地球の大気とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 気象 > 気象 > 大気 > 地球の大気の意味・解説 

地球の大気

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/25 21:45 UTC 版)

地球の大気(ちきゅうのたいき、: earth's atmosphere[1])とは、地球の表面を層状に覆っている気体のこと[2]地球科学の諸分野で「地表を覆う気体」としての大気を扱う場合は「大気」と呼ぶが、一般的に「身近に存在する大気」や「一定量の大気のまとまり」等としての大気を扱う場合は「空気(air)」と呼ぶ。




注釈

  1. ^ "atmosphere"はギリシャ語で蒸気や気体を意味する"atmos"と、球体や圏を意味する"sphaira"からきている
  2. ^ 気象庁のページ二酸化炭素分布情報等も参照。
  3. ^ 太陽系で大気中に窒素が大量に存在するのは地球と土星衛星タイタンだけであり、窒素ガスの形成は同様の過程が考えられている。タイタンの場合、高温となった原因に巨大隕石との衝突があったとする説が提唱されている[13]

出典

  1. ^ 文部省日本物理学会編『学術用語集 物理学編』培風館、1990年。ISBN 4-563-02195-4
  2. ^ a b c Yahoo! Japan辞書(大辞泉たい‐き【大気】 Archived 2013年7月29日, at the Wayback Machine.
  3. ^ Yahoo! Japan辞書(大辞泉たいき‐けん【大気圏】 Archived 2013年7月29日, at the Wayback Machine.
  4. ^ 空と宇宙の境目はどこですか?”. ファン!ファン!JAXA!. 2019年7月11日閲覧。
  5. ^ スペースアルク 語源辞典"atmosphere Archived 2013年5月18日, at the Wayback Machine."
  6. ^ a b 超高層大気 理科年表オフィシャルサイト
  7. ^ 気象庁WMO温室効果ガス年報 気象庁訳 (PDF) 」2012年11月
  8. ^ 環境省 大気汚染物質広域監視システム(そらまめくん)「大気汚染物質(常時監視測定項目)について
  9. ^ kikakurui.com 「JIS W 0201:1990 標準大気
  10. ^ 文部省編『学術用語集 地学編』日本学術振興会、1984年、27頁。ISBN 4-8181-8401-2
  11. ^ 1.6 有機地球化学 (PDF)”. 日本有機地球化学会. 2018年11月22日閲覧。
  12. ^ 阿部豊、田近英一. “2007年、創立125周年記念解説『大気の進化』 (PDF)”. 日本気象協会. 2018年11月22日閲覧。
  13. ^ 冷たい第2の地球、土星衛星タイタンの窒素大気の起源を解明”. 東京大学大学院新領域創成科学研究科. 2018年11月22日閲覧。


「地球の大気」の続きの解説一覧




地球の大気と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「地球の大気」の関連用語

地球の大気のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



地球の大気のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの地球の大気 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS