド」の概要を参照ください。


反応性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/04/29 23:29 UTC 版)

ロンギホレン」の記事における「反応性」の解説

ブレンステッド酸ルイス酸により容易にワグナー・メーヤワイン転位起こすハロゲン化水素との反応では、(IUPAC命名法で)9位がプロトン化されて6位の炭素が7位から8位へと転位し、7位がハロゲン化される。また、求核性ブレンステッド酸例え硫酸)やルイス酸例え三フッ化ホウ素-酢酸)ではさらに多段階の転位進行しイソロンギホレン(2,2,7,7-テトラメチルトリシクロ[6.2.1.01,6]ウンデカ-5-エン)に変化する。よりシビア条件ではさらに転位起こし、1,1-ジメチル-7-イソプロピル-1,2,3,4-テトラヒドロナフタレンなどへと変化する

※この「反応性」の解説は、「ロンギホレン」の解説の一部です。
「反応性」を含む「ロンギホレン」の記事については、「ロンギホレン」の概要を参照ください。


反応性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/10 06:59 UTC 版)

臭化フェニルマグネシウム」の記事における「反応性」の解説

詳細は「グリニャール試薬を参照 臭化フェニルマグネシウムは強い求核剤であり、強い塩基である。そのため相方の酸が弱くてもそのプロトン引き抜くので、この反応を行う際反応させたくない官能基保護しておく必要がある。またケトンアルデヒドなどカルボニルにも求核付加する。二酸化炭素反応させる酸処理英語版)ののち安息香酸得られる

※この「反応性」の解説は、「臭化フェニルマグネシウム」の解説の一部です。
「反応性」を含む「臭化フェニルマグネシウム」の記事については、「臭化フェニルマグネシウム」の概要を参照ください。


反応性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/10 01:35 UTC 版)

β-ラクタム」の記事における「反応性」の解説

環ひずみ存在により、非環式アミドより大きなラクタムに比べ加水分解条件における反応性が高い。多くのβ-ラクタム系抗生物質見られるように、β-ラクタム環が別の環と縮合しているとひずみはさらに大きくなる。この傾向は、β-ラクタムが非平面化しておりアミド結合特性弱められていることに起因する理想的なアミド窒素原子共鳴によりsp2混成軌道有し平面三角形構造を取る。しかし環ひずみによりアミド結合共鳴弱められることで窒素原子ピラミッド型構造を取るようになり、カルボニルはよりケトン的な性質帯びる。ノーベル賞受賞者であるロバート・バーンズ・ウッドワードは、頂点に位置する窒素とそれに隣接する3原子からなる三角錐の高さをパラメータ h で表した。h はβ-ラクタム結合強度対応しており、h が小さい(結合平面的理想的なアミドに近い)ならば結合はより強く反応性も低くなるモノバクタム系のh は0.05-0.10オングストローム(Å)、セフェム系では0.20-0.25 Å、ペネム系では0.40-0.50 Å、カルバペネム系とクラバム系では0.50-0.60 Åで、後のものほど加水分解に対するβ-ラクタム環の反応性が高い。

※この「反応性」の解説は、「β-ラクタム」の解説の一部です。
「反応性」を含む「β-ラクタム」の記事については、「β-ラクタム」の概要を参照ください。


反応性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/10 05:14 UTC 版)

オキサゾール」の記事における「反応性」の解説

オキサゾールC2位を脱プロトン化すると、開環したイソニトリル生成することがしばしばある。 活性化基 (activating group) の存在よりC5位に 芳香族求電子置換反応進行するC2位の脱離基存在により芳香族求核置換反応進行するオキサゾールジエン構造に対してディールス・アルダー反応進行すると、酸素失ったピリジン体が生成する。 熱による転位反応であるコンフォース転位 により4-アシルオキサゾールはアシル残基C5位に転位する種々の酸化反応知られているある研究では4,5-ジフェニルオキサゾールに3当量硝酸セリウムアンモニウム (CAN) により、ホルムアミド安息香酸生成するという報告がある。 平衡半反応によりオキサゾール1当量あたり3当量消費され4当量プロトン4当量電子から4価のセリウム(CeIV)が誘導される

※この「反応性」の解説は、「オキサゾール」の解説の一部です。
「反応性」を含む「オキサゾール」の記事については、「オキサゾール」の概要を参照ください。


反応性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/05 09:06 UTC 版)

硫化カルシウム」の記事における「反応性」の解説

硫化カルシウム湿気があるとその水分さまざまな比率反応し硫化カルシウム Ca(SH)2、水酸化カルシウム Ca ( OH ) 2 {\displaystyle {{\ce {Ca(OH)2}}}} 、 Ca ( SH ) ( OH ) {\displaystyle {{\ce {Ca(SH)(OH)}}}} の混合物生成するCaS   + H 2 OCa ( SH ) ( OH ) {\displaystyle {\ce {CaS\ + H2O -> Ca(SH)(OH)}}} 2 CaS   + 2 H 2 O ⟶ Ca ( SH ) 2   + Ca ( OH ) 2 {\displaystyle {\ce {2 CaS\ + 2 H2O -> Ca(SH)2\ + Ca(OH)2}}} CaS   + 2 H 2 O ⟶ Ca ( OH ) 2   + H 2 S {\displaystyle {\ce {CaS\ + 2 H2O -> Ca(OH)2\ + H2S}}} Ca(SH)(OH)はさらに反応して水酸化カルシウム硫化水素生じる。硫化水素腐ったのような不快な臭いの原因物質である。 Ca ( SH ) ( OH )   + H 2 OCa ( OH ) 2   + H 2 S {\displaystyle {\ce {Ca(SH)(OH)\ + H2O -> Ca(OH)2\ + H2S}}} 水酸化カルシウム飽和溶液単体硫黄反応して石灰硫黄合剤生成する。これは殺虫剤として使われてきた。活性を持つ成分はおそらく硫化カルシウムではなく硫化カルシウムである。

※この「反応性」の解説は、「硫化カルシウム」の解説の一部です。
「反応性」を含む「硫化カルシウム」の記事については、「硫化カルシウム」の概要を参照ください。


反応性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/09 06:22 UTC 版)

求核置換反応」の記事における「反応性」の解説

SN2反応脱離基背面から攻撃するので、脱離基背面大きな置換基があると反応性は低くなる一般に級の炭素SN2反応行わない。 ( CH 3 ) 3 C − X ≪ ( CH 3 ) 2 CH − X < CH 3 CH 2 − X ≪ CH 3 − X {\displaystyle {\ce {(CH3)3C-X\ll (CH3)2CH-X<CH3CH2-X\ll CH3-X}}}

※この「反応性」の解説は、「求核置換反応」の解説の一部です。
「反応性」を含む「求核置換反応」の記事については、「求核置換反応」の概要を参照ください。


反応性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/08 07:08 UTC 版)

ウォルシュ・ダイアグラム」の記事における「反応性」の解説

分子軌道理論併用することで、ウォルシュ・ダイアグラムは反応性を予測する手段として用いることもできるウォルシュ・ダイアグラム生成し次に分子HOMO/LUMO決定することによって、分子がどれぐらい反応しやすいかを決めることができる。以下の例では、BH3およびCH3+といったAH3分子ルイス酸性が予測される。 6電子AH3分子平面配座をとるべきである。平面型AH3HOMO1e’)は、結合乱れにより、A-H結合曲がって三角錐型を形成するにつれて不安定化する、と見ることができる一つ原子中心に集中しているLUMOはよい電子受容体であり、BH3およびCH3+のルイス酸としての性質説明するウォルシュ相関図は、関連する分子軌道エネルギー準位予測するために使うこともできる平面型CH3+から四面体型CH3-Nuへの水素原子歪みは、C-Nu結合軌道(σ)の安定化生じさせる

※この「反応性」の解説は、「ウォルシュ・ダイアグラム」の解説の一部です。
「反応性」を含む「ウォルシュ・ダイアグラム」の記事については、「ウォルシュ・ダイアグラム」の概要を参照ください。


反応性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/06 06:55 UTC 版)

水素化ジイソブチルアルミニウム」の記事における「反応性」の解説

アルキン - シス付加してビニルアランを生じる。これを処理すればシスオレフィンが得られヨウ素処理すればヨウ化アルケニルとなる。 アルデヒド・ケトン - 還元されアルコール与える。α,β-不飽和ケトン選択的に 1,2-還元を受け、アリルアルコール誘導体与える。 エステル - 2当量用いればアルコールまで還元できる。低温で1当量だけ用いるとアルデヒド止めること可能だが、実際には過剰還元起こりやすく、残存エステルアルデヒド分離困難なケースが多い。このため、いったんアルコールまで還元し上でアルデヒド酸化するか、ワインレブアミド経由するのも有用な方法である。 ラクトン - ラクトール与える。エステルの場合と異なり、ほぼ完全にラクトール止めることができる。 アセタール - 一方アルコキシ基切断されエーテル与える。1,2-または1,3-ジオールアセタールとし、DIBAL処理する立体障害小さい方から還元進行し立体障害大きい方アルキル基が残る。これによりジオール区別して保護すること可能になるニトリル - 過剰量のDIBAL作用させるアミンにまで還元されるが、1当量だけ用いるとアルドイミンの段階止めることができる。これを酸処理すればアルデヒド選択的に得られる

※この「反応性」の解説は、「水素化ジイソブチルアルミニウム」の解説の一部です。
「反応性」を含む「水素化ジイソブチルアルミニウム」の記事については、「水素化ジイソブチルアルミニウム」の概要を参照ください。


反応性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/10 23:59 UTC 版)

フルオロベンゼン」の記事における「反応性」の解説

フルオロベンゼンは、炭素-フッ素結合強さのため、比較不活性な化合物である。しばしば有機溶媒として利用されるが、金属錯体結晶化させることがある

※この「反応性」の解説は、「フルオロベンゼン」の解説の一部です。
「反応性」を含む「フルオロベンゼン」の記事については、「フルオロベンゼン」の概要を参照ください。


反応性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/01 09:44 UTC 版)

シクロプロパベンゼン」の記事における「反応性」の解説

シクロプロパベンゼンでもっとも反応性の高い部位シクロプロパン環の単結合である。単結合ホモリシス起こしビラジカル生成する銀塩添加するホモリシス大きく促進される生成したビラジカルは分子内や溶媒などの水素引き抜き反応経て最終生成物与える。一方酸を加えると、架橋部にプロトン化した後、シクロプロパン環がヘテロリシス起こしてベンジルカチオン生成する。このカチオンは酸の共役塩基によってトラップされる。 ヨウ素加えると架橋部の二重結合に付反応した後、架橋部が開裂してジヨードシクロヘプタトリエンとなる。一方臭素との反応ではシクロプロパン環の単結合ホモリシス起こり、α,o-ジブロモトルエンとなる。

※この「反応性」の解説は、「シクロプロパベンゼン」の解説の一部です。
「反応性」を含む「シクロプロパベンゼン」の記事については、「シクロプロパベンゼン」の概要を参照ください。


反応性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/18 17:29 UTC 版)

ジシクロペンタジエン」の記事における「反応性」の解説

150°C以上で加熱すると、ジシクロペンタジエンは逆ディールス・アルダー反応により無機化学においてよく知られている配位子シクロペンタジエン与える。この反応可逆的であり室温ではシクロペンタジエンゆっくりと二量化ジシクロペンタジエン再生成される。 ジシクロペンタジエン水素化endo-テトラヒドロジシクロペンタジエンを与える。この化合物塩化アルミニウムと共に昇温すると転位反応起こしアダマンタンとなる。 ジシクロペンタジエン重合反応におけるモノマーであり、ノルボルネン二重結合のみを利用しエチレンあるいはスチレン共重合する。また開環メタセシス重合により、ポリジシクロペンタジエン(英語版)が得られる空気中酸化されることがあるため、抗酸化剤としてブチルヒドロキシトルエン(BHT)存在下で保管するのが一般的である。

※この「反応性」の解説は、「ジシクロペンタジエン」の解説の一部です。
「反応性」を含む「ジシクロペンタジエン」の記事については、「ジシクロペンタジエン」の概要を参照ください。


反応性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/30 23:42 UTC 版)

AGEs」の記事における「反応性」の解説

蛋白質通常リシン残基有するヒトの場合細胞核内のヒストンに最もリシンが多いので、そこに糖化蛋白質Nε-カルボキシメチルシリン(CML)が生ずる。 RAGE英語版)と呼ばれる受容体が、肺、肝臓腎臓血管内皮細胞平滑筋細胞免疫細胞など、多くの細胞発見されている。この受容体AGEs結合すると、アテローム性動脈硬化症気管支喘息関節炎心筋梗塞腎障害網膜症歯周病神経障害英語版)などの慢性の炎症発生する。これは転写因子カッパB(NF-κB)が活性化されることによるNF-κB炎症関連遺伝子コントロール関連している。

※この「反応性」の解説は、「AGEs」の解説の一部です。
「反応性」を含む「AGEs」の記事については、「AGEs」の概要を参照ください。


反応性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/15 15:40 UTC 版)

トリフルオロメタンスルホナート」の記事における「反応性」の解説

トリフラートアニオンはその安定性より良い脱離基として振る舞うため、求核置換反応鈴木カップリングヘック反応などの反応利用されるトリフルオロメタンスルホン酸のアルキルエステル(アルキルトリフラート)は、SN2 反応に対して非常に活性があるので、(例え水のような)求核剤の無い状態で保管する必要がある。 R − OTf   + Nu − ⟶ R − Nu   + TfO − {\displaystyle {\ce {R-OTf\ + Nu^- -> R-Nu\ + TfO^-}}} アルコールトリフルオロメタンスルホン酸エステル化用いられる反応試剤としては、トリフルオロメタンスルホン酸無水物 (Tf2O)、N-フェニルビス(トリフルオロメタンスルホンイミド)(= N,N-ビス(トリフルオロメチルスルホニル)アニリン)(PhNTf2) などがある。 R − OH   + Tf 2 O   + base ⟶ R − OTf {\displaystyle {\ce {R-OH\ + Tf2O\ + base -> R-OTf}}}

※この「反応性」の解説は、「トリフルオロメタンスルホナート」の解説の一部です。
「反応性」を含む「トリフルオロメタンスルホナート」の記事については、「トリフルオロメタンスルホナート」の概要を参照ください。


反応性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/18 00:51 UTC 版)

クムレン」の記事における「反応性」の解説

二重結合同士接近しているにもかかわらずクムレンの反応性は基本的に二重結合孤立したアルケンの反応性に近い。それは、隣接したπ結合軌道互いに直交しており共鳴がないためである

※この「反応性」の解説は、「クムレン」の解説の一部です。
「反応性」を含む「クムレン」の記事については、「クムレン」の概要を参照ください。


反応性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/24 16:23 UTC 版)

求核剤」の記事における「反応性」の解説

求核剤相対的な強さ求核性きゅうかくせい、nucleophilicity)という。求核性速度論的な現象指し酸性・塩基性に適用される熱力学的な指標とは異なっている。以下に求核剤分類とその求核性示した

※この「反応性」の解説は、「求核剤」の解説の一部です。
「反応性」を含む「求核剤」の記事については、「求核剤」の概要を参照ください。


反応性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/14 18:19 UTC 版)

トシル基」の記事における「反応性」の解説

アニオンTsO-はトシラートアニオンと呼ばれ負電荷が3個の酸素の上に非局在化して安定化している。そのため、トシルオキシ基TsO脱離能のよい置換基として振る舞うアルコールトシル化したトシラートエステルに求核剤作用させる下式のようにしてトシラートアニオンが脱離する求核置換反応起こる。この脱離性は母化合物ヒドロキシ基脱離に比べはるかに高い。 ROTs + Nu − ⟶ RNu + TsO − {\displaystyle {\ce {{ROTs}+ Nu^- -> {RNu}+ TsO^-}}}

※この「反応性」の解説は、「トシル基」の解説の一部です。
「反応性」を含む「トシル基」の記事については、「トシル基」の概要を参照ください。


反応性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/09 06:22 UTC 版)

求核置換反応」の記事における「反応性」の解説

SN1反応一般に第3炭素上、あるいはベンジル位アリル位起こる。カルボカチオン安定化なければ SN2反応優先して起こるためである。特にハロゲン化メチル CH3-X はほとんど SN1反応行わないR 3 C − X > R 2 CH − X ≫ RCH 2 − X ≫ CH 3 − X {\displaystyle {\ce {R3C-X>R2CH-X\gg RCH2-X\gg CH3-X}}} この反応性を利用して SN1反応第1級第2級、第3級アルコール検出使われる

※この「反応性」の解説は、「求核置換反応」の解説の一部です。
「反応性」を含む「求核置換反応」の記事については、「求核置換反応」の概要を参照ください。


反応性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/26 14:15 UTC 版)

ヘキサクロロブタジエン」の記事における「反応性」の解説

クロリノリシスの生成物は、反応起こ温度と圧力両方大きく依存するしたがって、塩素ガス存在下でこれらの反応条件調整することにより、ヘキサクロロブタジエンをさらに塩化してテトラクロロエチレンヘキサクロロエタン、オクタクロロブテン、さらにはデカクロロブタンを得ることができる。一般に化合物塩素置換基数を増やすと、毒性増するが、可燃性低下する炭素骨格開裂による塩素化熱力学的に好ましいのに対し塩素化 C4生成物はより低い温度と圧力好まれるヘキサクロロブタジエン3つのクロリノリシス生成物を以下の反応に示す。

※この「反応性」の解説は、「ヘキサクロロブタジエン」の解説の一部です。
「反応性」を含む「ヘキサクロロブタジエン」の記事については、「ヘキサクロロブタジエン」の概要を参照ください。


反応性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/02 22:58 UTC 版)

水素化アルミニウムリチウム」の記事における「反応性」の解説

LAHは非常に強力な還元剤である。水素化ホウ素ナトリウム(NaBH4)も還元剤として知られているが、LAHの方はるかに強力である。これは、Al-H結合が、B-H結合に比べて弱いためであるLAHは、エステルケトンアルデヒドアルコールへ、アミドニトリルニトロ化合物アミンへと還元するジエチルエーテルから再結晶した純粋なLAH白色固体であるが、市販品アルミニウム混入により灰色をしていることが多い。空気晒されても白色保っているものは、水蒸気反応した結果生成した水酸化リチウム水酸化アルミニウム表面覆っていると考えられるLAHはその塩基性強さから、アルコールのようなプロトン性溶媒激しく反応して下のように分解されるLiAlH 4 + 4 CH 3 OH ⟶ LiAl ( OCH 3 ) 4 + 4 H 2 {\displaystyle {\ce {LiAlH4 + 4 CH3OH -> LiAl(OCH3)4 + 4H2}}} LiAlH 4 + 4 H 2 O ⟶ Li + + Al ( OH ) 3 + OH − + 4 H 2 {\displaystyle {\ce {{LiAlH4}+4H2O->{Li^{+}}+{Al(OH)3}+{OH^{-}}+4H2}}}

※この「反応性」の解説は、「水素化アルミニウムリチウム」の解説の一部です。
「反応性」を含む「水素化アルミニウムリチウム」の記事については、「水素化アルミニウムリチウム」の概要を参照ください。


反応性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/26 23:07 UTC 版)

マンニッヒ塩基」の記事における「反応性」の解説

1級または2級アミンを持つマンニッヒ塩基追加アルデヒドおよび炭素酸反応してより大きな付加物HN(CH2CH2COR)2およびN(CH2CH2COR)3を与える。アンモニア脱離して、エナール英語版)およびエノン形成しうる。

※この「反応性」の解説は、「マンニッヒ塩基」の解説の一部です。
「反応性」を含む「マンニッヒ塩基」の記事については、「マンニッヒ塩基」の概要を参照ください。


反応性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/09 05:58 UTC 版)

トリフルオロメタンスルホン酸メチル」の記事における「反応性」の解説

この化合物は、接触する激しく加水分解する。 CF3SO2OCH3 + H2O → CF3SO2OH + CH3OH

※この「反応性」の解説は、「トリフルオロメタンスルホン酸メチル」の解説の一部です。
「反応性」を含む「トリフルオロメタンスルホン酸メチル」の記事については、「トリフルオロメタンスルホン酸メチル」の概要を参照ください。


反応性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/07 03:32 UTC 版)

酢酸エチル」の記事における「反応性」の解説

湿気水分)を含むものは徐々に加水分解し、酸が存在する加速するアルカリ水溶液中でけん化により加水分解する。酸触媒の場合は平衡反応あるため可逆であるが、アルカリ触媒の場合は加水分解のみが進行するCH 3 COOCH 2 CH 3 + OH − ⟶ CH 3 COO − + CH 3 CH 2 OH {\displaystyle {\ce {CH3COOCH2CH3 + OH^- -> CH_3COO^- + CH3CH2OH}}}

※この「反応性」の解説は、「酢酸エチル」の解説の一部です。
「反応性」を含む「酢酸エチル」の記事については、「酢酸エチル」の概要を参照ください。


反応性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/18 06:12 UTC 版)

活性エステル」の記事における「反応性」の解説

活性エステルは、主にアシル化剤として用いられる。非活性アナログと同様反応をするが、反応速度はより速い例えば、加水分解受けやすい傾向があるアミン反応してアミド形成する際の反応性の高さが注目されている

※この「反応性」の解説は、「活性エステル」の解説の一部です。
「反応性」を含む「活性エステル」の記事については、「活性エステル」の概要を参照ください。


反応性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/22 01:19 UTC 版)

ラクトール」の記事における「反応性」の解説

ラクトール以下に示すような様々な化学反応関与する酸化によるラクトン形成 アルコール反応しアセタール形成糖とアルコールあるいはその他の求核剤との反応によってグリコシド形成される還元脱酸素化)による環状エーテル形成

※この「反応性」の解説は、「ラクトール」の解説の一部です。
「反応性」を含む「ラクトール」の記事については、「ラクトール」の概要を参照ください。


反応性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/22 04:06 UTC 版)

二フッ化二酸素」の記事における「反応性」の解説

二フッ化二酸素包括的な性質は、すべての反応が-100 付近行われなければならないにもかかわらず激しく反応する、その酸化力にある。BF3 や PF5 と反応させると、対応するジオキシゲニル塩を与える。 2 O 2 F 2 + 2 PF 5 ⟶   2 [ O 2 ] + [ PF 6 ] − + F 2 {\displaystyle {\ce {{2O2F2}+2PF5->\ {2[O2]^{+}[PF6]^{-}}+F2}}} また、ウラン酸化物プルトニウム酸化物対応する六フッ化物変化させる

※この「反応性」の解説は、「二フッ化二酸素」の解説の一部です。
「反応性」を含む「二フッ化二酸素」の記事については、「二フッ化二酸素」の概要を参照ください。


反応性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/16 06:06 UTC 版)

三フッ化窒素」の記事における「反応性」の解説

三フッ化窒素助燃性がある。

※この「反応性」の解説は、「三フッ化窒素」の解説の一部です。
「反応性」を含む「三フッ化窒素」の記事については、「三フッ化窒素」の概要を参照ください。


反応性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/28 03:05 UTC 版)

ダチョウ抗体」の記事における「反応性」の解説

通常の抗体使用されるウサギマウス抗体に比べウイルス細菌真菌寄生虫などの病原体や、毒素酵素無害化する効力極めて高い。また、冷凍、熱、酸、アルカリに対する耐性強く活性失わない真空保存であれば10年近く活性失わず維持することも可能である

※この「反応性」の解説は、「ダチョウ抗体」の解説の一部です。
「反応性」を含む「ダチョウ抗体」の記事については、「ダチョウ抗体」の概要を参照ください。


反応性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/23 08:51 UTC 版)

ケトン」の記事における「反応性」の解説

化学的に比較安定であるが、グリニャール試薬有機リチウムなど、求核性の強い有機金属とは反応し続いて酸で加水分解する第三級アルコール得られる。 R − C ( = O ) − R ′ + R ″ MgBr ⟶ RR ′ R ″ C − OH {\displaystyle {\ce {R-C(=O)-R' + R''MgBr -> RR'R''C-OH}}} (加水分解後) また、水素化アルミニウムリチウムボランなどで還元する第二級アルコールになり、クレメンゼン還元ウォルフ・キッシュナー還元ではメチレン化合物 R-CH2-R' になる。 R − C ( = O ) − R ′ + LiAlH 4 {\displaystyle {\ce {R-C(=O)-R' + LiAlH4}}} など ⟶ RRCHOH {\displaystyle {\ce {-> RR'CH-OH}}} クレメンゼン還元触媒下に2分子アルコール脱水縮合させるとアセタール得られ、これはケトン保護法のひとつである。 R − C ( = O ) − R ′ + 2 ROH + H +RR ′ C ( OR ″ ) 2 {\displaystyle {\ce {R-C(=O)-R' + 2 R''OH + H^+ -> RR'C(OR'')2}}} ウィッティヒ反応マクマリー反応により、アルケン変えることができる。 ウィッティヒ反応 ほか、アルドール縮合バイヤー・ビリガー酸化シュミット反応ヴィルゲロット反応など、ケトン基質とする化学反応数多い

※この「反応性」の解説は、「ケトン」の解説の一部です。
「反応性」を含む「ケトン」の記事については、「ケトン」の概要を参照ください。


反応性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/04/30 12:10 UTC 版)

シラベンゼン」の記事における「反応性」の解説

ベンゼン比べると反応性ははるかに高い。1-(Tbt)SiC5H5 に室温作用させる付加体 1-(Tbt)(HO)SiC5H6 に変わる。ほか、メタノールC=C、C≡C、C=O 化合物とも付加反応起こす

※この「反応性」の解説は、「シラベンゼン」の解説の一部です。
「反応性」を含む「シラベンゼン」の記事については、「シラベンゼン」の概要を参照ください。


反応性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/18 14:58 UTC 版)

フルオロ酢酸メチル」の記事における「反応性」の解説

MFA求核試薬によるフッ素置換耐性あるため他のハロゲンClBrに比べC-F結合安定性が高い。他のハロゲン化酢酸タンパク質が持つチオール基反応するより強力なアルキル化剤なのに対し、これはMFAでは発生せず独特の毒性作用を示す。さらにMFAは、毒性持ちMFAと同様生体内変化を示すフルオロ酢酸化合物誘導体である。

※この「反応性」の解説は、「フルオロ酢酸メチル」の解説の一部です。
「反応性」を含む「フルオロ酢酸メチル」の記事については、「フルオロ酢酸メチル」の概要を参照ください。


反応性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/11/10 08:19 UTC 版)

ジブチルエーテル」の記事における「反応性」の解説

エーテル結合酸化剤、弱い還元剤塩基に対して非常に安定である。しかし、濃酸(HIHBrなど)の存在下では開裂起こし第1級ハロゲン化ブチル1-ブタノール生成する。さらに反応進めると、第2ハロゲン化ブチル生成しうる。 酸素存在下でジブチルエーテル放置する徐々に酸化されて、爆発性のペルオキシドヒドロペルオキシド生成する

※この「反応性」の解説は、「ジブチルエーテル」の解説の一部です。
「反応性」を含む「ジブチルエーテル」の記事については、「ジブチルエーテル」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「反応性」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「反応性」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「反応性」の関連用語

反応性のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



反応性のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
国立医薬品食品衛生研究所国立医薬品食品衛生研究所
COPYRIGHT (C) 2023 National Institute of Health Sciences ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのベンザイン (改訂履歴)、フェニルボロン酸 (改訂履歴)、三酸化テルル (改訂履歴)、ギルマン試薬 (改訂履歴)、五硫化二リン (改訂履歴)、リチウムジイソプロピルアミド (改訂履歴)、ロンギホレン (改訂履歴)、臭化フェニルマグネシウム (改訂履歴)、β-ラクタム (改訂履歴)、オキサゾール (改訂履歴)、硫化カルシウム (改訂履歴)、求核置換反応 (改訂履歴)、ウォルシュ・ダイアグラム (改訂履歴)、水素化ジイソブチルアルミニウム (改訂履歴)、フルオロベンゼン (改訂履歴)、シクロプロパベンゼン (改訂履歴)、ジシクロペンタジエン (改訂履歴)、AGEs (改訂履歴)、トリフルオロメタンスルホナート (改訂履歴)、クムレン (改訂履歴)、求核剤 (改訂履歴)、トシル基 (改訂履歴)、ヘキサクロロブタジエン (改訂履歴)、水素化アルミニウムリチウム (改訂履歴)、マンニッヒ塩基 (改訂履歴)、トリフルオロメタンスルホン酸メチル (改訂履歴)、酢酸エチル (改訂履歴)、活性エステル (改訂履歴)、ラクトール (改訂履歴)、二フッ化二酸素 (改訂履歴)、三フッ化窒素 (改訂履歴)、ダチョウ抗体 (改訂履歴)、ケトン (改訂履歴)、シラベンゼン (改訂履歴)、フルオロ酢酸メチル (改訂履歴)、ジブチルエーテル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS