干潟とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 地理 > 地形 > 干潟 > 干潟の意味・解説 

ひ‐がた【干潟】

読み方:ひがた

海岸で潮がひいたときに現れる砂泥底。潮干潟。《 春》

干潟の画像
沖縄県西表島の干潟/撮影朝倉秀之

干潟 (ひがた)

干潟とは主に河口域にあり、潮汐の影響により干出水没繰り返します。ここには、川と海からのさまざまな栄養物質が推積し、多くの微生物底生動物生息し、それを餌とする渡り鳥数多く飛来します。これら微生物有機汚濁分解するなど、干潟の水質浄化機能注目されています。

干潟

読み方:ヒガタ(higata)

潮が引いて干潟となった

季節

分類 地理


干潟

読み方:ヒカタ(hikata)

所在 福岡県小郡市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

干潟

読み方:ヒガタ(higata)

所在 千葉県(JR総武本線)

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

干潟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/03 15:29 UTC 版)

干潟(ひがた、: mudflat)とは、海岸部に発達するにより形成された低湿地が、ある程度以上の面積で維持されている、朔望平均満潮面と朔望平均干潮面との潮間帯。潮汐による海水面の上下変動があるので、時間によって陸地と海面下になることを繰り返す地形である。砂浜と比べ、波浪の影響が少なく、勾配が緩やかで、土砂粒径が小さく、生物相が多様な平坦地形である。





干潟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/09 00:12 UTC 版)

湿地」の記事における「干潟」の解説

主に河川河口部沿岸域存在する砂泥堆積した場所のことである。底生生物中心とした多様な生物相とそれらを餌とする鳥類生育生息環境として重要であるとともに陸地からの過剰な有機物等の浄化作用有する。またアサリハマグリ等の二枚貝豊富であり、潮干狩りが行われる。広義ではWetland含まれるが、日本語の「干潟」に対応するのは"Tidal flat"である。

※この「干潟」の解説は、「湿地」の解説の一部です。
「干潟」を含む「湿地」の記事については、「湿地」の概要を参照ください。


干潟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/13 06:56 UTC 版)

タイドプール」の記事における「干潟」の解説

魚類 - ヒメハゼアベハゼクロダイ稚魚など エビ - クルマエビ類のエビテッポウエビなど カニ - ガザミ類のガニヤマトオサガニケフサイソガニなど 貝類 - ウミニナ類、ムシロガイなど 海草類 - コアマモウミヒルモなど その他にも、目に見えるものだけで端脚類海藻など数多い

※この「干潟」の解説は、「タイドプール」の解説の一部です。
「干潟」を含む「タイドプール」の記事については、「タイドプール」の概要を参照ください。


干潟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/21 07:14 UTC 版)

吉野川」の記事における「干潟」の解説

吉野川河口干潟 - 四国のみずべ八十八カ所とくしま市民遺産選定

※この「干潟」の解説は、「吉野川」の解説の一部です。
「干潟」を含む「吉野川」の記事については、「吉野川」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「干潟」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「干潟」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



干潟と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「干潟」の関連用語

干潟のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



干潟のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
環境省環境省
Copyright © 2022 Kankyosho All rights reserved.
鐵鋼スラグ協会鐵鋼スラグ協会
Copyright (C) 2022 Nippon Slag Association All Rights Reserved.
京浜河川事務所京浜河川事務所
Copyright (C) 2022 京浜河川事務所 All rights reserved.
国土交通省国土地理院国土交通省国土地理院
Copyright. Geographical Survey Institute. ALL RIGHTS RESERVED.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの干潟 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの湿地 (改訂履歴)、タイドプール (改訂履歴)、吉野川 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS