固有種とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 生物学 > > 固有種の意味・解説 

こゆう‐しゅ〔コイウ‐〕【固有種】


固有種 (こゆうしゅ)

 限られた地域生育あるいは生息する植物または動物種類。一地方あるいは島などの狭い地域分布限られるものをさすのが普通である

固有種

英訳・(英)同義/類義語:endemic species

ある地域環境特異的に棲息し、他の地域には棲息しない生物種
「生物学用語辞典」の他の用語
生物の名前総称など:  同形配偶子  吸虫  哺乳類  固有種  塩生植物  外温動物  多剤耐性プラスミド

固有種

特定の地域にしか分布していない種。一般に海洋島には固有種が多い。
固有種の例
マダガスカル島Angcm. sesquipedale
ニューギニア島Den. cuthbertsonii, Den. violaceum
フィリピンAmesiella philippinesis
ボルネオ島Paph. sanderianum, Paph. rothschildianum

固有種

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/04 15:43 UTC 版)

固有種(こゆうしゅ)とは、特定の国や地域にしか生息・生育・繁殖しない生物学上の。特産種とも言う。大陸などから隔絶されている島嶼などで多く見られる。地域個体群の絶滅が、即座に種そのものの絶滅につながるので、保護対象として重要である。




「固有種」の続きの解説一覧

固有種

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/06 14:52 UTC 版)

有明海」の記事における「固有種」の解説

大陸系遺存種が多い有明海ではあるが、大陸干潟でも見られない有明海固有種も発見されている。大陸干潟から分断された約1万年間に種分化進んだものと考えられている。 魚類 - アリアケヒメシラウオ海ではなく流入河川下流域腹足類 - アズキカワザンショウ、ウミマイマイ、ヤベガワモチ 二枚貝類 - シカメガキ 多毛類 - アリアケカンムリ、ヤツデシロガネゴカイ

※この「固有種」の解説は、「有明海」の解説の一部です。
「固有種」を含む「有明海」の記事については、「有明海」の概要を参照ください。


固有種

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/03 16:14 UTC 版)

利尻島」の記事における「固有種」の解説

利尻島固有種の植物としてリシリヒナゲシやボタンキンバイがある。

※この「固有種」の解説は、「利尻島」の解説の一部です。
「固有種」を含む「利尻島」の記事については、「利尻島」の概要を参照ください。


固有種

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 08:46 UTC 版)

厳島」の記事における「固有種」の解説

昆虫の固有種として、ミヤジマトンボ Orthetrum poecilops miyajimaenisis (Yuki and Doi, 1938) があり、国の絶滅危惧種指定されている(2007年版では「絶滅危惧I類(CR+EN)」。昆虫類レッドリスト (環境省)を参照)。これは中国大陸南部分布するシオカラトンボ属の O. poecilops (Ris, 1916)を原種とし、遠く離れた日本の厳島にだけ分布している別亜種考えられている。繁殖地となる湿地観光開発台風被害のために減少し生息環境脅かされている。環境省広島県職員昆虫学海洋環境学・植物学研究者からなるミヤジマトンボ保護管理連絡協議会が、生息地調査環境保全修復にあたっている。

※この「固有種」の解説は、「厳島」の解説の一部です。
「固有種」を含む「厳島」の記事については、「厳島」の概要を参照ください。


固有種

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/11/29 07:18 UTC 版)

エスパーニャ・ベルデ」の記事における「固有種」の解説

この地域に特徴的な種にはブナカシなどが挙げられる20世紀後半、特に沿岸地域天然林伐採され製紙業界が商用利用し、ユーカリラジアータパインどの人置き換えられた。ピレネー山脈カンタブリア山脈と同様地質構造であるとされることもありかつてはエスパーニャ・ベルデ含まれていたが、降雨パターン異なり、また一般的な風景純粋な大西洋沿岸部より高山的である

※この「固有種」の解説は、「エスパーニャ・ベルデ」の解説の一部です。
「固有種」を含む「エスパーニャ・ベルデ」の記事については、「エスパーニャ・ベルデ」の概要を参照ください。


固有種

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/20 10:10 UTC 版)

スギ」の記事における「固有種」の解説

中国浙江省天目山分布するヤナギスギCryptomeria fortunei が日本のスギ同種であるという研究もある。スギ変種一つカワイスギCryptomeria japonica var. sinensisともされるスギ中国古くから栽培されているため、中国原産考えられています。中国ずっと前に装飾品材木生産のために選択され形態は、独特のスギ変種として記述されています。sinensis(または別種であるCryptomeria fortunei)ですが、日本の野生見られる全範囲変異違いはなく、この種中国野生発生したという明確な証拠ありません天武山にある樹齢1000年推定される樹木遺伝子分析は、この集団導入由来するという仮説支持してます。 しかし、日本の有名な植物学者植物生態学専門家である宮脇昭は、1970年代以降スギヒノキカラマツなど、これまで日本原産と考えられていた樹木が、実際に徐々に導入されてきたことを証明しました木材生産するために、何世紀にもわたって森林業者によって日本輸入されました。宮脇昭は、現代日本の森林のうち、実際の在来は約0.06%に過ぎない計算しました

※この「固有種」の解説は、「スギ」の解説の一部です。
「固有種」を含む「スギ」の記事については、「スギ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「固有種」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「固有種」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有種と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「固有種」の関連用語

固有種のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



固有種のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
環境省環境省
Copyright © 2022 Kankyosho All rights reserved.
JabionJabion
Copyright (C) 2022 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
ダイブネットダイブネット
COPYRIGHT©2022 DIVENET LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
Park TownPark Town
(C)ParkTown H&M
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの固有種 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの有明海 (改訂履歴)、利尻島 (改訂履歴)、厳島 (改訂履歴)、エスパーニャ・ベルデ (改訂履歴)、スギ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS