山本権兵衛とは?

山本權兵衛

山本權兵衛
総理在職期間
[第1次]大 2. 2.20~大 3. 4.16421
[第2次]大12. 9. 2~大13. 1. 7128日
在職通算日数549
総理就任時年齢:60歳・70歳

山本権兵衛 やまもと ごんべえ

山本権兵衛の肖像 その1
山本権兵衛の肖像 その2
嘉永5年10月15日昭和8年12月8日 (1852~1933)

鹿児島生まれ。海軍軍人、政治家。父は鹿児島藩士。戊辰戦争従軍明治7年(1874)年、海軍兵学寮卒。天城高雄高千穂艦長海軍省主事大本営海軍大臣副官等を歴任25年(1892)海軍軍令部陸軍参謀本部から独立させることを企図し、翌年実現した。28年(1895)海軍省軍務局長以後、第2次山県、第4次伊藤、第1次の各内閣海相をつとめ、37年(1904)大将大正2年(1913)首相となるがシーメンス事件により辞職12年(1923)再び首相となるが、虎ノ門事件により辞職した。

キーワード 海軍軍人, 政治家, 首相

(注:この情報は、国立国会図書館ホームページ内の「近代日本人の肖像」の内容を転載しております掲載内容の複製については、国立国会図書館の許諾を得る必要があります。)

山本権兵衛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/05/31 15:28 UTC 版)

山本 権兵衛(やまもと ごんのひょうえ、1852年11月26日嘉永5年10月15日) - 1933年昭和8年)12月8日)は、日本武士海軍軍人政治家階級位階勲等功級爵位海軍大将従一位大勲位功一級伯爵。 元来は「ごんべえ」であるが、進水式で祝詞用に神主がつけた名前で宮中でも使用した「ごんのひょうえ」を公称としていた。




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 年齢資格未満であったが、身体壮健であり年齢を偽って志願した
  2. ^ 西郷従道や東郷平八郎は同じ町内の出身であり、深いつながりがある。
  3. ^ 後の東京大学の前身であり、江藤淳によれば、東京大学の同窓生名簿にも明記されている。
  4. ^ 1870年(明治3年)に海軍兵学寮と改称。
  5. ^ 鎌田芳朗著『海軍兵学校物語』(原書房・P160)。なお中澤佑刊行会編『海軍中将 中澤佑』(原書房・P230)では38名中15番となっている。山本が在籍していた頃の兵学寮は、2度に渡り多数の退寮者が出た。合計260名である。最初に137名が退寮したときの残生徒は44名である。内訳は幼年生徒15名、壮年生徒29名。この中から少尉補になったものは1期生2名、2期生3名。山本は唯一人の幼年生徒出身である。なお兵学校には品行方正なものに章(賞)を与える制度があったが、山本はその第一号である。アジア歴史資料センターレファレンスコード(C09112216000)で少尉補時代の山本の成績を一部参照することができる。
  6. ^ その後、榎本武揚は海軍卿を更迭され、山本は約5ヶ月間の非職から復帰した。
  7. ^ 江藤淳によれば大山巌は、島国の陸軍である以上、まず海軍がよろしいと言うまで、陸軍を大陸に送る作戦は行わないと後々まで発言した。
  8. ^ 司馬遼太郎は、「日本海軍のオーナー」という言葉で評している。
  9. ^ 日露戦争中、陸軍では弾丸が足りなくなるということもあったが、海軍では十分に用意されており、二百三高地では海軍砲を弾丸をつけて陸軍へ貸与することもあった。
  10. ^ 値段はそれ以外の石炭の数倍するが、燃費が良く、煙突から出る煙が白く、対してロシア艦艇は安物の石炭で燃費が悪く、速度が遅くなり、また煙突から黒い煙が出るので、砲撃の目標になり易かった。
  11. ^ このことは後々まで陸軍の反発をまねき、山縣有朋は山本の元老への話が出ても何も言及しなかった。
  12. ^ 開戦派の批判に耐え切れず勝てる見込みもないのに開戦に同意した後の大東亜戦争の海軍首脳と比較して、後に賞賛されることになった
  13. ^ 西郷従道は総理への就任を早くから辞退し、海軍出身の総理はいなかった
  14. ^ これを改悪して、陸軍の横暴を再び発生させたのが広田弘毅であり、後にA級戦犯として処刑された唯一の文官となる要因でないかと、渡部昇一は推測している。もっとも、山本の後継内閣に指名された清浦奎吾は現役武官の海軍大臣が得られず、軍部大臣現役武官制廃止に反対していたこともありに組閣出来ずに大命を拝辞している。詳しくは清浦奎吾鰻香内閣を参照。
  15. ^ 『官報』第534号、大正3年5月12日。伊藤正徳は「大海軍を想う」において、「山本が予備役にならなければ間違いなく元帥になっていたろうし、そうなれば艦隊派条約派の対立も雲行きが変わっていただろう。いかにも惜しかった」と述べている。

出典

  1. ^ 永井和 1997, p. 117.
  2. ^ 永井和 1997, p. 117-118.
  3. ^ a b 永井和 1997, p. 120.
  4. ^ 永井和 1997, p. 122.
  5. ^ 永井和 1997, p. 124.
  6. ^ a b 永井和 1997, p. 126.
  7. ^ 永井和 1997, p. 139.
  8. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』(吉川弘文館、2010年)337頁
  9. ^ 『官報』第775号「叙任及辞令」1886年2月4日。
  10. ^ 『官報』第2541号「叙任及辞令」1891年12月17日。
  11. ^ 『官報』第3582号「叙任及辞令」1895年6月10日。
  12. ^ 『官報』第4483号「叙任及辞令」1898年6月11日。
  13. ^ 『官報』第4636号「叙任及辞令」1898年12月12日。
  14. ^ 『官報』第6148号「叙任及辞令」1903年12月28日。
  15. ^ 『官報』第8257号「叙任及辞令」1910年12月28日。
  16. ^ 『官報』第2085号「叙任及辞令」1933年12月12日。
  17. ^ 『官報』第1936号「叙任及辞令」1889年12月10日。
  18. ^ 『官報』第3644号「叙任及辞令」1895年8月21日。
  19. ^ 『官報』第3838号・付録「辞令」1896年4月18日。
  20. ^ 『官報』第5098号「叙任及辞令」1900年7月2日。
  21. ^ 『官報』第5548号「叙任及辞令」1901年12月28日。
  22. ^ 『官報』第5593号「叙任及辞令」1902年2月28日。
  23. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1907年1月28日。
  24. ^ 『官報』第7272号「授爵敍任及辞令」1907年9月23日。
  25. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。
  26. ^ 『官報』号外「授爵・叙任及辞令」1928年11月10日。
  27. ^ 『官報』第1499号・付録「辞令二」1931年12月28日。
  28. ^ 『官報』第2085号「叙任及辞令」1933年12月12日。
  29. ^ 『官報』第5005号「叙任及辞令」1900年3月12日。
  30. ^ a b c 『官報』第7284号「叙任及辞令」1907年10月8日。
  31. ^ 『明治美人伝』長谷川時雨
  32. ^ 山本英輔『山本権兵衛』(時事通信社「三代宰相列伝」、1958年/新装版「日本宰相列伝6」、1985年)がある。


「山本権兵衛」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「山本権兵衛」の関連用語

山本権兵衛のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

重野安繹

池田成章

大山巌

山座円次郎

吉田松陰

正宗白鳥

前島密

嘉納治五郎





山本権兵衛のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
国立公文書館 アジア歴史資料センター国立公文書館 アジア歴史資料センター
All rights reserved/Copyright(c) Japan Center for Asian Historical Records
首相官邸首相官邸
Copyright (C) 2018 首相官邸 All rights reserved.
内閣制度と歴代内閣
国立国会図書館国立国会図書館
Copyright (C) 2018 National Diet Library, Japan. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの山本権兵衛 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS