彗星とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 自然科学 > 宇宙 > 天体 > 彗星の意味・解説 

【彗星】(すいせい)

空技廠海軍航空技術廠)D4Y2.
大東亜戦争中期開発生産された、日本海軍艦上爆撃機

当初海軍九九式艦上爆撃機後継としてドイツのHe118国産化する計画立てていたが、機体構造量産準備問題があり、また国産意見強かったので、結局は国産落ち着いた
結果海軍は、昭和13年空技廠試作されていた十三試艦上爆撃機」を量産化することとし開発開始した

最大速度519km/h、航続距離1842kmの要求はかなり厳しく設計陣は徹底した空力洗練を行うことで対応した
そのためエンジンダイムラーベンツ製のDB-601A液冷エンジン採用量産型DB-601Aライセンス生産品である熱田一二型搭載)され、爆弾爆弾槽収納されることになった
昭和15年1月には試作機完成し予想通りの高性能発揮したが、各部改修強度問題の発生などで採用が遅れ、昭和18年12月にようやく「彗星一一型」として制式採用された。

なお、制式採用より以前爆弾槽カメラ装備したタイプが「二式艦上偵察機」として蒼龍先行して搭載されミッドウェー海戦にも参加した

しかし、空冷エンジン搭載した機体がほとんどだった日本製航空機には馴染み薄く整備しづらい傾向強かった液冷エンジンは、不調による稼働率低さ悩まされ後に空冷エンジン変更した機体製作されている。

スペックデータ(彗星一二型)

主なバリエーション


彗星 comet

太陽系を通る確定した軌道を持つ、ガスチリ凍ったかたまりスペクトル可視光線プリズム通過した時にできる色の帯。帯の色は、紫(波長が短い)から赤(波長長い)までにわたる

彗星

彗星の正体は氷や岩のかたまり

太陽系中には8つ惑星(わくせい)のほかにも、太陽のまわりを回っている天体ありますその1つが彗星(すいせい)です。彗星は、太陽近づく長い尾を引いて美しく輝きます。その本体は、直径km呼ばれる氷や岩のかたまりです。これが太陽近づくと、ガスやちりが蒸発して尾を引くように見えるのです。彗星は太陽近づくたびに蒸発してしまうので、やがては消滅してしまいます

尾を引いて流れる百武(ひゃくたけ)彗星
尾を引いて流れ百武(ひゃくたけ)彗星

宇宙のどこかにある「彗星の巣」

次から次へと彗星があらわれるのには、どこかに「彗星の巣」があるからではと考えられいましたその1つが太陽から1光年はなれた所にある「オールトの雲」です。オランダ天文学者オールト考えたものですが、その存在はまだ明らかにされていません。そしてもう1つが、アメリカ天文学者カイパー考えた冥王星内側にある「カイパーベルト」です。実際にこのあたりからは、小さな天体見つかってます。

彗星の尾には2つのタイプがある

彗星のいちばんの特徴は、その長い尾です。 しかし、その尾はいつもあるわけではありません。尾は太陽近づくあらわれるものなので、尾をもつ明るい彗星は日没後西の空か、日の出前東の空にしか見えません。尾の長さも、太陽地球の距離より長いものもあり、その種類は大きく2つ分けられます。1つ太陽反対の方向に、まっすぐ伸びる尾で、青く見えます。もう1つは、幅の広い曲がった尾で、太陽の光反射して黄色に見えます。これは固体のちりでできているものです。彗星によってはこの2ついっしょに見えこともあります。

1994年7月、木星に大衝突した彗星「シューメーカー・レビー9」
1994年7月木星大衝突した彗星「シューメーカー・レビー9」

さまざまな彗星が、長い時間をかけて太陽に近づく

198586年にかけて観測されハレー彗星有名ですハレー彗星76年周期太陽近づきます。ですから、次にハレー彗星太陽近づき地球から観測できるのは2061年になります。その周期は短いもので3年長いものは何千年もかけて太陽近づきます。このように規則正しく姿を見せる彗星もありますが、なかには、突然あらわれて二度と戻ってこないものもありますこれまで観測されたものには、1987年ブラッドフィールド彗星、1990年オースチン彗星、1992年スイフト・タットル彗星などがあります

彗星探査機「ジオット」が撮影したハレー彗星の核
彗星探査機ジオット」が撮影したハレー彗星


彗星

作者小川国夫

収載図書小川国夫全集 5 彼の故郷青銅時代闇の力
出版社小沢書店
刊行年月1992.11


彗星

作者ヨシイドク,ヨシイミツ

収載図書ねむりばこ
出版社新風舎
刊行年月2004.7


彗星

作者ブルーノ・シュルツ

収載図書シュルツ全小
出版社平凡社
刊行年月2005.11
シリーズ名平凡社ライブラリー


彗星

作者中村美与子

収載図書中村美与子探偵小説
出版社論創社
刊行年月2006.10
シリーズ名論創ミステリ叢書


彗星

読み方:スイセイsuisei

作者 小川国夫

初出 昭和45年

ジャンル 小説


彗星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 20:28 UTC 版)

彗星(すいせい、英語: comet)は、太陽系小天体のうち、おもになどでできており、太陽に近づいて一時的な大気であるコマや、コマの物質が流出した塵やイオン(テイル)を生じるものを指す。


  1. ^ Deiters, Stefan; Pailer, Dr. Norbert; Deverler, Susanne (2008). Astronomie: Eine Einführung in das Universum der Sterne. Komet. pp. 140-149. ISBN 978-3-898365-98-7 
  2. ^ Pilz, Uwe; Leitner, Burkhard (2013). Astro-Praxis: Kometen, Eine Einführung für Hobby-Astronomen. Oculum. pp. 40-45. ISBN 978-3-938469-60-6 
  3. ^ Hirschler, Johannes (2009年6月1日). “Kometen in der Geschichte”. Planet Wissen、Westdeutscher Rundfunk Köln、Südwestrundfunk、Bayerischer Rundfunk. 2013年10月28日閲覧。
  4. ^ 対外報告(第一報告:国際天文学連合における惑星の定義及び関連事項の取り扱いについて) (PDF)”. 日本学術会議物理学委員会IAU分科会及び天文学・宇宙物理学分科会 (2007年4月9日). 2010年1月31日閲覧。
  5. ^ a b 山本.中村(1984).
  6. ^ a b 彗星その本性と起源.
  7. ^ a b Yeomans, Donald K. (2005年). “Comet” (英語). World Book Online Reference Center. World Book. 2008年1月18日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年12月27日閲覧。
  8. ^ Meech, M. (1997年2月14日). “1997 Apparition of Comet Hale-Bopp: What We Can Learn from Bright Comets”. Planetary Science Research Discoveries. 2009年4月25日閲覧。
  9. ^ a b Stenger, R. (2001年4月6日). “Test boosts notion that comets brought life” (英語). CNN. 2009年1月27日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年4月25日閲覧。
  10. ^ Stardust Findings Suggest Comets More Complex Than Thought”. NASA (2006年12月14日). 2009年4月25日閲覧。
  11. ^ ぐんま天文台 ぐんま天文台で撮影・分光したニート彗星 (C/2001 Q4)
  12. ^ "Found: first amino acid on a comet"ニュー・サイエンティスト、17 August 2009
  13. ^ 井田 (2009)。
  14. ^ a b 彗星その本性と起源, p. 54.
  15. ^ a b Britt, R. R. (2001年11月29日). “Comet Borrelly Puzzle: Darkest Object in the Solar System”. Space.com. 2008年10月26日閲覧。
  16. ^ 広島大学宇宙科学センター 約40万倍も明るくなったホームズ彗星の詳細な観測”. 2013年5月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年1月11日閲覧。
  17. ^ 彗星その本性と起源, p. 56.
  18. ^ a b 彗星その本性と起源, p. 57.
  19. ^ 山本.中村(1984), p. 88.
  20. ^ Biermann, L. (1963). “The plasma tails of comets and the interplanetary plasma”. Space Science Reviews 1 (3): 553. doi:10.1007/BF00225271. 
  21. ^ C. M. Lisse, K. Dennerl, J. Englhauser, M. Harden, F. E. Marshall, M. J. Mumma, R. Petre, J. P. Pye, M. J. Ricketts, J. Schmitt, J. Trümper, R. G. West, others (1996). “Discovery of X-ray and Extreme Ultraviolet Emission from Comet C/Hyakutake 1996 B2”. Science (American Association for the Advancement of Science) 274 (5285): 205-209. doi:10.1126/science.274.5285.205. https://doi.org/10.1126/science.274.5285.205. 
  22. ^ 石田卓也「太陽風多価イオン衝突における電荷交換反応」首都大学東京、修士論文(理学)、2012年3月。
  23. ^ a b Small Bodies: Profile”. NASA/JPL (2008年10月29日). 2009年4月26日閲覧。
  24. ^ Comet” (英語). Encyclopedia Britannica Online. 2008年6月16日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年4月26日閲覧。
  25. ^ IAU bulletin IB74
  26. ^ Reddy, F. (2006年4月3日). “New comet class in Earth's backyard” (英語). アストロノミー. 2009年1月27日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年4月29日閲覧。
  27. ^ Davidsson, B. (2008年). “Comets - Relics from the birth of the Solar System”. Uppsala University. 2009年4月25日閲覧。
  28. ^ Johnston, R. (2009年11月21日). “Known populations of solar system objects”. 2010年1月30日閲覧。
  29. ^ JPL comet orbital elements”. Jet Propulsion Lab. 2008年12月27日閲覧。
  30. ^ How Many Comets Are There?”. Rosetta FAQ. 欧州宇宙機関 (2007年11月9日). 2009年12月16日閲覧。
  31. ^ Licht, A. L. (1999). “The Rate of Naked-Eye Comets from 101 BC to 1970 AD”. Icarus (Elsevier) 137 (2): 355. doi:10.1006/icar.1998.6048. ISSN 0019-1035. https://doi.org/10.1006/icar.1998.6048. 
  32. ^ 彗星その本性と起源, p. 33.
  33. ^ Bortman, Henry (2004年9月29日). “Coming Soon: "Good" Jupiters”. Astrobiology Magazine. 2007年8月5日閲覧。
  34. ^ Kronk, Gary W.. “11P/Tempel-Swift-LINEAR”. Gary W. Kronk's Cometography. 2009年4月27日閲覧。
  35. ^ John E., Bortle. “Five Methods to Estimate a Comet's Brightness”. 2010年1月31日閲覧。
  36. ^ 山本.中村(1984), p. 115.
  37. ^ 例として、彗星の光度変化を解析したり、彗星の観測を支援 Vector
  38. ^ What is the difference between asteroids and comets?”. Rosetta FAQ. European Space Agency. 2009年4月25日閲覧。
  39. ^ What Are Asteroids And Comets?”. Near Earth Object Program FAQ. NASA. 2009年4月25日閲覧。
  40. ^ Shiga, D. (2008年1月24日). “Comet samples are surprisingly asteroid-like”. ニュー・サイエンティスト. 2009年4月25日閲覧。
  41. ^ 彗星その本性と起源, p. 246.
  42. ^ 林 悟; 柳澤 正久; 佐藤 勲; 長谷川 均; 中島 崇; 福島 英雄 (2000年10月). “P117 小惑星(201)Penelopeの形状(ポスターセッション口頭1)”. 日本惑星科学会秋期講演会予稿集 (日本惑星科学会) 2000: 51. NAID 110009392487. 
  43. ^ Quanzhi Ye, Qicheng Zhang (2020年4月6日). “Possible Disintegration of Comet C/2019 Y4 (ATLAS)”. The Astronomer's Telegram. 2020年4月10日閲覧。
  44. ^ SOHO analyes a kamikaze comet”. European Space Agency (2001年2月23日). 2009年4月26日閲覧。
  45. ^ 200年前、海王星に彗星衝突”. ナショナルジオグラフィック (2010年7月26日). 2016年5月22日閲覧。
  46. ^ Muir, H. (2007年9月25日). “Earth's water brewed at home, not in space”. ニュー・サイエンティスト. 2009年4月26日閲覧。
  47. ^ a b Ridpath, Ian (2008年7月3日). “Halley and his Comet”. A brief history of Halley's Comet. 2009年4月27日閲覧。
  48. ^ a b c Kronk, Gary W.. “2P/Encke”. Gary W. Kronk's Cometography. 2009年4月27日閲覧。
  49. ^ a b c d 山本.中村(1984), p. 18.
  50. ^ a b Arnett, B. (2000年1月14日). “ 'Official' Astronomical Names”. International Astronomical Union. 2006年3月5日閲覧。
  51. ^ Comet Names and Designations; Comet Naming and Nomenclature; Names of Comets2000年版・第3段落
  52. ^ a b 京都コンピュータ学院
  53. ^ Long Live the King - Scene 1”. Bayeux tapestry. Museum of Reading. 2009年4月17日閲覧。
  54. ^ 関戸堯海「『立正安国論』と『吾妻鏡』」『印度學佛教學研究』第45巻第1号、日本印度学仏教学会、1996年、 232-236頁、 doi:10.4259/ibk.45.232ISSN 0019-4344NAID 110002662725
  55. ^ 彗星その本性と起源, p. 226.
  56. ^ Aristotle (350 BCE). “Book I, part 6”. Meteorologica. Webster, E. W. (trans.). http://classics.mit.edu/Aristotle/meteorology.1.i.html 
  57. ^ Aristotle (350 BCE). “Book I, part 7”. Meteorologica. Webster, E. W. (trans.). http://classics.mit.edu/Aristotle/meteorology.1.i.html 
  58. ^ a b A Brief History of Comets I (until 1950)”. European Southern Observatory (2003年10月17日). 2012年12月9日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年4月27日閲覧。
  59. ^ Maik Meyer. Catalog of comet discoveries”. 2008年7月16日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年5月15日閲覧。
  60. ^ a b 彗星その本性と起源, p. 231.
  61. ^ Newton, Isaac (1687). “Lib. 3, Prop. 41”. Philosophiæ Naturalis Principia Mathematica. Royal Society of London 
  62. ^ Halleio, Edmundo (1705). “IV. Astronomiæ cometicæ synopsis, Autore Edmundo Halleio apud Oxonienses Geometriæ Professore Saviliano, & Reg. Soc. S”. Philosophical Transactions 24: 1882-1899. doi:10.1098/rstl.1704.0064. https://doi.org/10.1098/rstl.1704.0064. 
  63. ^ Pepys, Samuel (1665). “March 1st”. Diary of Samuel Pepys. http://en.wikisource.org/wiki/Diary_of_Samuel_Pepys/1665/March#March_1st 
  64. ^ Sagan, Carl; Druyan, Ann (1985). Comet. Random House. pp. 42-43. ISBN 0-394-54908-2 
  65. ^ Sagan, Carl (1985).
  66. ^ ジェームズ・トムソン『四季』(1730年)
  67. ^ カール・セーガン / アン・ドルーヤン『ハレー彗星』(1985年)
  68. ^ Sagan, Carl (1985). 117
  69. ^ Kronk, Gary W.. “3D/Biela”. Gary W. Kronk's Cometography. 2022年1月27日閲覧。
  70. ^ Whipple, Fred L. (1950). “A comet model. I. The acceleration of Comet Encke”. Astrophysical Journal 111: 375-394. doi:10.1086/145272. 
  71. ^ a b 門野、中村、杉野『異星の踏査-「アポロ」から「はやぶさ」へ展図録』(2007) pp.179-188
  72. ^ Ridpath, Ian (2008年7月3日). “Awaiting the Comet”. A brief history of Halley's Comet. 2008年8月11日閲覧。
  73. ^ “Families Learning of 39 Cultists Who Died Willingly”. New York Times. (1997年3月29日). http://query.nytimes.com/gst/fullpage.html?res=9400E7DB133AF93AA15750C0A961958260&sec=health&spon=&pagewanted=all 2008年11月9日閲覧. "According to material the group posted on its Internet site, the timing of the suicides were probably related to the arrival of the Hale-Bopp comet, which members seemed to regard as a cosmic emissary beckoning them to another world." 
  74. ^ Kronk, Gary W.. “C/1975 V1 (West)”. Gary W. Kronk's Cometography. 2006年3月5日閲覧。
  75. ^ Kronk, Gary W.. “29P/Schwassmann-Wachmann 1”. Gary W. Kronk's Cometography. 2009年4月27日閲覧。
  76. ^ Kronk, Gary W.. “95P/Chiron”. Gary W. Kronk's Cometography. 2009年4月27日閲覧。
  77. ^ Kronk, Gary W.. “137P/Shoemaker-Levy 2”. Gary W. Kronk's Cometography. 2009年4月27日閲覧。
  78. ^ Kronk, Gary W.. “C/1979Q1 SOLWIND1” (英語). Cometography Home Page. 2010年8月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年8月8日閲覧。
  79. ^ a b Irish Astronomical Journal, Vol. 6, p. 191



彗星(すいせい)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/07 16:13 UTC 版)

黒の三鎖、砂鉄の妹。長い黒髪の美女スタイルもいい。叶わぬ恋をする苦しみから養父黒曜依存し、彼と関係を持っていた。

※この「彗星(すいせい)」の解説は、「金星特急」の解説の一部です。» 「金星特急」の概要を見る


彗星(すいせい)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/09 16:03 UTC 版)

3千年前にも地球近づいた凶星近づくほどにザイラの力を強めるらしい。

※この「彗星(すいせい)」の解説は、「るり色プリンセス」の解説の一部です。» 「るり色プリンセス」の概要を見る


彗星(ほうきぼし)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/24 23:57 UTC 版)

水平方向9G加速突進し交差した手刀で敵の頸部を加撃する交差手刀脚部充填され液体ロケット燃料(爆性ヒドラジン)を噴射することで、瞬間的に27トン負荷を敵に与える。本来この装備地上から上空の輸送機帰投するために使用される

※この「彗星(ほうきぼし)」の解説は、「エクゾスカル 零」の解説の一部です。» 「エクゾスカル 零」の概要を見る


彗星(ほうきぼし)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/24 23:57 UTC 版)

水平方向9G加速突進し交差した手刀で敵の頸部を加撃する交差手刀脚部充填され液体ロケット燃料(爆性ヒドラジン)を噴射することで、瞬間的に27トン負荷を敵に与える。本来この装備地上から上空の輸送機帰投するために使用される

※この「彗星(ほうきぼし)」の解説は、「エクゾスカル 零」の解説の一部です。» 「エクゾスカル 零」の概要を見る


彗星(すいせい)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 23:15 UTC 版)

初雫吟風交配種

※この「彗星(すいせい)」の解説は、「酒米」の解説の一部です。» 「酒米」の概要を見る


彗星(すいせい)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/24 02:09 UTC 版)

両手合わせて合掌し高みから刃物のようにふり落とすマナ乳房露出させた技。

※この「彗星(すいせい)」の解説は、「武天のカイト」の解説の一部です。» 「武天のカイト」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

彗星

出典:『Wiktionary』 (2021/12/08 23:25 UTC 版)

この単語漢字
すい
人名
せい
第二学年
漢音

発音

名詞:天体

(すいせい)

  1. (天体) 太陽系小天体のうち、太陽近づいた時にコマテイル生じるもの。太陽焦点とする二次曲線を描く。ほうき星

熟語

関連語

翻訳

名詞:連珠

(すいせい)

  1. (ボードゲーム) 連珠で、三手目までを図のように珠を置いた時の珠形。
関連語 直接打ちの珠形
寒星, 渓月, 疎星, 花月, 残月, 雨月, 金星, 松月, 丘月, 新月, 瑞星, 山月, 遊星
  • 間接打ちの珠形
    長星, 峡月, 恒星, 水月, 流星, 月, 浦月, 嵐月, 銀月, 明星, 斜月, 名月, 彗星

  • 「彗星」の例文・使い方・用例・文例

    Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



    彗星と同じ種類の言葉


    英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
    英語⇒日本語日本語⇒英語
      

    辞書ショートカット

    すべての辞書の索引

    検索ランキング

       

    英語⇒日本語
    日本語⇒英語
       



    彗星のページの著作権
    Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

      
    デジタル大辞泉デジタル大辞泉
    (C)Shogakukan Inc.
    株式会社 小学館
    日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
    Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
    航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
    この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
    MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
    日本惑星協会日本惑星協会
    All rights reserved. The Planetary Society of Japan 2022.
    JAXAJAXA
    Copyright 2022 Japan Aerospace Exploration Agency
    中経出版中経出版
    Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
    日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
    Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
    日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
    Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
    ウィキペディアウィキペディア
    All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
    この記事は、ウィキペディアの彗星 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
    ウィキペディアウィキペディア
    Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
    Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの金星特急 (改訂履歴)、るり色プリンセス (改訂履歴)、エクゾスカル 零 (改訂履歴)、エクゾスカル 零 (改訂履歴)、酒米 (改訂履歴)、武天のカイト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
    Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
    Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの彗星 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
    Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
     Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
    この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
    浜島書店 Catch a Wave
    Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
    株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
    Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
    研究社研究社
    Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
    日本語WordNet日本語WordNet
    日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
    WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
    日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
    Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
    「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
    EDRDGEDRDG
    This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

    ©2022 GRAS Group, Inc.RSS