徳大寺実則とは?

徳大寺実則

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/26 04:01 UTC 版)

徳大寺 實則(とくだいじ さねつね、天保10年12月6日1840年1月10日) - 1919年大正8年)6月4日)は、幕末から明治期の公卿官僚宮内卿内大臣明治天皇侍従長等を務めた。栄典従一位大勲位公爵東山天皇男系六世子孫である。




  1. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』付録「近代有名人の死因一覧」(吉川弘文館、2010年)19頁
  2. ^ 『官報』第4931号「叙任及辞令」1899年12月7日。
  3. ^ 『官報』第307号「叙任及辞令」1884年7月8日。
  4. ^ 『官報』第1928号「叙任及辞令」1889年11月30日。
  5. ^ 『官報』第3684号「叙任及辞令」1895年10月8日。
  6. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1907年1月28日。
  7. ^ 『官報』第7578号・付録「辞令」1908年9月28日。
  8. ^ 『官報』第7779号「叙任及辞令」1909年6月2日。
  9. ^ 『官報』第8347号「授爵・叙任及辞令」1911年4月22日。
  10. ^ 『官報』第205号・付録「辞令」1913年4月9日。
  11. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。
  12. ^ 『官報』第554号「賞勲叙任」1885年5月9日。
  13. ^ 『官報』第569号「賞勲」1885年5月27日。
  14. ^ 『官報』第879号「叙任及辞令」1886年6月8日。
  15. ^ 『官報』第2378号「叙任及辞令」1891年6月5日。
  16. ^ 『官報』第7497号「叙任及辞令」1908年6月24日。
  17. ^ 『官報』第7600号「叙任及辞令」1908年10月24日。
  18. ^ a b 八幡和郎「今上天皇に血統の近い知られざる『男系男子』たち」『新潮45』36巻1号、新潮社2017年1月18日、42頁。


「徳大寺実則」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「徳大寺実則」の関連用語

徳大寺実則のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



徳大寺実則のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2019 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの徳大寺実則 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS