宇宙科学研究所とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 機関 > 研究機関 > 宇宙科学研究所の意味・解説 

宇宙科学研究所 ISAS(Institute of Space and Astronautical Science)

日本科学目的宇宙開発を行う文部省直轄研究所。その濫觴は、東京大学の一グループ1950年代ロケット宇宙科学研究始め時点まで溯るが、宇宙科学研究所としての正式な発足1981年である。1970年2月日本初人工衛星おおすみ」の打ち上げ成功。更に、K型S型などの観測ロケットの他、Muミューロケットを使って科学研究用の人工衛星打ち上げており、1986年には、ハレー彗星探査の「さきがけ」、「すいせい」を地球重力の外へ脱出させることに成功した。1998年7月4日日本初火星探査機プラネットB(後に「のぞみ」と命名された)を打ち上げた。この探査機は、火星の大気太陽風相互作用調査を行う探査機で、日本本格的惑星探査先駆けとなる。(のぞみは地球スウィングバイの際の不具合によって、火星到着大幅に遅れ、2004年1月となった。)宇宙科学研究所の今後プロジェクトとしては、1999年月面探査ルナーA」、2002年の「ミューゼスC」(小惑星サンプル・リターン計画)および「ルナーA」、2003年宇宙開発事業団との共同で行う月探査セレーネ」、赤外線天文衛星アストロF」(2003年)、太陽観測衛星ソーラーB」(2004年)がある。

宇宙科学研究所(ISAS)

相模原にある宇宙科学研究所本部
相模原にある宇宙科学研究所本部

東大宇宙研などを統合した旧文部省直轄機関として、1981年に設立

宇宙科学研究所(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))は、飛翔体を用いた宇宙観測研究おこないそのためロケット人工衛星開発していました。同研究所前身は、1955年ペンシルロケット発射した東京大学生産技術研究所と、70年日本初人工衛星おおすみ」を打ち上げ東京大学宇宙航空研究所で、これを発展的解消して、旧文部省直轄(ちょっかつ)の機関として81年設立されました。本部神奈川県相模原市射場鹿児島県内之浦町にありました。2003年10月に宇宙科学研究所は、宇宙開発事業団航空宇宙技術研究所統合し、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が誕生しました。写真:相模原にある宇宙科学研究所本部



上:日本初の人工衛星「おおすみ」左:M-Vロケット

科学衛星などの研究成果は、世界的にも高い評価

おおすみ打上げ成功後、宇宙科学研究所は大型固体ロケット「M(ミュー)-4S」、「M-3C」、「M-3H」、「M-3S」、「M-3SII」「M-V(ミュー・ファイブ)」などを、執に開発しました。また、地球磁気圏オーロラブラックホール太陽銀河中心などを研究するために各種科学衛星ハレー彗星探査機などを開発し、打上げをおこなってきました。同研究所研究成果世界的に高い評価得ています。


最近は、X線天文衛星「あすか」や太陽観測衛星「ようこう」の探査で成果

宇宙科学研究所の成果としては、X線天文衛星「あすか」による超新星ブラックホール活動銀河核ダークマター観測太陽観測衛星ようこう」による太陽X線像磁気圏尾部観測衛星ジオテール」やオーロラ観測衛星あけぼの」などによるオーロラはじめとする地球磁気圏研究などがあげられます。また、M-V」型ロケットによって、日本初火星探査機である「のぞみ」の打ち上げが行われました。現在「のぞみ」は太陽中心軌道をまわっており、2004年1月火星到着する予定です。写真:火星探査丘のぞみ」


宇宙科学研究所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/11 05:51 UTC 版)

宇宙科学研究所(うちゅうかがくけんきゅうしょ、英文名称:Institute of Space and Astronautical Science, 略称:ISAS(アイサス))は、日本の宇宙科学の研究を主に行う機関で、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の一部である。科学研究にとどまらず、宇宙開発(日本の宇宙開発も参照)にも広く関与している。前身の東京大学宇宙航空研究所(1964年設立)が1981年に改組して、旧文部省(現文部科学省)の国立機関として発足した。2003年10月に宇宙開発事業団(NASDA)・航空宇宙技術研究所(航技研、NAL)と統合されJAXAの一機関となった当初は「宇宙科学研究本部」とされたが、2010年4月1日に元来の名称である「宇宙科学研究所」に改名・改組した[1]。統合後の「研究本部」時代、研究機関を指して、中核部のある研究施設の「相模原キャンパス」の名で呼ばれることがあった。




[ヘルプ]
  1. ^ a b 「宇宙科学研究本部」の名称を「宇宙科学研究所」に変更”. sorae.jp (2010年3月29日). 2010年3月31日閲覧。
  2. ^ 後に、最高の傑作だと思っているのは(重戦の)鍾馗、と書いている
  3. ^ 振動現象は航空機やロケットの研究としても重要である。脳波はたまたま通っていた医者との会話というきっかけもあるが、波の一種とも言える。以前からの趣味であり教養であった音楽(特に弦楽器)も、音響という振動現象の一種として研究の対象とした。
  4. ^ http://universe-s.sblo.jp/article/176221409.html
  5. ^ 航空研究所は戦前は、航空機開発において、中島飛行機(現:富士重工業)や川崎重工業三菱重工業と伴に、日本の航空機開発の研究拠点であった。
  6. ^ “無人気球到達高度の世界記録更新について”. JAXA. (2013年9月20日). http://www.jaxa.jp/press/2013/09/20130920_ballon_j.html 2013年9月21日閲覧。 







宇宙科学研究所と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「宇宙科学研究所」の関連用語

宇宙科学研究所のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

STS-78

STS-76

ジェームズ・A・ラベル

宇宙開発競争の幕開け

や座

航空宇宙技術研究所

ジェミニ3号

STS-8





宇宙科学研究所のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本惑星協会日本惑星協会
All rights reserved. The Planetary Society of Japan 2018.
JAXAJAXA
Copyright 2018 Japan Aerospace Exploration Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの宇宙科学研究所 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS