吸収とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 吸収 > 吸収の意味・解説 

きゅう‐しゅう〔キフシウ〕【吸収】

[名](スル)

吸い取ること。「汗を—する」

から内に取入れて自分のものにすること。「知識を—する」「大資本に—される」

音や光・粒子線などが物質通過するとき、そのエネルギー粒子物質中に取り込まれ失われること。また、気体液体固体内部に取り込まれること。

生物体生体膜を通して物質内部に取り入れること。特に、栄養素消化管壁の細胞膜を通して血管リンパ管中に取り入れることをいい、主に小腸行われる植物では根から水分などを吸い入れることをいう。


吸収

移民目的地条件適応する過程数種類分けられる。すなわち、帰化(331-1)、つまり法的市民権獲得、吸収 1、つまり入移民国の経済的生産活動への参加同化 3、つまり一般市民と平等の立場での社会的構造への統合文化的適応 2、つまり到着地人々習慣価値に従い適応することである。


吸収

【英】Resorption
読み方きゅうしゅう

胚または胎盤形成後の胚の発生止まり、吸収あるいは吸収されつつある状態。

吸収

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/27 08:49 UTC 版)

吸収(きゅうしゅう)(英語: Absorption)




「吸収」の続きの解説一覧

吸収(きゅうしゅう)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 04:02 UTC 版)

奈落融合相当する魍魎丸の技。触手捕えた妖怪自身攻撃する相手妖力文字通り吸収する。この力で冥王殺生丸攻撃犬夜叉金剛槍破取り込めるが、魍魎丸の外側のみ有効で奈落はこの弱点突いて内部から魍魎丸を逆に吸収してしまった。

※この「吸収(きゅうしゅう)」の解説は、「犬夜叉の登場人物」の解説の一部です。» 「犬夜叉の登場人物」の概要を見る


吸収(きゅうしゅう)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 04:02 UTC 版)

奈落融合相当する魍魎丸の技。触手捕えた妖怪自身攻撃する相手妖力文字通り吸収する。この力で冥王殺生丸攻撃犬夜叉金剛槍破取り込めるが、魍魎丸の外側のみ有効で奈落はこの弱点突いて内部から魍魎丸を逆に吸収してしまった。

※この「吸収(きゅうしゅう)」の解説は、「犬夜叉の登場人物」の解説の一部です。» 「犬夜叉の登場人物」の概要を見る


吸収 (Power absorption)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/18 10:11 UTC 版)

対象に手を直接触れることで他人能力吸収し自分のものにできる。ピーター能力とは違い、力を奪われた者は能力使えなくなるが、サイラー違い相手殺さず能力を得ることができる。半死状態以前から能力持っており、マットなと同じように記憶操作なども持っている模様

※この「吸収 (Power absorption)」の解説は、「HEROESの登場人物」の解説の一部です。» 「HEROESの登場人物」の概要を見る


吸収 (Power absorption)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/18 10:11 UTC 版)

対象に手を直接触れることで他人能力吸収し自分のものにできる。ピーター能力とは違い、力を奪われた者は能力使えなくなるが、サイラー違い相手殺さず能力を得ることができる。半死状態以前から能力持っており、マットなと同じように記憶操作なども持っている模様

※この「吸収 (Power absorption)」の解説は、「HEROESの登場人物」の解説の一部です。» 「HEROESの登場人物」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

吸収

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 11:29 UTC 版)

名詞

きゅうしゅう

  1. 吸い取ること。
  2. 外部から取り入れ内部収めること。

発音(?)

きゅ↗-しゅー

動詞

活用

サ行変格活用
吸収-する

「吸収」の例文・使い方・用例・文例




吸収と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「吸収」に関係したコラム

  • 株式の成行注文と指値注文の使い分け方

    株式の注文方法はさまざまな種類があります。その中でも、成行注文と指値注文はよく使われる注文方法です。この2つの注文方法をうまく使い分けることによって、効率の良い株式投資ができます。ここでは、株式の成行...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

吸収のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



吸収のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
コンテンツはAttribution-Share Alike 3.0 Unportedのライセンスで利用することができます。
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2022 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
国立医薬品食品衛生研究所国立医薬品食品衛生研究所
COPYRIGHT (C) 2022 National Institute of Health Sciences ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの吸収 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの犬夜叉の登場人物 (改訂履歴)、犬夜叉の登場人物 (改訂履歴)、HEROESの登場人物 (改訂履歴)、HEROESの登場人物 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの吸収 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS