土星とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 自然科学 > 宇宙 > > 土星の意味・解説 

土星

読み方:どせい
英語:Saturn

土星(英: Saturn)とは、太陽系内側から6番目の惑星のこと。太陽系の惑星の中では、木星次いで2番目に大きい。

太陽からの距離は約14億2940キロメートル地球からの距離は、軌道により異なるため一定ではないが、だいたい約12億〜165000キロメートルほど。土星の赤道半径は約6キロメートル地球の約9.4倍、体積地球の約745倍であるが、質量地球の約95倍しかなく、に浮くほど軽いことが特徴である。

土星は、64個の衛星および12本の環と6本の隙間発見されており、その中でも第6衛星の「タイタン」は、木星の衛星である「ガニメデ」に次いで太陽系では2番目に大きな衛星である。

構造としては、 木星類似した構成しており木星同様ガス主成分とし、中心に岩石存在する木星のように巨大な惑星を「木星型惑星と呼ぶが、土星も木星型惑星一種である。他のガス惑星同様に内部高温で、太陽から受けるエネルギー以上を放出している。

ヨーロッパでローマ神話主神ユピテル(別名:ジュピター)の父にあたるサターンの名が与えられており、中国では鎮星ちんせい)と呼ばれる日本語名は、古代中国からある「この世すべての物は、木・火・土・金・水5つ元素から成り立っている」という考え方を指す「五行説」からきている。 土星は、黄色がかった色から五行説の「土」が当てはめられた。

土星の特徴である環は、1610年ガリレオ・ガリレイ初めてその存在気がついたが、望遠鏡性能良くなかったために詳細把握できなかった。1655年クリスティアーン・ホイヘンスガリレオよりも数段優れた望遠鏡観測し、環が平らであることを発見。さらに1675年ジョヴァンニ・カッシーニが、土星の環は間をあけた複数の輪で構成されている事を発見した


ランウェイ
ランウェイ(英: runway)とは、ファッションモデルなどが歩く細長い舞台のこと。または、飛行場における滑走路のこと。runwayrun(走る)+way(道)という構成の単語だが、英語でもrunwayは「花道」「助走路」「滑走路という意味用いられる日本語でも英語でも、特に使われ方に差異はない。

ファッションモデルが歩くランウェイに関しては、幅が狭く通常平坦であり、オーディトリアム客席中に突き出していたり、屋外ならば客席エリア仕切ったりするような形で設置され、「キャットウォーク」と呼ばれることもある。 

土星

美しい輪をもつ惑星

望遠鏡で見る円盤のように見える土星は、太陽系の中では、木星次に大きな惑星(わくせい)で、大小32個の衛星をもってます。赤道にそった直径は、地球の約9倍です。密度小さく重さ地球95倍しありませんに浮くほど軽い天体です。木星よりも外側軌道を、約10.5時間自転しながら、29.5年の周期公転してます。美しく見える土星の輪氷のつぶでできていて、その幅は23kmを超えます。輪の層は大きく7つ分かれていて、ところどころにすき間あります

数1,000本の細い輪をもつ土星
数1,000本の細い輪をもつ土星

大気があり、木星とよく似たつくりの土星

土星のしま模様は、土星を囲む大気よるものです。大気水素ヘリウムメタンアンモニアなどの気体氷のつぶからできていると考えられています。大気温度低く、-170くらいです。土星の内部は、木星に似てます。主に水素ヘリウムからできているようです。しかし、大気木星ほど活発でありませんその下には、凍った水素の層があり、中心に固体があると考えられています。

土星の輪は岩や氷のつぶでできている

望遠鏡円盤のように見える土星の輪は、たくさんの細い輪が集まったものです最初に発見したのは、ガリレオ・ガリレイです。正しい形が発見されたのは、1655年のこと、オランダ天文学者ホイヘンスによってでした。その輪は、岩石氷のつぶの集まりです。つぶの大きさは、数ミリメートルから数メートル表面水やアンモニアの氷でおおわれているようです昔はひとつの衛星だったものが、土星に近づきすぎて、こなごなになったものと考えられています。輪は、太陽をめぐる道すじをたどるごとにかたむき変えて見えます。そして、30年でもとの形に戻ります

コンピューターによる画像処理で、輪を構成している物質の違いによって色分けされた土星の輪。外側のうすい茶色の部分がAリング、みどり色からオレンジ色にかけての部分がBリング、青く見えるのがCリング(撮影:ボイジャー2号)
コンピューターによる画像処理で、輪を構成している物質違いによって色分けされた土星の輪外側のうすい茶色部分Aリングみどり色からオレンジ色にかけて部分がBリング青く見えるのがCリング(撮影:ボイジャー2号)

確認されている土星の衛星は32個

1979年まで衛星10個とされていましたが、1980年に輪が細くなったとき、地球から新し衛星見つかりました。2004年にも土星探査機カッシーニミニ衛星発見し、現在は32個の衛星確認されています。タイタン」は太陽系の中で大気のあるめずらし衛星です。月の1.5倍、水星よりも大きいのです。「エンセラダス」は氷でおおわれ明る衛星です。多くのクレーター見られます。「ディオネ」は直径1,100kmほどの大きさで、大きなクレーターあります。そして「ミマス」は、直径400kmほどの衛星ですが、その直径の1/3もあるクレーターあります

土星とその衛星(合成)
土星とその衛星(合成)


どせい 【土星】

木星次いで大きな惑星。洋名サターンSaturn)で、農業の神または鉛の精とされ、占星術では災いの星とする。

土星

作者たむらしげる

収載図書水晶山脈
出版社中央出版アノニマ・スタジオ
刊行年月2005.6


土星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/29 00:56 UTC 版)

土星(どせい、ラテン語: Saturnus英語: Saturnギリシア語: Κρόνος)は、太陽から6番目の、太陽系の中では木星に次いで2番目に大きな惑星である。巨大ガス惑星に属する土星の平均半径は地球の約9倍に当たる[2][3]。平均密度は地球の1/8に過ぎないため、巨大な体積のわりに質量は地球の95倍程度である[4][5][6]。そのため、木星型惑星の一種と分類されている。


  1. ^ 天文年鑑2008年版より
  2. ^ Brainerd, Jerome James (2004年11月24日). “Characteristics of Saturn”. The Astrophysics Spectator. 2011年10月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年7月5日閲覧。
  3. ^ General Information About Saturn”. Scienceray (2011年7月28日). 2011年10月6日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年8月17日閲覧。
  4. ^ Brainerd, Jerome James (2004年10月6日). “Solar System Planets Compared to Earth”. The Astrophysics Spectator. 2011年10月6日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年7月5日閲覧。
  5. ^ Dunbar, Brian (2007年11月29日). “NASA – Saturn”. NASA. 2011年10月6日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年7月21日閲覧。
  6. ^ Mass of Saturn”. Universe Today (2008年7月3日). 2011年8月17日閲覧。
  7. ^ Brainerd, Jerome James (2004年10月27日). “Giant Gaseous Planets”. The Astrophysics Spectator. 2011年10月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年7月5日閲覧。
  8. ^ a b c Russell, C. T.; Luhmann, J. G. (1997年). “Saturn: Magnetic Field and Magnetosphere”. UCLA – IGPP Space Physics Center. 2011年10月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2007年4月29日閲覧。
  9. ^ “The Planets ('Giants')”. Science Channel. (2004年6月8日) 
  10. ^ Piazza, Enrico. “Saturn's Moons”. Cassini, Equinox Mission. JPL NASA. 2011年10月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年6月22日閲覧。
  11. ^ Munsell, Kirk (2005年4月6日). “The Story of Saturn”. NASA Jet Propulsion Laboratory; California Institute of Technology. 2011年8月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2007年7月7日閲覧。
  12. ^ a b c d e f g h 佐藤幸治 『文化としての暦』創言社、1998年。ISBN 9784881465066https://books.google.com/books?id=gw7jXCTz_ucC 
  13. ^ Time to Observe Saturn – Opposition Occurs February 23!”. Universe Today (2008年2月22日). 2011年10月6日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年7月19日閲覧。
  14. ^ Saturn: The Ringed Planet (PDF)”. 国際天文学連合. 2011年7月23日閲覧。
  15. ^ Melosh, H. Jay (2011). Planetary Surface Processes. Cambridge Planetary Science. 13. ケンブリッジ大学出版局. p. 5. ISBN 0-521-51418-5. https://books.google.co.jp/books?id=3bQD1DJgliIC&pg=PA5&redir_esc=y&hl=ja 
  16. ^ a b c d e f Williams, David R. (2006年9月7日). “Saturn Fact Sheet”. NASA. 2011年8月21日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2007年7月31日閲覧。
  17. ^ “Saturn – The Most Beautiful Planet of our solar system”, Preserve Articles, (January 23, 2011), オリジナルの2011年10月5日時点におけるアーカイブ。, https://www.webcitation.org/62D9uTOJ0?url=http://www.preservearticles.com/201101233659/saturn-the-most-beautiful-planet-of-our-solar-system.html 2011年7月24日閲覧。 
  18. ^ a b Fortney, Jonathan J.; Nettelmann, Nadine (May 2010), “The Interior Structure, Composition, and Evolution of Giant Planets”, Space Science Reviews 152 (1-4): 423–447, arXiv:0912.0533, Bibcode2010SSRv..152..423F, doi:10.1007/s11214-009-9582-x 
  19. ^ Williams, David R. (November 16, 2004), Jupiter Fact Sheet, NASA, オリジナルの2011年10月5日時点におけるアーカイブ。, https://www.webcitation.org/62D9vKbZz?url=http://nssdc.gsfc.nasa.gov/planetary/factsheet/jupiterfact.html 2007年8月2日閲覧。 
  20. ^ a b c Guillot, Tristan et al. (2009). “Saturn's Exploration Beyond Cassini-Huygens”. In Dougherty, Michele K.; Esposito, Larry W.; Krimigis, Stamatios M.,. Saturn from Cassini-Huygens. Springer Science+Business Media B.V.. p. 745. arXiv:0912.2020. Bibcode2009sfch.book..745G. doi:10.1007/978-1-4020-9217-6_23. ISBN 978-1-4020-9216-9 
  21. ^ Fortney, Jonathan J. (2004). “Looking into the Giant Planets”. Science 305 (5689): 1414–1415. doi:10.1126/science.1101352. PMID 15353790. 
  22. ^ Saumon, D.; Guillot, T. (July 2004). “Shock Compression of Deuterium and the Interiors of Jupiter and Saturn”. The Astrophysical Journal 609 (2): 1170–1180. arXiv:astro-ph/0403393. Bibcode2004ApJ...609.1170S. doi:10.1086/421257. 
  23. ^ Saturn”. BBC (2000年). 2011年8月21日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年7月19日閲覧。
  24. ^ Faure, Gunter; Mensing, Teresa M. (2007). Introduction to planetary science: the geological perspective. Springer. p. 337. ISBN 1-4020-5233-2. https://books.google.co.jp/books?id=U4FZp6f6q6MC&pg=PA337&redir_esc=y&hl=ja 
  25. ^ a b c d Saturn”. National Maritime Museum. 2011年10月6日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2007年7月6日閲覧。
  26. ^ Structure of Saturn's Interior”. Windows to the Universe. 2011年8月21日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年7月19日閲覧。
  27. ^ de Pater, Imke; Lissauer, Jack J. (2010). Planetary Sciences (2nd ed.). Cambridge University Press. pp. 254–255. ISBN 0-521-85371-0. https://books.google.co.jp/books?id=a_ijoTgDhnEC&pg=PA254&redir_esc=y&hl=ja 
  28. ^ NASA – Saturn”. NASA (2004年). 2011年8月21日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2007年7月27日閲覧。
  29. ^ 渡部潤一井田茂、佐々木晶 『太陽系と惑星』日本評論社〈シリーズ現代の天文学〉、2008年、p.70-頁。ISBN 978-4-535-60729-3 
  30. ^ Saturn. Universe Guide. Retrieved 29 March 2009.
  31. ^ Guillot, Tristan (1999). “Interiors of Giant Planets Inside and Outside the Solar System”. Science 286 (5437): 72–77. Bibcode1999Sci...286...72G. doi:10.1126/science.286.5437.72. PMID 10506563. 
  32. ^ Courtin, R. et al. (1967). “The Composition of Saturn's Atmosphere at Temperate Northern Latitudes from Voyager IRIS spectra”. Bulletin of the American Astronomical Society 15: 831. Bibcode1983BAAS...15..831C. 
  33. ^ Atmosphere of Saturn”. Universe Today (2009年1月22日). 2011年10月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年7月20日閲覧。
  34. ^ a b Guerlet, S.; Fouchet, T.; Bézard, B. (November 2008), “Ethane, acetylene and propane distribution in Saturn's stratosphere from Cassini/CIRS limb observations”, in Charbonnel, C.; Combes, F.; Samadi, R., SF2A-2008: Proceedings of the Annual meeting of the French Society of Astronomy and Astrophysics, p. 405, Bibcode2008sf2a.conf..405G 
  35. ^ Martinez, Carolina (2005年9月5日). “Cassini Discovers Saturn's Dynamic Clouds Run Deep”. NASA. 2011年10月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2007年4月29日閲覧。
  36. ^ Astronomers Find Giant Lightning Storm At Saturn”. ScienceDaily LLC (2007年). 2011年8月21日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2007年7月27日閲覧。
  37. ^ Orton, Glenn S. (September 2009). “Ground-Based Observational Support for Spacecraft Exploration of the Outer Planets”. Earth, Moon, and Planets 105 (2–4): 143–152. Bibcode2009EM&P..105..143O. doi:10.1007/s11038-009-9295-x. 
  38. ^ Dougherty, Michele K.; Esposito, Larry W.; Krimigis, Stamatios M., eds (2009). “Saturn from Cassini-Huygens”. Saturn from Cassini-Huygens (Springer): 162. Bibcode2009sfch.book.....D. doi:10.1007/978-1-4020-9217-6. ISBN 1-4020-9216-4. https://books.google.com/books?id=M56CHHxVMP4C&pg=PA162. 
  39. ^ AstroArts カッシーニと大型望遠鏡で土星の嵐を同時観測
  40. ^ AstroArts 土星の両極で猛烈な渦を観測
  41. ^ Pérez-Hoyos, S.; Sánchez-Laveg, A.; French, R. G.; J. F., Rojas (2005). “Saturn's cloud structure and temporal evolution from ten years of Hubble Space Telescope images (1994–2003)”. Icarus 176 (1): 155–174. Bibcode2005Icar..176..155P. doi:10.1016/j.icarus.2005.01.014. 
  42. ^ パトリック・ムーア英語版, ed., 1993 Yearbook of Astronomy, (London: W.W. Norton & Company, 1992), Mark Kidger, "The 1990 Great White Spot of Saturn", pp. 176–215.
  43. ^ Hamilton, Calvin J. (1997年). “Voyager Saturn Science Summary”. Solarviews. 2011年10月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2007年7月5日閲覧。
  44. ^ Watanabe, Susan (2007年3月27日). “Saturn's Strange Hexagon”. NASA. 2010年2月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2007年7月6日閲覧。
  45. ^ a b Warm Polar Vortex on Saturn”. Merrillville Community Planetarium (2007年). 2011年10月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2007年7月25日閲覧。
  46. ^ Godfrey, D. A. (1988). “A hexagonal feature around Saturn's North Pole”. Icarus 76 (2): 335. Bibcode1988Icar...76..335G. doi:10.1016/0019-1035(88)90075-9. 
  47. ^ Sanchez-Lavega, A.; Lecacheux, J.; Colas, F.; Laques, P. (1993). “Ground-based observations of Saturn's north polar SPOT and hexagon”. Science 260 (5106): 329–32. Bibcode1993Sci...260..329S. doi:10.1126/science.260.5106.329. PMID 17838249. 
  48. ^ Hubble Space Telescope Observations of the Atmospheric Dynamics in Saturn's South Pole from 1997 to 2002”. The American Astronomical Society (2002年10月8日). 2012年2月8日閲覧。
  49. ^ NASA catalog page for image PIA09187”. NASA Planetary Photojournal. 2011年10月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2007年5月23日閲覧。
  50. ^ “Huge 'hurricane' rages on Saturn”. BBC News. (2006年11月10日). オリジナルの2011年10月5日時点におけるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/62DA8ZsRl?url=http://news.bbc.co.uk/2/hi/6135450.stm?lsm 2011年9月29日閲覧。 
  51. ^ NASA Sees into the Eye of a Monster Storm on Saturn”. NASA (2006年11月9日). 2011年10月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2006年11月20日閲覧。
  52. ^ “New images show Saturn's weird hexagon cloud”. MSNBC. (2009年12月12日). オリジナルの2011年10月5日時点におけるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/62DA5Yz33?url=http://www.msnbc.msn.com/id/34352533/ns/technology_and_science-space/t/new-images-show-saturns-weird-hexagon-cloud/ 2011年9月29日閲覧。 
  53. ^ Godfrey, D. A. (1990-03-09). “The Rotation Period of Saturn's Polar Hexagon”. Science 247 (4947): 1206–1208. Bibcode1990Sci...247.1206G. doi:10.1126/science.247.4947.1206. PMID 17809277. 
  54. ^ Baines, Kevin H. et al. (December 2009). “Saturn's north polar cyclone and hexagon at depth revealed by Cassini/VIMS”. Planetary and Space Science 57 (14–15): 1671–1681. Bibcode2009P&SS...57.1671B. doi:10.1016/j.pss.2009.06.026. 
  55. ^ Ball, Philip (2006-05-19). “Geometric whirlpools revealed”. ネイチャー. doi:10.1038/news060515-17.  Bizarre geometric shapes that appear at the centre of swirling vortices in planetary atmospheres might be explained by a simple experiment with a bucket of water but correlating this to Saturn's pattern is by no means certain.
    惑星大気がつくる渦巻きの中央に現れる奇妙の幾何学的な形は、水を入れたバケツを使った簡単な実験で再現できる可能性もあるが、土星に現れるパターンとの関連づけは確実にできるとはいえない。
  56. ^ a b McDermott, Matthew (2000年). “Saturn: Atmosphere and Magnetosphere”. Thinkquest Internet Challenge. 2011年10月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2007年7月15日閲覧。
  57. ^ Voyager – Saturn's Magnetosphere”. NASA Jet Propulsion Laboratory (2010年10月18日). 2011年10月6日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年7月19日閲覧。
  58. ^ Atkinson, Nancy (2010年12月14日). “Hot Plasma Explosions Inflate Saturn's Magnetic Field”. Universe Today. オリジナルの2011年10月6日時点におけるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/62DnY9Cu6?url=http://www.universetoday.com/81713/hot-plasma-explosions-inflate-saturns-magnetic-field/ 2011年8月24日閲覧。 
  59. ^ Russell, Randy (2003年6月3日). “Saturn Magnetosphere Overview”. Windows to the Universe. 2011年10月6日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年7月19日閲覧。
  60. ^ Orbit of Saturn”. Universe Today (2009年1月26日). 2011年10月6日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年7月19日閲覧。
  61. ^ Benton, Julius (2006). Saturn and how to observe it. Astronomers' observing guides (11th ed.). Springer Science & Business. p. 136. ISBN 1-85233-887-3. https://books.google.co.jp/books?id=779fPuQmWeYC&pg=PA136&redir_esc=y&hl=ja 
  62. ^ Scientists Find That Saturn's Rotation Period is a Puzzle”. NASA (2004年6月28日). 2011年8月21日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2007年3月22日閲覧。
  63. ^ Cain, Fraser. "Saturn." Universe Today. 30 June 2008. Retrieved 17 August 2011.
  64. ^ “Enceladus Geysers Mask the Length of Saturn's Day” (プレスリリース), NASA Jet Propulsion Laboratory, (2007年3月22日), オリジナルの2011年10月6日時点におけるアーカイブ。, https://www.webcitation.org/62DnZvSKY?url=http://saturn.jpl.nasa.gov/news/press-release-details.cfm?newsID=733 2007年3月22日閲覧。 
  65. ^ Gurnett, D. A. et al. (2007). “The Variable Rotation Period of the Inner Region of Saturn's Plasma Disc”. Science 316 (5823): 442–5. Bibcode2007Sci...316..442G. doi:10.1126/science.1138562. PMID 17379775. 
  66. ^ Anderson, J. D.; Schubert, G. (2007). “Saturn's gravitational field, internal rotation and interior structure”. Science 317 (5843): 1384–1387. Bibcode2007Sci...317.1384A. doi:10.1126/science.1144835. PMID 17823351. 
  67. ^ Poulet F.; Cuzzi J.N. (2002). “The Composition of Saturn's Rings”. Icarus 160 (2): 350. Bibcode2002Icar..160..350P. doi:10.1006/icar.2002.6967. 
  68. ^ 「徹底図解 宇宙のしくみ」、新星出版社、2006年、p74
  69. ^ Shafiq, Muhammad (2005年). “Dusty Plasma Response to a Moving Test Change (PDF)”. 2007年7月25日閲覧。[リンク切れ]
  70. ^ AstroArts 土星大気の水はエンケラドスから
  71. ^ Spahn, F. et al. (2006). “Cassini Dust Measurements at Enceladus and Implications for the Origin of the E Ring”. Science 311 (5766): 1416–1418. Bibcode2006Sci...311.1416S. doi:10.1126/science.1121375. PMID 16527969. 
  72. ^ The Real Lord of the Rings”. Science@NASA (2002年2月12日). 2011年10月6日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年8月24日閲覧。
  73. ^ Age and Fate of Saturn's Rings (PD)”. Creation Concepts. 2011年7月23日閲覧。
  74. ^ Cowen, Rob (2009年11月7日). “Largest known planetary ring discovered”. Science News. 2011年10月6日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年4月9日閲覧。
  75. ^ Saturn Moons and Rings”. Windows to the Universe (2004年6月7日). 2011年10月6日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年7月19日閲覧。
  76. ^ NASA Jet Propulsion Laboratory (2005年3月3日). “NASA's Cassini Spacecraft Continues Making New Discoveries”. ScienceDaily. オリジナルの2011年10月6日時点におけるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/62DnbG4WW?url=http://www.sciencedaily.com/releases/2005/02/050225110106.htm 2011年7月19日閲覧。 
  77. ^ Chan, Gary (2000年). “Saturn: History Timeline”. 2011年8月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年5月27日閲覧。
  78. ^ Cain, Fraser (2008年7月3日). “History of Saturn”. Universe Today. 2011年10月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年5月27日閲覧。
  79. ^ Cain, Fraser (2008年7月7日). “Interesting Facts About Saturn”. Universe Today. 2011年10月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年5月27日閲覧。
  80. ^ Saturn: History of Discoveries”. 2011年8月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年5月27日閲覧。
  81. ^ a b c David R. Williams. “Saturnian Rings Fact Sheet”. NASA. 2018年5月27日閲覧。
  82. ^ Nicholson, P.D. and 16 co-authors (2008). “A close look at Saturn's rings with Cassini VIMS”. Icarus 193 (1): 182-212. Bibcode2008Icar..193..182N. doi:10.1016/j.icarus.2007.08.036. 
  83. ^ Baalke, Ron. “Historical Background of Saturn's Rings”. 1849 Roche Proposes Tidal Break-up. Jet Propulsion Laboratory. 2012年9月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2018年5月27日閲覧。
  84. ^ The Real Lord of the Rings”. 2008年9月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年5月27日閲覧。
  85. ^ 土星のF環と羊飼い衛星の起源をシミュレーションで解明”. AstroArts (2015年8月19日). 2018年5月27日閲覧。
  86. ^ Charnoz, S.; Porco, C.C. et al. (2005). “Cassini Discovers a Kinematic Spiral Ring Around Saturn” (PDF). Science 310 (5752): 1300-1304. Bibcode2005Sci...310.1300C. doi:10.1126/science.1119387. PMID 16311328. http://ciclops.org/media/sp/2007/2672_7431_0.pdf. 
  87. ^ F. Spahn (2006). “Cassini Dust Measurements at Enceladus and Implications for the Origin of the E Ring”. Science (American Association for the Advancement of Science) 311 (5766): 1416-1418. doi:10.1126/science.1121375. http://www.sciencemag.org/cgi/content/abstract/311/5766/1416. 
  88. ^ 衛星「エンケラドス」周囲に大量のメタノール”. AstroArts (2017年7月7日). 2018年5月27日閲覧。
  89. ^ The Alphabet Soup of Saturn's Rings”. The Planetary Society (2007年). 2018年5月27日閲覧。
  90. ^ Malik, Tarig (2005年9月15日). “Cassini Probe Spies Spokes in Saturn's Rings”. Imaginova Corp.. 2018年5月27日閲覧。
  91. ^ Wall, Mike (2011年6月21日). “Saturn's 'Ice Queen' Moon Helene Shimmers in New Photo”. Space.com. オリジナルの2011年10月6日時点におけるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/62DnbkDpz?url=http://www.space.com/12032-saturn-moon-helene-photo-cassini.html 2011年7月19日閲覧。 
  92. ^ Brunier, Serge (2005). Solar System Voyage. Cambridge University Press. p. 164. ISBN 978-0-521-80724-1 
  93. ^ Jones, G. H. et al. (2008-03-07). “The Dust Halo of Saturn's Largest Icy Moon, Rhea”. Science 319 (5868): 1380–1384. Bibcode2008Sci...319.1380J. doi:10.1126/science.1151524. PMID 18323452. 
  94. ^ Atkinson, Nancy (2010年11月26日). “Tenuous Oxygen Atmosphere Found Around Saturn's Moon Rhea”. Universe Today. オリジナルの2011年10月6日時点におけるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/62Dncp9IE?url=http://www.universetoday.com/8023/tenuous-oxygen-atmosphere-found-around-saturns-moon-rhea/ 2011年7月20日閲覧。 
  95. ^ NASA (2010年11月30日). “Thin air: Oxygen atmosphere found on Saturn's moon Rhea”. ScienceDaily. オリジナルの2011年10月6日時点におけるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/62DnctqqW?url=http://www.sciencedaily.com/releases/2010/11/101128222041.htm 2011年7月23日閲覧。 
  96. ^ “Oxygen found on Saturn moon: NASA spacecraft discovers Rhea has thin atmosphere rich in O2”. Daily Mail. (2010年11月26日). オリジナルの2011年10月6日時点におけるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/62DndEEUw?url=http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-1333294/Oxygen-Saturn-moon-Nasa-spacecraft-discovers-Rhea-atmosphere-rich-O2.html 2011年7月23日閲覧。 
  97. ^ Ryan, Clare (2010年11月26日). “Cassini reveals oxygen atmosphere of Saturn′s moon Rhea”. UCL Mullard Space Science Laboratory. オリジナルの2011年10月6日時点におけるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/62DneNysk?url=http://www.nasa.gov/mission_pages/cassini/whycassini/cassini20101126.html 2011年7月23日閲覧。 
  98. ^ Saturn's Known Satellites”. Department of Terrestrial Magnetism. 2011年10月6日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年6月22日閲覧。
  99. ^ “Cassini Finds Hydrocarbon Rains May Fill Titan Lakes”. ScienceDaily. (2009年1月30日). オリジナルの2011年10月6日時点におけるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/62Dnf8QFF?url=http://www.sciencedaily.com/releases/2009/01/090129182514.htm 2011年7月19日閲覧。 
  100. ^ Voyager – Titan”. NASA Jet Propulsion Laboratory (2010年10月18日). 2011年10月6日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年7月19日閲覧。
  101. ^ “Evidence of hydrocarbon lakes on Titan”. Associated Press. MSNBC. (2006年7月25日). オリジナルの2011年10月6日時点におけるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/62DnfbYNf?url=http://www.msnbc.msn.com/id/14029488/ns/technology_and_science-space/t/evidence-hydrocarbon-lakes-titan/ 2011年7月19日閲覧。 
  102. ^ “Hydrocarbon lake finally confirmed on Titan”. コスモス (雑誌)英語版. (2008年7月31日). オリジナルの2011年10月6日時点におけるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/62DngLEx4?url=http://www.cosmosmagazine.com/news/2109/ethane-lake-finally-confirmed-titan 2011年7月19日閲覧。 
  103. ^ NASA (2008年4月21日). “Could There Be Life On Saturn's Moon Enceladus?”. ScienceDaily. 2011年10月6日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年7月19日閲覧。
  104. ^ Madrigal, Alexis (2009年6月24日). “Hunt for Life on Saturnian Moon Heats Up”. Wired Science. オリジナルの2011年10月6日時点におけるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/62DnhA5pt?url=http://www.wired.com/wiredscience/2009/06/enceladusocean/ 2011年7月19日閲覧。 
  105. ^ Spotts, Peter N. (2005年9月28日). “Life beyond Earth? Potential solar system sites pop up”. USA Today. オリジナルの2011年10月6日時点におけるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/62DnhtWmA?url=http://www.usatoday.com/tech/science/space/2005-09-28-solar-system-life_x.htm 2011年7月21日閲覧。 
  106. ^ Pili, Unofre (2009年9月9日). “Enceladus: Saturn′s Moon, Has Liquid Ocean of Water”. Scienceray. 2011年10月6日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年7月21日閲覧。
  107. ^ “Strongest evidence yet indicates Enceladus hiding saltwater ocean”. Physorg. (2011年6月22日). オリジナルの2011年10月6日時点におけるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/62DnjNuaJ?url=http://www.physorg.com/news/2011-06-strongest-evidence-icy-saturn-moon.html 2011年7月19日閲覧。 
  108. ^ Kaufman, Marc (2011年6月22日). “Saturn′s moon Enceladus shows evidence of an ocean beneath its surface”. Washington Post. オリジナルの2011年10月6日時点におけるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/62Dnk6EPJ?url=http://www.washingtonpost.com/national/health-science/saturns-moon-enceladus-shows-evidence-of-an-ocean-beneath-its-surface/2011/06/22/AGWYaPgH_story.html 2011年7月19日閲覧。 
  109. ^ Greicius, Tony; Dunbar, Brian (2011年6月22日). “Cassini Captures Ocean-Like Spray at Saturn Moon”. NASA. オリジナルの2011年10月6日時点におけるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/62DnkyeG2?url=http://www.nasa.gov/mission_pages/cassini/whycassini/cassini20110622.html 2011年9月17日閲覧。 
  110. ^ Saturn History”. NASA. 2018年6月4日閲覧。
  111. ^ Sachs, A. (1974-05-02). “Babylonian Observational Astronomy”. Philosophical Transactions (The Royal Society) 276 (1257): 43–50 [45 & 48–9]. Bibcode1974RSPTA.276...43S. doi:10.1098/rsta.1974.0008. JSTOR 74273. (Sachs (1974)『フィロソフィカル・トランザクションズ王立協会
  112. ^ a b c ノイゲバウアー, オットー 著、矢野道雄, 斎藤潔 訳 『古代の精密科学』恒星社厚生閣〈科学史選書〉、1984年1月。ISBN 978-4769906803 
  113. ^ a b Hanna-Fatuhi, Amer (2012). The Untold Story of Native Iraqis: Chaldean Mesopotamians 5300 BC - Present. Xlibris Corporation. ISBN 9781469196893. https://books.google.com/books?id=sQtOAAAAQBAJ&pg=PAPT480 
  114. ^ a b Ptolemy's Planetary Mean Motions Revisited”. 2018年5月31日閲覧。
  115. ^ a b Copernicus, Nicholas (2016). On the Revolutions II. Rosen, Jerzy Dobrzycki. Springer. pp. 451. ISBN 9781349017768. https://books.google.com/books?id=2zSFCwAAQBAJ コペルニクス天体の回転について』の英語訳)
  116. ^ a b Harland, David Michael (2007). Cassini at Saturn: Huygens results. p. 1. ISBN 978-0-387-26129-4. https://books.google.co.jp/books?id=ScORNbV0E8wC&pg=PA1&redir_esc=y&hl=ja 
  117. ^ a b c d Staff (April 1893). “Superstitions about Saturn”. The Popular Science Monthly: 862. https://books.google.co.jp/books?id=cSADAAAAMBAJ&pg=PA862&redir_esc=y&hl=ja. 
  118. ^ a b c Sullivan, Erin (2002). Saturn In Transit. Motilal Banarsidass Publishe. ISBN 9788120818293. https://books.google.com/books?id=DQcG2vHEKa8C 
  119. ^ a b 佐藤, 任 『古代インドの科学思想』東京書籍、1988年10月25日。ISBN 4-487-75210-8 
  120. ^ a b c Krishan Kant Bhardwaj (2017-04-20). The Essence of Vedic Astrology: Divine Light To Illuminate The Path of Life. Educreation Publishing. https://books.google.com/books?id=XV-eDgAAQBAJ 
  121. ^ a b 陳久金 『中國星座神話』五南圖書出版股份有限公司、2005年。ISBN 9789867332257https://books.google.com/books?id=0Vex0rYzdu8C&pg=PA379 
  122. ^ a b 川原, 秀城 『中国の科学思想』創文社、1996年1月。ISBN 4-423-19412-0 
  123. ^ Cessna, Abby (2009年11月15日). “When Was Saturn Discovered?”. Universe Today. 2011年10月6日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年7月21日閲覧。
  124. ^ a b Eastman, Jack (1998年). “Saturn in Binoculars”. The Denver Astronomical Society. 2011年8月21日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年9月3日閲覧。
  125. ^ Chan, Gary (2000年). “Saturn: History Timeline”. 2011年8月21日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2007年7月16日閲覧。
  126. ^ Cain, Fraser (2008年7月3日). “History of Saturn”. Universe Today. 2011年10月6日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年7月24日閲覧。
  127. ^ Cain, Fraser (2008年7月7日). “Interesting Facts About Saturn”. Universe Today. 2011年10月6日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年9月17日閲覧。
  128. ^ Who Discovered Saturn?”. Universe Today (2009年11月27日). 2011年10月6日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年9月17日閲覧。
  129. ^ Saturn: History of Discoveries”. 2011年8月21日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2007年7月15日閲覧。
  130. ^ a b Barton, Samuel G. (April 1946). “The names of the satellites”. Popular Astronomy 54: 122–130. Bibcode1946PA.....54..122B. 
  131. ^ Kuiper, Gerard P. (November 1944). “Titan: a Satellite with an Atmosphere”. Astrophysical Journal 100: 378–388. Bibcode1944ApJ...100..378K. doi:10.1086/144679. 
  132. ^ a b Schmude, Richard W Jr (2003年). “Saturn in 2002–03”. Georgia Journal of Science. オリジナルの2007年10月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20071016182307/http://findarticles.com/p/articles/mi_qa4015/is_200301/ai_n9338203 2007年10月14日閲覧。 
  133. ^ The Pioneer 10 & 11 Spacecraft”. Mission Descriptions. 2006年1月30日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2007年7月5日閲覧。
  134. ^ a b Missions to Saturn”. The Planetary Society (2007年). 2011年8月21日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2007年7月24日閲覧。
  135. ^ Dyches, Preston (2014年7月28日). “Cassini Spacecraft Reveals 101 Geysers and More on Icy Saturn Moon”. NASA. 2014年7月29日閲覧。
  136. ^ “Titan: tapping the flood of data”, Nature 438: 538–539, (December 2005), doi:10.1038/438538a 
  137. ^ Lebreton, Jean-Pierre et al. (December 2005). “An overview of the descent and landing of the Huygens probe on Titan”. Nature 438 (7069): 758–764. Bibcode2005Natur.438..758L. doi:10.1038/nature04347. PMID 16319826. 
  138. ^ NASA's Cassini Discovers Potential Liquid Water on Enceladus”. ジェット推進研究所 (2006年3月9日). 2011年8月21日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年6月3日閲覧。
  139. ^ Lovett, Richard A. (2011-05-31). “Enceladus named sweetest spot for alien life”. Nature (ネイチャー). doi:10.1038/news.2011.337. オリジナルの2011年10月6日時点におけるアーカイブ。. http://www.nature.com/news/2011/110531/full/news.2011.337.html 2011年6月3日閲覧。. 
  140. ^ Saturn's Enceladus Moves to Top of "Most-Likely-to-Have-Life" List”. The Daily Galaxy (2011年6月2日). 2011年8月21日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年6月3日閲覧。
  141. ^ Shiga, David (2007年9月20日). “Faint new ring discovered around Saturn”. NewScientist.com. 2011年8月21日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2007年7月8日閲覧。
  142. ^ Rincon, Paul (2007年3月14日). “Probe reveals seas on Saturn moon”. BBC. オリジナルの2011年10月6日時点におけるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/62Dno9eEL?url=http://news.bbc.co.uk/2/hi/science/nature/6449081.stm 2007年9月26日閲覧。 
  143. ^ Rincon, Paul (2006年11月10日). “Huge 'hurricane' rages on Saturn”. BBC. オリジナルの2011年10月6日時点におけるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/62Dnp4804?url=http://news.bbc.co.uk/2/hi/science/nature/6135450.stm 2007年7月12日閲覧。 
  144. ^ Mission overview – introduction”. Cassini Solstice Mission. NASA / JPL (2010年). 2011年8月21日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年11月23日閲覧。
  145. ^ Cassini End of Mission”. NASA (2017年9月15日). 2018年5月27日閲覧。



土星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 19:32 UTC 版)

宇宙戦艦ヤマト」の記事における「土星」の解説

太陽系第6惑星

※この「土星」の解説は、「宇宙戦艦ヤマト」の解説の一部です。
「土星」を含む「宇宙戦艦ヤマト」の記事については、「宇宙戦艦ヤマト」の概要を参照ください。


土星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 04:41 UTC 版)

宇宙戦艦ヤマトシリーズの天体」の記事における「土星」の解説

「土星」も参照 オリジナルシリーズ 『宇宙戦艦ヤマト』 第6話登場する衛星タイタン」に波動エンジンエネルギー伝導管の補修必要な宇宙合金用のコスモナイト鉱石が、微量ながら埋蔵されている冥王星会戦海戦)で撃沈されたゆきかぜが、氷結した態で発見される『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』 土星の環中に鉱石元素収集目的とした資源開発基地浮かんでいる『宇宙戦艦ヤマト2』 タイタン基地(土星基地)が存在し第18話白色彗星帝国の太陽系侵攻判明した際、艦隊総司令土方竜命令地球防衛軍連合艦隊集結する。 第20話第21話白色彗星帝国迎え撃った地球防衛軍は、主力タイタン前衛ヒペリオン後衛レアディオネ予備軍カッシーニの隙間布陣しヤマト率い空母部隊はヤペトウスを迂回してフェーベ沖で敵空母部隊襲撃した『ヤマトよ永遠に』 暗黒星団帝国重核子爆弾によって基地要員全滅する『宇宙戦艦ヤマトIII』 第18話において、太陽制御作業訪れたガルマン・ガミラス工作船団を藤堂平九郎出迎える。 『宇宙戦艦ヤマト 完結編』 宙域スペースコロニー建設されており、アクエリアスにより水没する地球からの避難先として登場する『宇宙戦艦ヤマト 復活篇』 太陽系進入していたカスケードブラックホール呑みこまれるPSゲームシリーズ 『宇宙戦艦ヤマト 遥かなる星イスカンダル』『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』では、原作となるアニメ版ほぼ同じ設定描写である。『宇宙戦艦ヤマト イスカンダルへの追憶』 『さらば』での土星会戦残骸無数に漂っている白色彗星帝国残存艦隊集結しており、ステージ03雷王作戦」にて一部木星への捨て身進攻図ったほか、ステージ05「土星圏・るもの」において土星圏に残った艦隊とも交戦することになる。 『2199』シリーズ 『宇宙戦艦ヤマト2199』 第4話登場する衛星エンケラドゥス」が旧作におけるタイタンと同じ位置づけにあり、コンデンサー修理不可欠なコスモナイト90採掘場跡地存在する。 メ号作戦冥王星海戦)において行方不明になったユキカゼ氷結した態で存在し生存者誰もいなくなった後も救難信号送り続けていた。 『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』 第17話初登場する。戦闘艦40から成るエンケラドゥス守備隊駐留している。 バルゼー率いガトランティス第七機動艦隊山南率い地球艦隊交戦するその後、ワープアウトしてきた白色彗星およびその内部の都市帝国によって全体3分の1近くが抉られるように崩壊するその後銀河率い地球ガミラス連合艦隊彗星侵攻妨害するが、最終的に突破される。

※この「土星」の解説は、「宇宙戦艦ヤマトシリーズの天体」の解説の一部です。
「土星」を含む「宇宙戦艦ヤマトシリーズの天体」の記事については、「宇宙戦艦ヤマトシリーズの天体」の概要を参照ください。


土星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/29 06:38 UTC 版)

伝説シリーズ」の記事における「土星」の解説

空々名付けは『リングイーネ』。擬人化態は天使

※この「土星」の解説は、「伝説シリーズ」の解説の一部です。
「土星」を含む「伝説シリーズ」の記事については、「伝説シリーズ」の概要を参照ください。


土星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/04 04:22 UTC 版)

衛星の命名」の記事における「土星」の解説

詳細は「土星の衛星を参照 1847年イギリス天文学者ジョン・ハーシェルによって、当時発見されていた土星の7つ衛星に名前が与えられたハーシェルは最も内側2つ衛星にはギリシア神話巨人族から名前を与え (ミマスエンケラドゥス)、外側5つにはティーターン男性 (タイタンイアペトゥス) と女性 (テティスディオネレア) から名前を与えたそれまでは、タイタン発見者の名前からホイヘンス土星の衛星」(Huygenian/Huyghenian satellite of Saturn) として知られ、その他は土星に近い順にローマ数字用いた番号呼ばれていた。その後に発見され土星の衛星への命名は、ハーシェルの方法にならったものになったハーシェル命名直後1848年発見されヒペリオンと、1899年発見直後に発見者によって名前を与えられた9番目衛星フェーベは、それぞれティーターン男性と女性から名前が与えられている。ただし発見者であるオドゥワン・ドルフュスによって命名されヤヌスは、ローマ神話登場人物から名前が与えられている新しく発見された土星の内側衛星への命名におけるIAU慣習ハーシェルの方法を踏襲したものであり、ティーターンその子孫から名前を採っている。しかし21世紀発見され衛星の数が増えたため、IAU外側衛星に対する新しい命名の指針を作成した2004年7月IAU総会で、WGPSNはギリシア神話ローマ神話以外の神話登場する巨人怪物の名前を土星の衛星与えこととした。土星の外部衛星軌道要素から3つの群に分類することができるため、それぞれ北欧神話 (北欧群)、ケルト神話 (ガリア群)、イヌイット神話 (イヌイット群) の名前から命名されている。この指針から外れている唯一の衛星は、北欧群属するもののギリシア神話由来する名前を持つフェーベである。

※この「土星」の解説は、「衛星の命名」の解説の一部です。
「土星」を含む「衛星の命名」の記事については、「衛星の命名」の概要を参照ください。


土星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/18 09:47 UTC 版)

我が子を食らうサトゥルヌス (ルーベンス)」の記事における「土星」の解説

画面上部に描かれた土星は1610年ガリレオ・ガリレイが行った土星の輪天体観測による。当時はまだ土星に環があること知られておらずガリレオ用いた性能の低い天体望遠鏡では土星を中心に3つの星が並んでいるように見えたガリレオ公転によって見え方変化する土星の環困惑しながらも記録しており、ルーベンスはこうした当時天文学に関する最新の知見取り入れて土星を描いている。なお、ガリレオ発見したものが環の形状をしていると分かったのはルーベンス死後から15年経った1655年クリスティアーン・ホイヘンス観測によってであり、土星の衛星発見されたのもこれ以降のことである。

※この「土星」の解説は、「我が子を食らうサトゥルヌス (ルーベンス)」の解説の一部です。
「土星」を含む「我が子を食らうサトゥルヌス (ルーベンス)」の記事については、「我が子を食らうサトゥルヌス (ルーベンス)」の概要を参照ください。


土星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/08 08:24 UTC 版)

逆行衛星」の記事における「土星」の解説

土星の衛星」も参照 土星の82個の衛星のうち58個が不規則衛星であり、そのうち北欧群及びそのサブグループスカジ群、ナルビ群に属す46個の衛星が土星に対して逆行している。これらの中で最大のフェーベは、エッジワース・カイパーベルト起源を持つケンタウルス族小天体が土星に捕獲されものである考えられている。

※この「土星」の解説は、「逆行衛星」の解説の一部です。
「土星」を含む「逆行衛星」の記事については、「逆行衛星」の概要を参照ください。


土星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/11 07:47 UTC 版)

クトゥルフ神話の星々」の記事における「土星」の解説

ハイパーボリア名称:サイクラノーシュ Cykranosh。クトゥルフ神話宇宙では、ガス天体ではない。

※この「土星」の解説は、「クトゥルフ神話の星々」の解説の一部です。
「土星」を含む「クトゥルフ神話の星々」の記事については、「クトゥルフ神話の星々」の概要を参照ください。


土星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/05 06:23 UTC 版)

四体液説」の記事における「土星」の解説

黒胆汁結びつき貧民犯罪者身体障害者インディオなど、当時ヨーロッパで差別され人々関係する

※この「土星」の解説は、「四体液説」の解説の一部です。
「土星」を含む「四体液説」の記事については、「四体液説」の概要を参照ください。


土星(太陽系第6惑星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/01 14:09 UTC 版)

太陽系」の記事における「土星(太陽系第6惑星)」の解説

詳細は「土星」を参照 土星(英語: Saturn)は、太陽系の第6惑星大きな環が特徴的だが、大気組成磁気圏など、木星よく似ている点が多い。しかし、体積木星60パーセントにあたるが、質量地球95倍と、木星3分の1にも満たないそのため、土星は太陽系の惑星唯一よりも低密度惑星である。 土星の環は、おもに氷と岩石でできた小天体から構成されている。土星は、大部分が氷からなる82個の衛星を持つことが知られており、このうちタイタンエンケラドゥス2つでは、地質活動存在示されている。タイタンガニメデ次いで太陽系内では2番目に大きな衛星で、こちらも水星より大きく、また太陽系内の衛星唯一、濃い大気を持つ。

※この「土星(太陽系第6惑星)」の解説は、「太陽系」の解説の一部です。
「土星(太陽系第6惑星)」を含む「太陽系」の記事については、「太陽系」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「土星」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

土星

出典:『Wiktionary』 (2021/10/04 11:30 UTC 版)

固有名詞

 どせい

  1. 太陽系太陽目に近い、太陽系目に大き惑星で、輪を持つ。主成分水素などのガス太陽系唯一平均密度よりも軽い。

発音(?)

ど↗せー

翻訳

関連語


「土星」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



土星と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



土星のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JAXAJAXA
Copyright 2022 Japan Aerospace Exploration Agency
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの土星 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの宇宙戦艦ヤマト (改訂履歴)、宇宙戦艦ヤマトシリーズの天体 (改訂履歴)、伝説シリーズ (改訂履歴)、衛星の命名 (改訂履歴)、我が子を食らうサトゥルヌス (ルーベンス) (改訂履歴)、逆行衛星 (改訂履歴)、クトゥルフ神話の星々 (改訂履歴)、四体液説 (改訂履歴)、太陽系 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの土星 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS