合成とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > 合成 > 合成の意味・解説 

ごう‐せい〔ガフ‐〕【合成】


合成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/20 03:39 UTC 版)

合成(ごうせい)は複数のものをひとつにすること。コンポジションcomposition)やシンセシスsynthesis)の訳。




「合成」の続きの解説一覧

合成(1960年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/14 14:52 UTC 版)

二酸化アメリシウム」の記事における「合成(1960年)」の解説

オークリッジ国立研究所により説明されている二酸化アメリシウムの合成には、アメリシウム塩酸に加え溶液作り水酸化アンモニウム(NH4OH)を使用して酸を中和することが含まれる水酸化アンモニウム使用して中和した後、中和された溶液飽和シュウ酸溶液加える。これにより大きなシュウ酸アメリシウム結晶成長を始める。完全な沈殿生じたら次にシュウ酸加え再びスラリーを得る。次にシュウ酸アメリシウムスラリーシュウ酸攪拌してからシュウ酸アメリシウム濾過し洗浄し空気流して部分的に乾燥させるオークリッジ国立研究所研究者濾過されシュウ酸アメリシウムは「埃っぽいバラ色」の見た目であると指摘した次にシュウ酸アメリシウム白金ボートに加えて煆焼する。シュウ酸アメリシウム沈殿物は炉で乾燥され350分解し始める。分解始まるとシュウ酸塩所望黒色二酸化アメリシウム変化する新たに形成される二酸化物シュウ酸残っていないことを確実にするために、オーブン温度上げて800保ちその後ゆっくりと室温まで冷却する

※この「合成(1960年)」の解説は、「二酸化アメリシウム」の解説の一部です。
「合成(1960年)」を含む「二酸化アメリシウム」の記事については、「二酸化アメリシウム」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「合成」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

合成

出典:『Wiktionary』 (2021/10/30 23:35 UTC 版)

名詞

ごうせい

  1. 複数のものを合わせて一つにすること。
  2. 複数元素化合物から化合物作ること。
  3. 複数ベクトル加え合わせ一つベクトルを得ること。

発音(?)

ご↗ーせー

類義語

複合語

動詞

活用


「合成」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



合成と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「合成」に関係したコラム

  • 株式の投資基準とされる売上高伸び率とは

    株式の投資基準とされる売上高伸び率とは、企業の予想売上高が最新の売上高の何パーセント増加しているかを表したものです。予想売上高が伸びればその分、株価も上昇するのが一般的とされています。売上高伸び率は、...

  • ETFの銘柄一覧

    ETFの銘柄数は2012年9月の時点で約140あります。そして、いずれの銘柄にも価格の連動となる対象の商品があります。ここでは、ETFの銘柄をジャンルごとに紹介します。表の「コード」は株式コード、「市...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「合成」の関連用語

合成のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



合成のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの合成 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの二酸化アメリシウム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの合成 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS