作文とは?

さく‐ぶん【作文】

[名](スル)

文章書くことまた、その文章

小・中学校などで、国語教育一環として児童生徒文章書くことまた、その文章。綴(つづ)り方。

形式的には整っていても、内容のとぼしい文章。または、事実ありのまま書かず、内容書き換え文章。「お役所の作文のような報告書」「陳述書を作文する」


さく‐もん【作文】

漢詩作ること。

学生(がくしゃう)どもを集めて、—してゐたりけるに」〈今昔二八二九

文章作ること。さくぶん

「—に名を得し難波西鶴も、五十二にて一期終り」〈鶉衣・嘆老辞〉


さく‐ぶん【作文】

〔名〕

文章作ること。また、作った文章

文明本節用集室町中)「作文 サクブン」〔陸機文賦

国語科教育一分野で、児童生徒文章作ること。綴り方

郊外1900)〈国木田独歩〉二「生徒清書点検したり、作文を観たり、出席簿調べたり

比喩的に、文章として一応まとまってはいるが、内容実質伴わないもの。

憲法講話1967)〈宮沢俊義〉五「いたずらに高い理想をかかげただけで、実際は『作文』に終る恐れきわめて大きい」

④ ⇒さくもん(作文)


さく‐もん【作文】

〔名〕

漢詩作ること。詩作

九暦九暦抄・天暦三年(949)二月一一日「院花宴事、有音楽、作文等、御参事」

徒然草1331頃)一「ありたき事は、まことし文の道、作文、和歌管絃の道」

一般に、文章作ること。さくぶん

俳諧鶉衣172779)後「作文(サクモン)に名を得し難波西鶴五十二にて一期終り


つくり‐ぶみ【作文】

〔名〕 内容をいつわって書いた手紙また、人の名をかたって書いた手紙。にせの手紙。

玉塵抄(1563)二七「後に詔があったやらつくりふみをしたやら詔書ありめしださるると云て人間へでて」


作文

作者大仏次郎

収載図書冬の紳士
出版社講談社
刊行年月1995.3
シリーズ名大衆文学


作文

作者ルネ・ゴシニ

収載図書プチ・ニコラ まいごになる―かえってきたプチ・ニコラ 3
出版社偕成社
刊行年月2006.12


作文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/11 06:25 UTC 版)

作文(さくぶん)とは、ある情報を伝達することを目的として、文章を順序立てて作製する行為である。人間言語活動の中でも特に論理性や構造性が最も問われるものであると考えられる。


  1. ^ 国史大辞典』「作文」(執筆:小沢正夫)・『平安時代史事典』「作文」(執筆:川口久雄)より。


「作文」の続きの解説一覧

作文

出典:『Wiktionary』 (2019/06/06 13:39 UTC 版)

名詞

  1. さくぶんさくもん文章書くことまた、その文章
  2. さくぶん国語教育一環として文章書くことまた、その文章
  3. さくぶん形式整っているが内容乏しい文章つじつま合わせのために虚偽を記した文章。またそのような文章書くこと
  4. さくもん漢詩作ること。

発音

さ↗くぶん

動詞

活用

サ行変格活用
作文-する



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「作文」の関連用語

作文のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



作文のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの作文 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの作文 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS