野田佳彦とは?

のだ‐よしひこ【野田佳彦】


野田佳彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/10 22:29 UTC 版)

野田 佳彦(のだ よしひこ、1957年昭和32年〉5月20日 - )は、日本政治家立憲民主党所属の衆議院議員(8期)。立憲民主党最高顧問。


  1. ^ a b 「日本の次期首相・野田氏は軍人一家出身で強硬派」=中国報道 エキサイトニュース 2011年8月29日
  2. ^ a b c d e f g h i j k 3歳半のときから「政治」を意識した nikkei BPnet 2008年3月17日
  3. ^ a b c 民主代表選:野田新代表「ドジョウの政治をやり抜く」 - 毎日jp(毎日新聞)
  4. ^ a b c d e f g h i 日本経済新聞. (2011年8月30日) 
  5. ^ a b 黒田高史; 大森祐香; 野崎達也 (2011年9月2日). “誕生 野田首相 「時代に選ばれ」飛躍”. YOMIURI ONLINE (読売新聞). http://archive.fo/mi33y 2012年2月19日閲覧。 
  6. ^ 野田佳彦首相の対米観 浅野一弘
  7. ^ 民主党代表選:野田代表、出発は裸一貫 ガス点検員を経験/駅前で演説24年…”. 毎日新聞 (2011年8月30日). 2011年8月30日閲覧。[リンク切れ]
  8. ^ 小林篤市 (1987年4月29日). “松下政経塾 地方政界に新風 地盤、看板、金なし 辻説法で9人当選(解説)”. 読売新聞 
  9. ^ 山元一郎 (2011年9月18日). “野田首相の助言受け大津さん、防犯活動「素志貫徹」 ボランティア組織作り/神奈川県”. 朝日新聞 
  10. ^ 終局:まぶちすみおの「不易塾」日記 2006年3月8日
  11. ^ “民主の「宇宙庁」構想に異論も 基本法案骨子を示す 関係省庁「行革に逆行」”. 読売新聞. (2007年12月27日) 
  12. ^ “[スキャナー]宇宙政策を大転換 基本法成立受け 国家戦略や宇宙局に課題”. 読売新聞. (2008年5月22日) 
  13. ^ 国土審議会(総会)・名簿”. 国土交通省. 2012年1月28日閲覧。
  14. ^ 国土審議会(総会)・名簿”. 国土交通省. 2012年1月28日閲覧。
  15. ^ “民主代表戦 野田氏出馬断念の背景 小沢氏 3選確実”. 産経新聞 大阪本社版. (2008年8月23日) 
  16. ^ “政界- 安住・民主国対委員長代理「野田氏は自省を」”. 毎日新聞. (2008年8月22日) 
  17. ^ 林信吾、葛岡智恭『日本人の選択 二〇一〇年代』、アドレナライズ 2013年
  18. ^ 財務省 財務副大臣就任記者会見の概要 平成21年9月25日
  19. ^ 現代ビジネス磯山友幸「経済ニュースの裏側」2011年09月21日(水)
  20. ^ “「菅財務相」は小沢氏との距離が決め手 (1/2ページ)”. 産経新聞. (2010年1月6日). http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100106/plc1001062351017-n1.htm 2010年4月19日閲覧。 
  21. ^ “「菅財務相」は小沢氏との距離が決め手 (2/2ページ)”. 産経新聞. (2010年1月6日). http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100106/plc1001062351017-n2.htm 2010年4月19日閲覧。 
  22. ^ 重大な関心もって市場動向を注視=円高で野田財務相 ロイター 2010年8月20日
  23. ^ 必要な時には断固たる措置とる=円高で野田財務相 ロイター 2010年9月8日
  24. ^ 政府・日銀、6年半ぶり為替介入 15年ぶり円高水準で asahi.com 2010年9月15日
  25. ^ 日本の為替介入理由「自らG7各国に説明」 野田財務相 朝日新聞 2010年10月9日
  26. ^ G7「通貨安競争」回避で協調 円高介入批判出ず ライブドアニュース 2010年10月9日
  27. ^ 野田財務相の会見での全発言 G7電話会談 日本経済新聞 2011年8月8日
  28. ^ 野田氏、民主代表選に意欲 「脱小沢」見直しを表明 朝日新聞 2011年6月10日
  29. ^ 前原前外相、民主代表選に立候補へ 23日に正式表明 朝日新聞 2011年8月23日
  30. ^ 野田財務相が民主代表選に出馬表明、「国難」解決の先頭に ロイター 2011年8月26日
  31. ^ “次期首相、適任者は「前原氏」40% 朝日新聞世論調査”. 朝日新聞社. (2011年8月26日). オリジナルの2012年7月21日時点におけるアーカイブ。. http://archive.is/qPc5 2011年8月30日閲覧。 
  32. ^ 民主党代表選 海江田氏と野田氏の決選投票 日テレNEWS24 2011年8月29日
  33. ^ 民主新代表に野田氏 決選投票で海江田氏を逆転 朝日新聞 2011年8月29日
  34. ^ a b 野田新代表の「演説力」はピカ一 ジョーク交え「夢、志、人情」訴える J-CASTニュース 2011年8月29日
  35. ^ “野田内閣- ドジョウ内閣「本気でやってごらん」 “ゆかりの地”に活気”. 毎日新聞. (2011年9月2日) 
  36. ^ 2011年8月30日の毎日新聞(東京本社版)より。
  37. ^ 野田氏を新首相に指名 衆議院 輿石氏に幹事長打診 日本経済新聞 2011年8月30日
  38. ^ 野田内閣がスタート、主要閣僚に40代を起用 AFPBB News 2011年9月2日
  39. ^ a b “松下塾出身 初の首相”. 読売新聞. (2011年8月29日) 
  40. ^ [1] 日本経済新聞 2011年9月24日朝刊
  41. ^ a b “3次補正総額12兆円 基本方針閣議決定 震災関係は9兆円”. 東京新聞. (2011年10月8日) 
  42. ^ 清湖口敏 (2011年10月17日). “【社説検証】復興増税”. 産経新聞 
  43. ^ 本会議 衆議院 2011年9月15日
  44. ^ 本会議 参議院 2011年9月16日
  45. ^ 山寺香 (2011年9月20日). “特集ワイド- われら松下政経塾、花の1期生 素志貫徹できる?”. 毎日新聞 
  46. ^ 復興予算4割使われず 23年度、想定通り進まず
  47. ^ 基太村真司、竹本能文、石田仁志、田中志保 (2011年10月19日). “WRAPUP1:日韓、通貨スワップ限度額を700億ドルに拡充 市場の不安定化に備え”. ロイター 
  48. ^ a b “日韓首脳会談- EPA交渉再開へ加速 野田首相、図書5冊引き渡し”. 毎日新聞. (2011年10月19日) 
  49. ^ “日韓為替安定策—Q&A 外貨不足時にドル融通”. 信濃毎日新聞. (2011年10月20日) 
  50. ^ “日韓首脳会談 EPA交渉再開 協議加速 「儀軌」一部引き渡し”. 読売新聞. (2011年10月19日) 
  51. ^ “社説 〔日韓首脳会談〕 対韓配慮が過ぎるのでは”. 北國新聞. (2011年10月20日) 
  52. ^ a b “タイ洪水- 野田首相「支援、早急に」 震災時の恩義に報い”. 毎日新聞. (2011年10月22日) 
  53. ^ 野田内閣総理大臣記者会見 首相官邸 2011年12月16日
  54. ^ 野田首相が原発事故「収束」宣言 記者から「違和感」指摘する声 J-CASTニュース 2011年12月16日
  55. ^ 日本再生の基本戦略 復興やインフラ海外展開 名目3%成長目指す”. 産経新聞 (2011年12月22日). 2012年1月2日閲覧。
  56. ^ 12年度財投計画は前年比18%増の17.6兆円=政府”. ロイター (2011年12月24日). 2012年1月2日閲覧。
  57. ^ 首相、成立へ修正辞さず 消費増税法案を国会提出 デフレ脱却へ日銀と連携”. 日本経済新聞 (2012年3月30日). 2012年4月6日閲覧。
  58. ^ 消費増税の経済への影響ないよう策講じる必要=野田首相”. ロイター (2012年3月16日). 2012年4月8日閲覧。
  59. ^ 増税で「日本経済が肺炎に」 野田首相の過去の発言にまた「ブーメラン現象」?”. J-CASTニュース (2012年3月15日). 2012年4月6日閲覧。
  60. ^ 小谷哲男 (2012年6月19日). “政権が変わっても森本敏防衛大臣を再任せよ”. WEBRONZA. http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2012061800005.html?iref=webronza 2012年12月13日閲覧。 
  61. ^ 森本敏防衛大臣のどこが問題なのか? WEBRONZA 2012年6月8日
  62. ^ 共同通信「3党修正協議が合意 民主、週明け了承手続き」『3党修正協議が合意 民主、週明け了承手続き - 47NEWS(よんななニュース)』全国新聞ニュース、2012年6月16日
  63. ^ 日本経済新聞2012年6月18日
  64. ^ “社会保障改革”棚上げは事実と異なる! zakzak 2012年6月28日
  65. ^ 民主中間派 両院総会開催要求 154人の署名提出
  66. ^ 民主党の採決者一覧
  67. ^ 石川宏 消費増税法案:加藤氏が反対方針 県選出の衆院議員で初 /長野- 毎日jp(毎日新聞)毎日新聞社、2012年(平成24年)6月24日
  68. ^ 田中秀征「消費増税法案採決で野田・小沢両陣営を翻弄? 反対票を投じた鳩山氏の意外な影響」『消費増税法案採決で野田・小沢両陣営を翻弄? 反対票を投じた鳩山氏の意外な影響|田中秀征 政権ウォッチ|ダイヤモンド・オンラインダイヤモンド社、2012年(平成24年)6月28日
  69. ^ 加藤学・衆院議員も離党届提出 日本経済新聞 2012年7月4日
  70. ^ 民主、51人目の離党者 東京新聞 2012年7月7日
  71. ^ 民主党:3参院議員が離党…小沢新党に合流せず 毎日新聞社 2012年7月17日
  72. ^ 民主党の中津川氏が離党届提出 消費税増税と尖閣対応に反発 産経新聞 2012年7月18日
  73. ^ 90人中66人が民主離党 県内の市町村議
  74. ^ 「近いうちに解散」で合意 3党首会談、時期は明示せず”. 福井新聞 (2012年8月8日). 2012年10月24日閲覧。
  75. ^ 鈴木宗男代表との党首会談で野田首相”. MSN産経ニュース (2012年10月24日). 2012年10月24日閲覧。
  76. ^ 金融相代理に安住財務相 財務相、松下氏死去「残念」 日本経済新聞 2012年9月11日 10:14
  77. ^ “尖閣の接続水域で中国船確認せず 国への移転登記済ませる”. 産経新聞. (2012年9月12日). オリジナルの2012年9月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120912081047/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120912/plc12091213060012-n1.htm 
  78. ^ “襲撃被害「責任は日本が負うべき」中国外務省”. 産経新聞. (2012年9月17日). オリジナルの2012年9月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120918082852/https://sankei.jp.msn.com/world/news/120917/chn12091719000007-n1.htm 
  79. ^ 李登輝 (2013年5月). “台湾が感動した安倍総理の友人発言”. Voice (PHP研究所): p. 37. https://books.google.co.jp/books?id=Lrxf36yn1VwC&pg=PT37#v=onepage&q&f=false 
  80. ^ 差別や虐待などで救済機関新設 人権法案を閣議決定”. 西日本新聞 (2012年9月19日). 2012年9月19日閲覧。
  81. ^ 田中法相、辞任へ 政権運営に支障、事実上の更迭 朝日新聞 2012年10月19日
  82. ^ 秘書宅を事務所に経費計上 1千万、前原氏政治団体 福井新聞 2012年10月29日
  83. ^ 真紀子文科相 辞任危機…野田政権3人目の“田中大臣問題”
  84. ^ 内閣支持率17%に急落 石原新党に期待4割 共同通信 2012年11月12日
  85. ^ 日韓通貨協定の拡充、延長せず 11日に財務相会談 日本経済新聞 2012年10月9日
  86. ^ 人権委設置法案:今国会提出を閣議決定”. 毎日新聞 (2012年11月9日). 2012年11月15日閲覧。
  87. ^ 野田首相:「16日に解散」表明 党首討論で”. 毎日新聞 (2012年11月14日). 2012年12月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年11月15日閲覧。
  88. ^ UPDATE1:定数削減で協力確約なら16日に解散、安倍総裁に協力呼びかけ=野田首相 ロイター 2012年11月14日
  89. ^ a b 憲政史上最高の解散宣言 野田首相に見た本物の政治家の覚悟 JBPRESS 2012年11月16日
  90. ^ 衆院が解散、総選挙へ 12月4日公示、16日投開票 朝日新聞 2012年11月16日
  91. ^ 衆議院選公示 美幌新聞 2012年12月4日
  92. ^ ミサイル警戒、動けぬ首相…予告時間の遊説自粛 読売新聞 2012年12月6日
  93. ^ 野田首相が6選、「刺客」の政権批判かわす 読売新聞 2012年12月16日
  94. ^ 野田首相、民主党代表辞任を表明 「最大の責任は私に」 朝日新聞 2012年12月16日付
  95. ^ [2] ホワイトハウス公式会見記録
  96. ^ 『週刊東洋経済』2014年9月27日、43頁
  97. ^ 野田内閣が総辞職 民主政権、3年3カ月で幕 日本経済新聞 2012年12月26日
  98. ^ 清水真人「消費税という怪物――『庶民増税』もがく政治」『日本経済新聞』46557号、日本経済新聞社、2015年9月27日、13面。
  99. ^ 民進党、幹事長に野田佳彦元首相起用で調整 旧民主党政権崩壊させた張本人 党内では「離党検討」と反発も”. 産経新聞 (2016年9月16日). 2016年9月18日閲覧。
  100. ^ 野田氏は極めて真っ当な保守政治家 石破氏
  101. ^ 石破茂(いしばしげる)ブログ:民進党新体制など
  102. ^ 民進党・野田幹事長が辞任へ 蓮舫氏「体制を強化」”. 日刊スポーツ (2017年7月25日). 2017年7月25日閲覧。
  103. ^ “野田佳彦元首相「先に離党した人の股くぐる気ない」”. 朝日新聞. (2017年9月29日). https://www.asahi.com/articles/ASK9Y5QL3K9YUDCB017.html 2021年3月9日閲覧。 
  104. ^ 衆議院議員投開票速報”. 千葉県選挙管理委員会 (2017年10月23日). 2017年10月24日閲覧。
  105. ^ 無所属・野田氏、貫禄の8選 千葉4区”. 産経新聞 (2017年10月23日). 2017年10月24日閲覧。
  106. ^ 民進系、「無所属の会」結成=13人参加、野党第3会派に”. 時事ドットコム (2017年10月26日). 2017年10月26日閲覧。
  107. ^ 野田元首相も国民民主党に参加せず 1カ月後めどに地域政治団体設立”. 産経新聞 (2018年5月7日). 2018年6月11日閲覧。
  108. ^ 野田前首相が地域政治団体「千葉民主連合」設立 国会議員は小西洋之参院議員と2人 ”. 産経新聞 (2018年6月11日). 2018年6月11日閲覧。
  109. ^ “無所属の会、解散へ 立民会派への個別合流模索”. 産経新聞. (2018年12月8日). https://www.sankei.com/politics/news/181208/plt1812080001-n1.html 2018年12月8日閲覧。 
  110. ^ “無所属の会、岡田克也代表ら9人が立民会派加入へ”. 産経ニュース. (2019年1月8日). https://www.sankei.com/politics/news/190108/plt1901080010-n1.html 2019年1月8日閲覧。 
  111. ^ 野田前首相、7人で会派結成 玄葉元外相ら参加 - 共同通信 2019年1月16日
  112. ^ 民進系、「無所属の会」結成=13人参加、野党第3会派に”. 時事ドットコム (2017年10月26日). 2017年10月26日閲覧。
  113. ^ 第136回国会 衆議院 規制緩和に関する特別委員会 第10号
  114. ^ 劉江永氏:日本の新首相は中庸派 国内の難題いっぱい (2)人民網日本語版
  115. ^ かわら版 No.997 『南シナ海波高し』 公式サイト 2015年6月22日
  116. ^ 尖閣・竹島問題、具体的には触れず 首相所信表明演説 朝日新聞 2012年10月29日
  117. ^ 離島防衛訓練中止 米・キャンベル国務次官補が強い不快感示す
  118. ^ 野田首相、あなたもか
  119. ^ 野田佳彦 (2005年10月17日). “「戦犯」に対する認識と内閣総理大臣の靖国神社参拝に関する質問主意書”. 衆議院. 2012年8月14日閲覧。
  120. ^ “<野田首相>靖国参拝で自粛促す 2閣僚の言及で”. 毎日新聞. (2012年8月10日). オリジナルの2012年8月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120817222207/mainichi.jp/select/news/20120811k0000m010100000c.html 2012年8月14日閲覧。 
  121. ^ “野田財務副大臣「選挙権ほしいなら帰化すればいい」”. asahi.com(朝日新聞). (2010年1月30日). https://megalodon.jp/2010-0131-2200-07/www.asahi.com/politics/update/0130/NGY201001300011.html?ref=toolbar2 2010年2月4日閲覧。 
  122. ^ “復興増税、来年度実施=諮問会議の復活検討-野田財務相”. jiji.com(時事通信. (2011年8月14日). http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2011081400071 2011年8月17日閲覧。 
  123. ^ 植草一秀『消費増税亡国論』
  124. ^ 野田氏「101回でもプロポーズ」 自公と大連立、重ねて意欲
  125. ^ “野田首相「TPP進めないといけない」 経団連会長に”. 朝日新聞社. (2011年9月12日). http://archive.fo/6CDs 2011年9月15日閲覧。 
  126. ^ http://www.nodayoshi.gr.jp/report/fax/vol08.html
  127. ^ 野田総理VS安倍総裁 金融政策や「国防軍」で応酬 テレ朝news 2012年11月25日(2012年11月27日時点のアーカイブ
  128. ^ 「危険な緩和論」「そんな認識だから…」民・自党首応酬 日本経済新聞 2012年11月25日
  129. ^ 安倍氏の緩和発言「極めて危険」と野田首相-29日討論会で直接対決 (1) Bloomberg 2012年11月25日
  130. ^ 民主代表選候補の推薦人名簿 時事ドットコム 2015年1月7日
  131. ^ a b “共産共闘に野田幹事長「握手くらいは」「魂は売らぬ」”. 朝日新聞. (2016年11月27日). http://www.asahi.com/articles/ASJCW5T47JCWUTFK00H.html 2016年12月2日閲覧。 
  132. ^ 野党共闘「魂売らぬ」=野田民進幹事長 時事通信 2016年11月27日
  133. ^ a b 江畑佳明; 根本太一 (2011年8月18日). “特集ワイド:「ポスト菅」一体誰が… 一長一短で本命不在”. 毎日新聞 
  134. ^ 蔭西晴子 (2011年10月16日). “野田首相、政策ころころ 低姿勢、閣僚の意見丸のみ 「そうかそうかと聴いてくれる」”. 朝日新聞 
  135. ^ “成立間近小宮山洋子厚労相が推し進める「スゴい〝禁煙法案〟」”. 現代ビジネス (講談社). (2011年11月21日). https://gendai.ismedia.jp/articles/-/26967 2020年11月14日閲覧。 
  136. ^ a b 小橋の引退試合を野田前首相が生観戦へ日刊スポーツ
  137. ^ “野田首相:プーチン大統領と柔道着贈り合い”. 毎日新聞. (2012年6月19日). オリジナルの2012年7月10日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/jWJn 2012年6月19日閲覧。 
  138. ^ “基礎からわかる 野田佳彦 つじ立ち糧に 宰相へ=特集”. 毎日新聞. (2011年8月30日) 
  139. ^ 野田首相の資産、歴代最少 内閣平均は菅内閣上回る”. 朝日新聞 (2011年10月14日). 2012年2月8日閲覧。
  140. ^ 第181回国会 国家基本政策委員会合同審査会 第1号(平成24年11月14日)会議録 - 衆議院
  141. ^ 週刊文春 2012年8月2日号 野田首相の前後援会長が社会保障費21億円を不正請求
  142. ^ 明楽麻子 (2011年2月26日). “(国会論戦 ここに注目しました)愛煙家・禁煙派、増税は別”. 朝日新聞 
  143. ^ たばこ・酒増税は「オヤジ狩り」 復興財源めぐり政府内バトル”. J-CAST. 2012年1月28日閲覧。
  144. ^ 衆議院議事録”. 衆議院 (2005年1月25日). 2012年1月28日閲覧。
  145. ^ 民主・藤井裕久氏が引退表明、「世の中のために尽くす」”. 神奈川新聞 (2012年11月30日). 2012年2月23日閲覧。
  146. ^ 文藝春秋2018年二月号、~竹下から安倍まで~ 総理17人のベスト3 御厨貴/後藤謙次、173頁
  147. ^ 野田財務相も80万円返還へ パーティー券問題 日本経済新聞 2011年3月4日
  148. ^ 野田財務相の団体、政治資金からスナック代22万円払う 朝日新聞 2011年1月20日
  149. ^ 品川美容外科の献金返還を検討~野田財務相 日テレNEWS24 2011年6月17日
  150. ^ “首相、たばこ「18歳からやめていない」 あわてて訂正”. 朝日新聞. (2012年3月9日). http://archive.fo/TGDz 2012年3月9日閲覧。 
  151. ^ “中国艦船、海自艦船にレーダー照射 1月30日に政府は抗議”. 日本経済新聞. (2013年2月5日). https://r.nikkei.com/article/DGXNASFS05037_V00C13A2000000 2013年2月8日閲覧。 
  152. ^ 野田佳彦前代表が中国レーダー照射事案の一部報道に「事実無根」のコメント 民主党ニュース 2013年2月7日
  153. ^ 中国レーダー照射事案の一部報道に説明・謝罪・訂正記事掲載を申し入れ 細野幹事長 民主党ニュース 2013年2月8日
  154. ^ 衆議院会議録 平成25年2月8日
  155. ^ 参議院会議録 平成25年2月27日
  156. ^ INC, SANKEI DIGITAL. “【参院選】民進・野田佳彦前首相、白鵬関に謝罪 演説で安倍政治同様「立ち合いが荒っぽい」などと発言” (日本語). 産経ニュース(2016年7月6日). 2019年5月30日閲覧。
  157. ^ 白鵬に野田前首相が謝罪文 「立ち合い汚い」批判で - 大相撲 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com(2016年7月5日). 2019年5月30日閲覧。
  158. ^ かわら版 No.1045 『覇道を倒す』 | 詳細 | かわら版|衆議院議員 野田よしひこ”. www.nodayoshi.gr.jp. 2019年5月30日閲覧。
  159. ^ 野田氏の富山市のいとこ勇さんもエール :富山 :地域 :YOMIURI ONLINE(読売新聞)
  160. ^ 意外や野田佳彦の演説のうまさ「どぜうでさりげなく自慢話」 :J-CASTテレビウォッチ
  161. ^ a b c d 野田さんがほれこんだ料理・気配り上手な夫人”. 読売新聞 (2011年8月31日). 2012年10月8日閲覧。





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「野田佳彦」の関連用語

野田佳彦のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



野田佳彦のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの野田佳彦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS