化学合成とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 生物学用語 > 化学合成の意味・解説 

か がくごうせい くわ-がふ- [4] 【化学合成】

化学反応によって目的化合物をつくること。
細菌類光合成によらないで、無機物質酸化反応結果生じるエネルギー用いて二酸化炭素から有機物合成すること。

化学合成

英訳・(英)同義/類義語:chemical synthesis, chemosynthesis

酵素などの生命反応利用しない合成手法総称光合成とは異なり無機物酸化に伴うエネルギー利用して炭酸同化する過程

化学合成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/02/04 18:58 UTC 版)

化学において、化学合成(かがくごうせい、chemical synthesis)とは、化学反応を駆使して目的の化合物を作ること。多くの場合、目的物が得られるまで数段階の化学反応が用いられ、その各段階に付随して、化学的・物理的な単離精製分析が行われる。得られた結果については、他の実験者による再現性があり、検証することができ、また確立されたものであることが求められる。




「化学合成」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「化学合成」の関連用語

化学合成のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



化学合成のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JabionJabion
Copyright (C) 2019 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの化学合成 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS