国立天文台とは?

国立天文台

分類:天文台観測所

(C)国立天文台
(C)国立天文台

名称:国立天文台
望遠鏡種類:光学望遠鏡
国名:日本
所在地:東京都
口径:65cm(屈折望遠鏡)

国立天文台(北緯3540分、東経13933分、海抜59m)は、東京都下三鷹にある世界でも有数天文台です。現在は、文部科学省所管天文台となっています。付属機関として、野辺山宇宙電波観測所岡山天体物理観測所堂平観測所乗鞍コロナ観測所水沢観測センターなどがあり、それらを統括する役割を果たしています。また、岡山天体物理観測所には口径188cmの反射望遠鏡野辺山天文台には口径45mの電波望遠鏡あります

1.どのようないきさつ天文台がつくられたの?
最初は1878(明治11)年、東京帝国大学理学部観象台として本郷構内設けられました。1888(明治21)年に旧内務省海軍省天文関係業務統合東京府下、麻布飯倉東京天文台として設立されました。しかし、都会明るさのために観測次第に困難になり、1924(大正13)年に現在の場所である三鷹移転拡充されました。旧天文台跡には「日本経緯度原点」の銘石あります1988(昭和63)年には東京天文台は、東京大学付属東京天文台から文部省付属天文台移管されました。2001年には中央省庁等改革により、文部科学省国立天文台となりました。

65cm赤道儀式屈折望遠鏡(C)国立天文台
65cm赤道儀屈折望遠鏡(C)国立天文台

2.どのような天文学的発見研究業績があるの?
暦書編製日本標準時決定現示時計検定に関する事務をおこなってきました。また、日本各地観測所設置して、日本の天観測世界天文観測レベル追いつくよう、精度高めてきました。宇宙科学研究所(現 宇宙航空研究開発機構)により1982(昭和57)年に打ち上げられた人工衛星ひのとり」には、東京天文台太陽天文学研究グループによってつくられた、太陽エックス線観測装置搭載されており、最新観測データ送信しています。

参考文献:小平桂一ほか・監修平凡社天文事典平凡社磯部秀三「世界天文台河出書房新社、国立天文台・編「理科年表丸善パトリック・ムーア・編/中村士ほか・訳「ギネスワールド天文宇宙講談社


国立天文台

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/21 14:58 UTC 版)

国立天文台(こくりつてんもんだい、: National Astronomical Observatory of Japan, NAOJ)は、理論観測の両面から天文学を研究する日本研究所大学共同利用機関である。大学共同利用機関法人自然科学研究機構を構成する研究所の1つでもある。




  1. ^ 自然科学研究機構 予算 2010-04-21 閲覧
  2. ^ 自然科学研究機構 外部資金 2010-04-21 閲覧
  3. ^ a b 国立天文台年次報告〔和文〕(第21冊) 2008年度 Ⅲ.機構 210-04-18 閲覧
  4. ^ 天文学において、『日本書紀』に「占星台」の記述がある。また、現在の東京都台東区には「浅草天文台」が設立された記録がある。浅草天文台は、江戸幕府天文方が、私費を集めて設立した民間の天文台。その後、「明治政府」が欧米の天文学に倣い、東京帝国大学(当時は、理科大学)に設立したのが、「観象台」である。「浅草天文台」は、明治2年3月15日に発せられた太政官達により、東京府に属せられると同時に廃止された。司天台は、京都の朝廷に勤める天文方が、朝廷から支援を受けて設立された天文台。それぞれの目的は、の編纂であった。なぜならば、当時の暦は太陰太陽暦を採用していたため、暦と実際の季節の間にずれが生じやすかったためである。
  5. ^ 【東京探Q】なぜ三鷹に国立天文台?昔は農村 暗闇が好適/貴重な施設 見学も可能『読売新聞』朝刊2018年10月29日(都民面)。
  6. ^ トロートン天体望遠鏡 国立科学博物館
  7. ^ 内閣官報局, 編纂.「明治21年文部省告示第2号」、『官報』明治第1477号、日本マイクロ写真、東京、1888年6月4日、 25頁、 NDLJP:2944714
  8. ^ 中桐正夫「東京天文台100周年記念誌作成時の資料-その1- (PDF) 」 、『アーカイブ室新聞』第346号、国立天文台、東京都三鷹市、2010年6月9日、 1頁、2014年1月2日閲覧。
  9. ^ 新美幸男「日本の標準時 (PDF) 」 、『天文月報』第90巻第10号、日本天文学会、東京都三鷹市、1997年10月、 473-474頁、 ISSN 0374-2466NAID 10002142171NCID AN001545552013年12月29日閲覧。
  10. ^ 河合章二郎「帝国の天文台に就て (PDF) 」 、『天文月報』第12巻第9号、日本天文学会、東京市、1919年9月、 137-146頁、 ISSN 0374-2466NCID AN00154555NDLJP:33039902014年1月9日閲覧。
  11. ^ a b 河合章二郎 1919, p. 140, §5.
  12. ^ 日本天文学会, 編纂.「三鷹村新東京天文台(三) (PDF) 」 、『天文月報』第18巻第10号、日本天文学会、東京府北多摩郡三鷹村、1925年10月、 150-153頁、 ISSN 0374-2466NCID AN00154555NDLJP:33040632014年1月9日閲覧。
  13. ^ 河合章二郎 1919, p. 141, §6.
  14. ^ 日本天文学会, 編纂.「雑報 東京天文台の移転 (PDF) 」 、『天文月報』第17巻第7号、日本天文学会、東京市、1924年7月、 111頁、 ISSN 0374-2466NCID AN00154555NDLJP:33040482014年1月12日閲覧。
  15. ^ 内閣印刷局, 編纂.「大正13年文部省告示第362号」、『官報』大正第3617号、日本マイクロ写真、東京市、1924年9月11日、 280頁、 NDLJP:2955765
  16. ^ 日本天文学会, 編纂.「雑録 理科年表 (PDF) 」 、『天文月報』第18巻第3号、日本天文学会、東京府北多摩郡三鷹村、1925年3月、 39-41頁、 ISSN 0374-2466NCID AN00154555NDLJP:33040562014年1月9日閲覧。
  17. ^ 世界時を決定するための国際地球回転・基準系事業VLBI解析センターとして参画しており、原子時計群の運転やGPS衛星を活用した高精度国際時計比較を行ったり、国際原子時の運用に寄与している。
  18. ^ 現在の所、すぐに予算がつくわけではないため、観測利用等でTMT計画などへの参加も含めた検討も行っている。しかしながら、将来に向けて大型複合光学式反射望遠鏡の開発研究は必要であり、そのために、超軽量鏡をはじめとして、技術開発を進める予定である。同様のプロジェクトとして、ヨーロッパ南天天文台 でも大型望遠鏡計画(E-ELT)の準備が推進されている。
  19. ^ 大学共同利用機関とは、大学(学校法人)では保有(もしくは設置・運用)の難しい大型機器等を開発・設置・運用することによって、詳細かつ精密な研究を実施できるようにした研究機関のことである。
  20. ^ 一般に対しては、報道機関による取材や観測所の公式サイトを通じて公開される。各観測所の一般公開では、これまでの観測成果の公開を実施。特別公開では、各観測所の業務内容や研究成果、さらにはホットな研究トピックスを紹介することで、研究業務の理解を深める活動を実施。





国立天文台と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「国立天文台」の関連用語

国立天文台のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



国立天文台のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JAXAJAXA
Copyright 2019 Japan Aerospace Exploration Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの国立天文台 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS