魚釣島とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 魚釣島の意味・解説 

魚釣島


魚釣島

島嶼名辞典では1991年10月時点の情報を掲載しています。

魚釣島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/12 03:22 UTC 版)

魚釣島(うおつりしま、うおつりじま[11])は、日本国が実効支配し、中華人民共和国中華民国が領有権を主張している無人島。日本の行政区分では沖縄県石垣市尖閣諸島に属する。




注釈

  1. ^ ただし、中華人民共和国の主張としては、当該地域は中華民国(中華人民共和国に属する台湾省)が実効支配している地域であり、行政権は中華人民共和国の直轄ではなく、中華人民共和国に属する「台湾省」に存在するとしている。詳しくは台湾省 (中華人民共和国)を参照。

出典

  1. ^ a b c d e f 石垣市『石垣市の宝 尖閣諸島』2019年6月12日閲覧
  2. ^ 尖閣諸島 緊張の海 海自哨戒機で現場を見る 3/7 魚釣島の灯台”. 時事ドットコム. 2013年12月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年10月13日閲覧。
  3. ^ 外交部條約法律司 (2012年4月3日). “釣魚臺列嶼是中華民國的固有領土” (中国語). 中華民國外交部. 2012年11月16日閲覧。
  4. ^ 康仁俊 (2010年10月5日). “釣魚台誰的? 吳敦義:台灣省宜蘭縣頭城鎮大溪里” (中国語). 今日新聞網. 2012年11月16日閲覧。
  5. ^ 钓鱼岛危机” (中国語). 中華軍事網. 2014年3月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年11月16日閲覧。
  6. ^ 《環球時報》 (2012年9月7日). “媒体称日本千方百计扩军 要走军国主义老路” (中国語). 騰訊. 2012年11月16日閲覧。
  7. ^ 董國昌 (2012年9月18日). “光明網:購島鬧劇是對《和平憲法》的嘲諷” (中国語). 中國共產黨新聞網. 2012年11月16日閲覧。
  8. ^ 國務院新聞辦公室 (2012年9月25日). “《钓鱼岛是中国的固有领土》白皮书” (中国語). 新華網. 2012年11月16日閲覧。 “无论从地理上还是从中国历史管辖实践看,钓鱼岛一直是中国台湾岛的附属岛屿。”
  9. ^ 中华人民共和国外交部声明(1971年12月30日)” (中国語). 國家海洋信息中心 (2012年9月16日). 2014年7月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年11月16日閲覧。 “钓鱼岛等岛屿自古以来就是中国的领土。早在明朝,这些岛屿就已经在中国海防区域之内,是中国台湾的附属岛屿,而不属于琉球,也就是现在所称的冲绳;”
  10. ^ (中国語) 《台湾省地图册》. 中國北京: 中國地圖出版社. (1996年10月). ISBN 978-7503103919 
  11. ^ a b c d e f 角川日本地名大辞典編纂委員会 (1986-07-08). “魚釣島”. 角川日本地名大辞典 47 沖縄県. 角川書店. p. 184. 
  12. ^ 外務省: “日中関係(尖閣諸島をめぐる情勢)”. 2013年2月12日閲覧。
  13. ^ 尖閣諸島、11日に国有化…当面現状のまま維持読売新聞2012年9月11日13S版2面、尖閣登記11日に完了 2012年9月13日13版4面
  14. ^ a b 読売新聞2012年1月4日13S版2面、尖閣諸島に石垣市議ら4人上陸 海保の立ち入り検査後産経新聞
  15. ^ a b 参議院議員佐藤正久君提出尖閣諸島の呼称に関する質問に対する答弁書(野田内閣) 参議院、2019年6月12日閲覧
  16. ^ 幣原坦『南方文化の建設へ』 冨山房 1938年
  17. ^ 石平中国が反論できない真実の尖閣史いしゐのぞむ監修、扶桑社、2017年8月2日、207頁。
  18. ^ a b 宮良当壮「八重山語彙 甲篇」、東洋文庫、1930年11月10日。
  19. ^ 向姓具志川家家譜十二世諱鴻基”. 尖閣諸島資料ポータルサイト. 内閣府. 2018年10月13日閲覧。
  20. ^ “尖閣上陸最古は琉球王族 長崎純心大の石井准教授が発表”. 八重山毎日新聞. (2015年5月16日). http://www.y-mainichi.co.jp/news/27452/ 
  21. ^ 伊波普猷『校訂おもろさうし』第二巻 郷土研究社 1925年
  22. ^ 角川日本地名大辞典編纂委員会 (1986-07-08). “こはしま”. 角川日本地名大辞典 47 沖縄県. 角川書店. p. 361. 
  23. ^ 角川日本地名大辞典編纂委員会 (1986-07-08). “つれしま”. 角川日本地名大辞典 47 沖縄県. 角川書店. p. 475. 
  24. ^ 沖縄県島しょ別面積一覧
  25. ^ 国土地理院地図
  26. ^ a b 魚釣島の裸地3割に拡大 尖閣諸島、野生ヤギの食害進む - 八重山毎日新聞 2009年12月22日
  27. ^ a b 横畑 泰志、横田昌嗣、太田英利「尖閣諸島魚釣島の生物相と野生化ヤギ問題」『IPSHU研究報告シリーズ』第42号、広島大学平和科学研究センター、2009年3月、 307-326頁、 ISSN 1342-5935
  28. ^ 日本国の領土 石垣市字登野城2392番地の現在”. 日本青年社. 2012年6月18日閲覧。
  29. ^ 中華民国からの感謝状、新たに1通見つかる 尖閣遭難の中国漁民救助 - 八重山毎日新聞 2010年11月28日
  30. ^ a b 疎開船漂着後80人死亡、「尖閣の慰霊碑」建立 琉球新報 2002年7月10日
  31. ^ 尖閣諸島「警告板の設置作業者を」 与那国の関係者探す - 八重山毎日新聞 2009年8月15日
  32. ^ 森山欽司 ─反骨のヒューマニスト─ 第二十章 (PDF)”. 2013年8月17日閲覧。
  33. ^ 魚釣島に国会議員ら上陸 琉球新報 1997年5月6日
  34. ^ 2004年(平成16年)沖縄県内十大ニュース 琉球新報 2004年12月24日
  35. ^ 超党派議員ら150人、洋上慰霊で尖閣沖へ読売新聞2012年8月20日13S版1面、35面
  36. ^ 尖閣諸島、11日に国有化…当面現状のまま維持読売新聞2012年9月11日13S版2面、尖閣登記11日に完了 2012年9月13日13版4面


「魚釣島」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「魚釣島」の関連用語

魚釣島のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



魚釣島のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの魚釣島 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS