国史大辞典_(昭和時代)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 国史大辞典_(昭和時代)の意味・解説 

国史大辞典 (昭和時代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/02/06 21:10 UTC 版)

國史大辭典(こくしだいじてん)とは、昭和54年(1979年)から平成9年(1997年)にかけて吉川弘文館から刊行された、日本で最大級の歴史百科事典である。四六倍判で全15巻(17冊)、総収録項目数は54000余である。各巻は平均して1000ページ、うち平均150ページは原色図版など。第45回菊池寛賞を受賞した。


  1. ^ 吉川弘文館「完結にあたって」(『国史大辞典』第15巻下付録史窓余話、1997年、20ページ。)
  2. ^ なお、1996年に刊行された15巻上にある「補遺」には坂本太郎の項目が存在しており、『国史大辞典』編纂が業績の1つに挙げられている。
  3. ^ 平田耿二・戸川点「古代史の原点と論点」(中尾堯・村上直・三上昭美編『日本史論文の書き方 レポートから卒業論文まで』吉川弘文館、1992年。39ページ。〈ISBN 4-642-07291-8〉)
  4. ^ 中川壽之「備えたい事典と辞典」(中尾堯・村上直・三上昭美編『日本史論文の書き方 レポートから卒業論文まで』吉川弘文館、1992年、236 - 237ページ。〈ISBN 4-642-07291-8〉)
  5. ^ a b 丸谷才一「しぶしぶ批判する」(『国史大辞典』第15巻上付録史窓余話、1996年、1 - 3ページ。)
  6. ^ a b 角田文衞「望蜀の想い」(『国史大辞典』第15巻下付録史窓余話、1997年、15 - 16ページ。)


「国史大辞典 (昭和時代)」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「国史大辞典_(昭和時代)」の関連用語

国史大辞典_(昭和時代)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



国史大辞典_(昭和時代)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの国史大辞典 (昭和時代) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS