大勲位菊花章頸飾とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 評価・級 > 栄典 > 勲章 > 日本の勲章 > 大勲位菊花章頸飾の意味・解説 

【大勲位菊花章頚飾】(だいくんいきっかしょうけいしょく)

Collar of the Supreme Order of the Chrysanthemum

日本における勲章のうち、最高位勲章
1888明治21)年の勅令制定され、現在においてもその格は変わっていない
日本における勲章唯一の頚飾すなわち首飾りであり、唯一全ての構成部品純金製で副章純銀)をあわせると約0.5kgほどの重量になる。
このため原価も非常に高い。

外国元首などへの儀礼叙勲除けば、この勲章叙勲を受ける人間は、1ランク下の「大勲位菊花大綬章」の叙勲を受け、さらに卓越した功績を残した人間に限るため、天皇皇族除けば現在まで13名と少なく、さらに生前叙勲を受けた人間は6名と少ない。

戦前で叙勲を受けた日本軍人

皇族を含む

氏名階級受賞年月日備考
有栖川宮熾仁親王陸軍大将1895(明治28)年1月16日皇族 没後受勲
小松宮彰仁親王元帥陸軍大将1895(明治28)年8月5日皇族
北白川宮能久親王陸軍大将1895(明治28)年11月1日皇族 日清戦争マラリア戦病死薨去同時に受章
大山巌元帥陸軍大将1906(明治39)年4月1日4・6代参総長満州軍総司令官 など
山県有朋元帥陸軍大将3・9内閣総理大臣 など
有栖川宮威仁親王元帥海軍大将1913(大正2)年7月7日皇族 没後受勲
桂太郎陸軍大将1913(大正2)年10月10日111315内閣総理大臣 など 死没数時間前で叙勲
伏見宮貞愛親王元帥陸軍大将1916(大正5)年1月19日皇族
閑院宮載仁親王元帥陸軍大将1921(大正10)年9月24日皇族
東伏見宮依仁親王元帥海軍大将1922(大正11)年6月27日皇族 没後受勲
東郷平八郎元帥陸軍大将1924大正15)年11月11日3・4連合艦隊司令長官 など
久邇宮邦彦王元帥陸軍大将1929(昭和4)年1月27日没後受勲 香淳皇后実父
山本権兵衛海軍大将1933(昭和8)年12月9日没後受勲 第1622内閣総理大臣
伏見宮博恭王元帥海軍大将1934(昭和9)年4月29日皇族
梨本宮守正王元帥陸軍大将1940(昭和15)年4月29日皇族
 

菊花章

我が国勲章種類(菊花章)

大勲位菊花章

 大勲位菊花章は、我が国の最高位勲章であり、明治9年大勲位菊花大綬章制定され、同21年に大勲位菊花章頸飾が制定されました。勲章デザインは、国旗である「日の丸」を象徴する日章中心に光線旭光)を配し、回り菊花を配したもので、鈕※1(章と綬の間にあるもの)には菊花用いています。
 また、頸飾制定元号である「明」「治」の二字を古篆字※2で飾り菊花が配されています。

 【参考】 旭光デザインは「旭日昇天」の意気を示すものと言われています。

  ※1 紐・・・ちゅう
  ※2 古篆字・・・こてんじ

大勲位菊花章頸飾

Collar of the Supreme Order of the Chrysanthemum

大勲位菊花章頸飾

大勲位菊花大綬章副章右下)・略綬左下

Grand Cordon of the Supreme Order of the Chrysanthemum

大勲位菊花大綬章



大勲位菊花章頸飾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/02/19 10:38 UTC 版)

大勲位菊花章頸飾(だいくんいきっかしょうけいしょく、: Collar of the Supreme Order of the Chrysanthemum)は、日本の勲章の一つで、最高位に位置する。




[ヘルプ]
  1. ^ a b c 1928年(昭和3年)、国立公文書館所蔵(請求番号:寄贈02115100)。
  2. ^ 関係する条項は以下、第二条 大勲位菊花章頸飾ハ大勲位ニ叙セシ者ニ特別之ヲ賜フ、第二項 菊花菊葉ノ形ト明治二字古篆文ヲ以テ飾ル。
  3. ^ 2003年(平成15年)の栄典制度改革までは、「大勲位」という勲等に叙した者に対して「菊花章頸飾」という勲章を授与するという形式で、「勲等」と「勲章」に分けられていた(他の勲等・勲章についても同じ)。しかし、栄典制度改革により、「勲等」に叙するという形式を省略し、「勲章」を授与する形式に改められた。なお、制度改正までの受章者は、引き続き勲等・勲章とを分けた状態で有しているものと扱われる(平成14年改正政令附則2項 この政令による改正前の規定により授与された勲章及び平成十五年十一月二日以前の日付をもって授与される勲章については、改正前の規定は、なおその効力を有する)。また、大勲位菊花章頸飾については「大勲位ニ叙セシ者ニ特別之ヲ賜フ」と定められている(宝冠章及大勲位菊花章頸飾ニ関スル件2条1項)ことから、引き続き「大勲位」という勲等は存続しているものとも解される。
  4. ^ 制定から数年間は金位900の地金で製造されていた。また宝冠章も1940年代頃の物までは金製であった
  5. ^ 宝冠大綬章(旧勲一等宝冠章)も、正章に108個、副章には209個もの天然真珠を使っているため、大勲位菊花章頸飾と並んで高価な勲章であり、ほぼ女性の皇族・外国王族用である。
  6. ^ 賞勲局の職員から聞いた話では、昭和天皇があるとき「(親授式で)長く立っているのは苦にならないが、はやく(親授式を)終えてこの重い勲章を外したいよ」と漏らしたという(川村晧章『勲章みちしるべ』、135項、青雲書院、1985年)。また、2つ以上の勲章を佩用するための燕尾服はそれ専用に左右の型紙が違い、右側のアームホールが小さく出来ており、副章の佩用で左側がずり落ちるのを防止している。副章が2つのみなのは、高齢となった今上天皇への配慮もあると思われる。
  7. ^ 明治の制定初期のみ、箱の表記が「大勲位菊花頸飾章」となっていた。
  8. ^ 皇太子時代の大正天皇や李王純宗などの写真には、菊花章頸飾に菊花大綬章の正章を佩用した例も見られる。
  9. ^ 2017年現在、日本で佩用しているのは今上天皇のみである。
  10. ^ a b c d e 君塚直隆著『女王陛下のブルーリボン ガーター勲章とイギリス外交』、NTT出版、2004年(平成16年)
  11. ^ a b 外交史料Q&A・大正期、外務省外交史料館。
  12. ^ 外国人叙勲受章者名簿・平成26年、外務省。
  13. ^ 外国人叙勲受章者名簿・平成22年、外務省。
  14. ^ アブドッラー・ヨルダン国王訪日に際しての日本・ヨルダン共同プレス・ステイトメント、外務省。


「大勲位菊花章頸飾」の続きの解説一覧





大勲位菊花章頸飾と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「大勲位菊花章頸飾」の関連用語

大勲位菊花章頸飾のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

アレスティングフック

可変後退翼

ハードポイント

F-22

テイルスライド

クリーン

オートジャイロ

早期警戒機





大勲位菊花章頸飾のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
内閣府内閣府
Copyright © Cabinet Office, Government of Japan. All Rights Reserved.
日本の勲章・褒章
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの大勲位菊花章頸飾 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS