さきがけとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 活用形辞書 > さきがけの意味・解説 

さき がけ [0] 【先駆け・先駈け・魁

( 名 ) スル
全体先頭に立ち,敵陣攻めこむこと。 「 -の功名
他より先んじて物事の起こること。先んずること。 「春の-」


魁け、先駆け

読み方:さきがけ

カ行下一段活用動詞魁ける」「先駆ける」の連用形である「魁け」「先駆け」、あるいは連用形名詞したもの

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

さきがけ

分類:月・惑星探査
名称:試験惑星探査機「さきがけ」(MS-T5)
小分類:彗星小惑星探査
開発機関会社:宇宙科学研究所(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
運用機関会社:宇宙科学研究所(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
打ち上げ年月日:1985年1月8日
運用停止年月日:1999年1月7日
打ち上げ国名機関:日本宇宙科学研究所(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
打ち上げロケット:M-3SII
打ち上げ場所:鹿児島宇宙空間観測所(KSC)

さきがけは、日本初めて、地球重力圏から脱出して太陽周回する人工惑星です。
1985年76年ぶりに回帰してきたハレー彗星探査のために打ち上げられました。太陽風イオン観測器と飛翔体試験装置搭載して、のちに打ち上げられたすいせいとともに1986年3月ハレー彗星観測しました。

1.どんな形をして、どんな性能持っているの?
円筒形をしており、上面楕円形のアンテナ取り付けられています。重量は138kgです。

2.どんな目的使用されたの?
さきがけはハレー彗星観測する技術修得をするために開発されました。

3.宇宙でどんなことをし、今はどうなっているの?
あとから打ち上げられたすいせいとともにハレー彗星接近して観測し、貴重なデータをもたらしました。

4.打ち上げ飛行順序はどうなっているの?

軌道図
軌道

図を参考にしてください

参考文献/大林辰蔵監修日本宇宙科学1952→2001東京書籍山中龍夫的川泰宣・著「宇宙開発おはなし日本規格協会


先掛

読み方:さきかけ,さきがけ,さぎがけ

  1. 足袋。〔第二類 人物風俗
  2. 足袋を云ふ。
  3. 〔犯〕足袋のこと。
  4. 足袋。足の先に掛けるところから。〔盗〕

分類 犯罪者、盗/犯罪

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方
さきがけ

さきがけ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/10/07 04:37 UTC 版)

さきがけサキガケ先駆け先駈け


[ヘルプ]
  1. ^ a b 大辞泉「さきがけ」(先駆け、先駈け)


「さきがけ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「さきがけ」の関連用語

さきがけのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



さきがけのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JAXAJAXA
Copyright 2019 Japan Aerospace Exploration Agency
皓星社皓星社
Copyright (C) 2019 株式会社皓星社 All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのさきがけ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS