土粒子とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 自然科学 > 物理学 > 粒子 > 土粒子の意味・解説 

土粒子

土を構成している固体粒子。土粒子には風化によってできた岩石分解物・火山噴出物粘土鉱物動物植物の遺がい及び工業製品廃棄物などがある。粒子大きさ粒径範囲)によって、礫、砂、シルト粘土コロイドなどに区分される。

砕屑物

(土粒子 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/04/30 06:15 UTC 版)

砕屑物(さいせつぶつ、: clastics[1]detritus[1])とは、岩石が壊れてできた破片や粒子を指す地質学用語。がこれにあたるが、砂は粗砂と細砂、泥はシルト粘土に大別することができる。


[ヘルプ]
  1. ^ a b 文部省編 『学術用語集 地学編』 日本学術振興会1984年、119頁。ISBN 4-8181-8401-2


「砕屑物」の続きの解説一覧





土粒子と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「土粒子」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
90% |||||

6
90% |||||

7
90% |||||

8
90% |||||

9
74% |||||

10
72% |||||

土粒子のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



土粒子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
サムシングサムシング
Copyright (c) 2018 SOMETHING,LTD. All Rights Reserved
サムシング地盤関連用語集
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの砕屑物 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS