シルトとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > シルトの意味・解説 

シルト

別名:沈泥
英語:silt

水中沈積した土のうち、粘土より粗く、砂よりは細かい程度の、粒子堆積物おおよそ0.004ミリ以上~0.06ミリ以下の低塑性物質

シルトは沿岸護岸工事などで舞い上がり周辺水質汚濁影響与え原因にもなる。そのため、シルトの拡散を防ぐために、シルトフェンス呼ばれるカーテンのような幕を周辺一帯張り巡らして拡散を防ぐといった措置が講じられる。

シルト [1]silt

砂と粘土との中間の粒径をもつ砕屑さいせつ)物。地質学では 1/16 ~ 1/256 ミリメートルのもの、土壌学では0.02~0.002ミリメートルのもの。また、その未固結堆積物一般に泥といわれているものはシルトと粘土を含む。

シルト

読み方:しると
【英】:silt

シルト粒子日本統一土質分類法による、粒径5~75μm土粒子)を多量含有する土で塑性は低く、気乾状態では指で容易に砕ける。

シルト

74µm以下の細粒分(0.005~0.074mmの範囲)を半分以上含む粒径土粒子
砂質土と粘性土の間に分類される。

シルト

名前 SchildtSchildSyrt

シルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/24 15:07 UTC 版)

シルト: silt[1])あるいは日本語沈泥[2](ちんでい)とは、より小さく粘土より粗い砕屑物のこと[3]地質学では、粒径が1/16mm以下のもの)の中で、粘土(粒径が1/256mm以下)より粒が大きく粗いもの(粒径1/16mm - 1/256mm)をシルトと呼ぶ。


  1. ^ 文部省編『学術用語集 地学編』日本学術振興会、1984年、133頁。ISBN 4-8181-8401-2
  2. ^ シルトとは - 新語時事用語辞典
  3. ^ 山崎晴雄, 久保純子『日本列島100万年史 大地に刻まれた壮大な物語』講談社、2017年、133頁。ISBN 978-4-06-502000-5


「シルト」の続きの解説一覧



シルトと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「シルト」の関連用語

シルトのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



シルトのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
鐵鋼スラグ協会鐵鋼スラグ協会
Copyright (C) 2020 Nippon Slag Association All Rights Reserved.
サムシングサムシング
Copyright (c) 2020 SOMETHING,LTD. All Rights Reserved
サムシング地盤関連用語集
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのシルト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS