生命の起源とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 生命の起源の意味・解説 

生命の起源

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/09 17:34 UTC 版)

生命の起源(せいめいのきげん、Origin of life)は、地球上の生命の最初の誕生・生物が無生物質から発生した過程[1]のことである。それをテーマとした論や説は生命起源論: abiogenesis)という。




  1. ^ a b 『岩波生物学事典』 第四版 p.766「生命の起源」
  2. ^ ちなみに、2009年に全米科学振興協会に所属する科学者たちに対して調査を行ったところ、科学者のちょうど半数ほど(51%)が、神あるいは何らかの超越的な力を信じている、と回答した。
  3. ^ 東京化学同人『生化学辞典』「生命の起源」
  4. ^ ウィキソース版『創世記』で、その内容を読むことができる。
  5. ^ a b c d 野田春彦『生命の起源』培風館、1996年、「第二章」
  6. ^ a b c d 『岩波生物学事典』 第四版 p.575「自然発生」
  7. ^ 『世界大百科事典』平凡社、1988「自然発生説」
  8. ^ 『岩波生物学事典』 第四版 p.575
  9. ^ J. F. Kasting, Earth's early atmosphere,Science 12 February 1993: Vol. 259 no. 5097 pp. 920-926
  10. ^ Schoph, J. W., ed. Major Events in the History of Life. Boston, Jones and Bartlett Publishers, 1992. p.12
  11. ^ Furukawa et al., Biomolecule formation by oceanic impacts on early Earth. Nature Geoscience, 2 (2009), 62-66
  12. ^ http://www.natureasia.com/ja-jp/research/highlight/853
  13. ^ http://www.newscientist.com/article/dn24199-crack-a-comet-to-spawn-the-ingredients-of-life.html#.VN62LsIcSHt
  14. ^ 池谷仙之、北里洋『地球生物学―地球と生命の進化』東京大学出版会、2004年、81頁。ISBN 978-4-130627-11-5
  15. ^ http://www.nasa.gov/mission_pages/stardust/news/stardust_amino_acid.html
  16. ^ http://www.cnn.co.jp/fringe/30003666.html
  17. ^ Callahan et al., PANS vol. 108 no. 34, 13995–13998
  18. ^ Furukawa, Yoshihiro; Chikaraishi, Yoshito; Ohkouchi, Naohiko; Ogawa, Nanako O.; Glavin, Daniel P.; Dworkin, Jason P.; Abe, Chiaki; Nakamura, Tomoki (2019-12-03). “Extraterrestrial ribose and other sugars in primitive meteorites” (英語). Proceedings of the National Academy of Sciences 116 (49): 24440–24445. doi:10.1073/pnas.1907169116. ISSN 0027-8424. http://www.pnas.org/lookup/doi/10.1073/pnas.1907169116. 
  19. ^ 長沼毅, 井田茂『地球外生命 われわれは孤独か』岩波書店、2014年、51頁。ISBN 978-4-00-431469-1
  20. ^ Sreedhara, A., Li, Y. & Breaker, R. R. J. Am. Chem. Soc. 126, 3454-3460
  21. ^ JAXA ISASニュース 2017年12月号など、様々な資料で活動実績や予定が説明されている。
  22. ^ 若い科学者が、科学者としてポスト(職)を確保しキャリアを形成してゆくためには、まずは具体的な成果を出しつづけることが大切で、成果らしい成果も出せない研究に何年も関わっていると、キャリアが行き詰まる結果にもなる。近年の科学界で起きた、(苦い出来事として、科学界で共有されている出来事としては)フライシュマンやポンズらによって「常温核融合」の説が発表されたあとしばらくは、その説(仮説)がとても魅力的に見えて、多人数の科学者が実験を行ったものの、誰も(あるいは「ほぼ誰も」)追試に成功せず、科学界が次第に「暗雲が垂れ込めた」ような雰囲気になり、そうなってようやく、「そもそもその説は正しかったのか、根本的な間違いが含まれているのではないか」と疑念が広がり、その説に関わるのは、研究者のキャリア選択としては非常に危険だ、として、説の実験を行う科学者の数自体が減っていったようなものである。科学者として若くて貴重な時期をふいにした科学者が膨大な数生まれ、多くの若い科学者の人生に被害をもたらした。
  23. ^ “約40億年前の生命か 地球最古の化石発見に異論も”. 『ナショナルジオグラフィック日本版』、日本経済新聞電子版. (2017年3月20日). http://style.nikkei.com/article/DGXMZO13811130Y7A300C1000000?channel=DF130120166020 
  24. ^ “熱水噴出孔 周囲で電流確認 有機物に影響、生命誕生か”. 毎日新聞朝刊. (2017年5月7日). https://mainichi.jp/articles/20170507/k00/00m/040/113000c 
  25. ^ NEWS WEEK 2018年12月13日「地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される」松岡由起子 執筆担当





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「生命の起源」の関連用語

生命の起源のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



生命の起源のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの生命の起源 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS