ヤハウェとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > > ヤハウェの意味・解説 

ヤハウェ【Yahweh】

読み方:やはうぇ

ヤーウェ


ヤハウェ

エホバ

ヤハウェ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/26 04:33 UTC 版)

ヤハウェヘブライ語: יהוה‎、フェニキア語: 𐤉𐤄𐤅𐤄古アラム語英語版: 𐡉𐡄𐡅𐡄英語: Yahweh)は、モーセに啓示されたの名である[1]旧約聖書新約聖書等における唯一神、万物の創造者の名でもある。


注釈

  1. ^ a b ヘブライ語は右から左に読む
  2. ^ 原文まま。正しくは歴史的仮名遣で「ヱホバ」。
  3. ^ 「エローヒーム」「エロヒーム」とも読む。
  4. ^ 一時期上帝版聖書が席巻して、神版聖書を駆逐して、その後神という聖句を入れた聖書が出来たので、一文字空いているという状態。
  5. ^ 大文字で始まることに注意。
  6. ^ イスラムの神「アラー」はアラビア語で「ALLH」であり「アルラー」または「アッラー」と表記する(Q'ran)。またエジプト語では太陽神を「Ra」とし「ラー」と呼ぶことに注意したい(エジプト語辞典 泰流社 1994))
  7. ^ 「エホバの証人」の書である、"New World Translation 1984":Mt 1-20で"Jehova's angel"、「新世界訳 1982」マタイ 1-20で「エホバのみ使いが」というように 彼らによれば「新約聖書」中で約30例使用している。ヘブライ語で新たにおこした新約聖書では、同箇所を"יהוה מלאך "(THE NEW COVENANT IN HEBREW 1966)と記述している。英語圏ユダヤ人用新約聖書では、同箇所を"angel of Adonai"(JEWISH NEW TESTAMENT 1989)と記述している。
  8. ^ 以下の論文はGeorge Howard だけでなく、P. E. Kahleの1960年に掲載した論文もあるが、テトラグラマトンに関して述べていることは共通している。また、George Howardだけではなく、P. E. Kahleの論文も学者から批判されている。
  9. ^ 神よニュージーランドを守り給え」のマオリ語版(“Aotearoa”)の始めの方に出て来る

出典

  1. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ヤハウェ」の解説”. 2022年6月5日閲覧。
  2. ^ コトバンク「ヤハウェ」百科事典マイペディア、世界大百科事典 第2版の解説より
  3. ^ 『広辞苑』第6版
  4. ^ 『新共同訳 聖書辞典』第2版、新教出版社、2005年、p.466
  5. ^ 平凡社『世界大百科事典』第2版「ヤハウェ」の解説”. 2022年6月22日閲覧。
  6. ^ 『新共同訳 聖書辞典』キリスト新聞社、1995年、p.555
  7. ^ 加藤隆『旧約聖書の誕生』ちくま学芸文庫、2011年、pp.70-72
  8. ^ a b אדני
  9. ^ אדני(Lord)-Genesis 15:8
  10. ^ אדני(my master)-Genesis 24:35,אדני(my master's)-Genesis 24:36,אדני(is my master)-Genesis 24:65
  11. ^ H113 adon
  12. ^ H113 'adown
  13. ^ H113 'adown
  14. ^ 『新改訳聖書』あとがき。
  15. ^ 日本聖公会祈祷文訂正委員報告』p.52 1893年
  16. ^ 英語圏ユダヤ教徒用英訳
  17. ^ 柳父章『ゴッドと上帝』筑摩書房、1986年、120〜131ページ、ISBN 4480853014
  18. ^ ブリッジマン・カルバートソン訳『舊約全書』江蘇滬邑美華書館[リンク切れ]、1863年
  19. ^ ブリッジマン・カルバートソン訳『新約全書』上海美華書局[リンク切れ]、1863年
  20. ^ 柳父章『ゴッドと上帝』筑摩書房、1986年、160〜162ページ、ISBN 4480853014
  21. ^ 柳父章『ゴッドと上帝』筑摩書房、1986年、122ページ、ISBN 4480853014
  22. ^ 『ヘブライ文字の第一歩』p.2
  23. ^ ハーザー』2011年1月号
  24. ^ Stromata v,6,34; see Karl Wilhelm Dindorf, ed (1869) (ギリシア語). Clementis Alexandrini Opera. III. Oxford: Clarendon Press. p. 27. https://archive.org/details/operacle03clem/page/26/mode/2up. "ἀτὰρ καὶ τὸ τετράγραμμον ὄνομα τὸ μυστικόν, ὃ περιέκειντο οἷς μόνοις τὸ ἄδυτον βάσιμον ἦν· λέγεται δὲ Ἰαοὺ [also ἰαοῦε; ἰὰ οὐὲ]" 
  25. ^ Epiphanius, Panarion, I, iii, 40, in P.G., XLI, col. 685
  26. ^ a b Leech, Kenneth (2002). Experiencing God: Theology as Spirituality. Wipf and Stock Publishers. pp. 59-60. ISBN 978-1-57910-613-3 
  27. ^ 「旧約聖書」誌Supplements to Vetus Testamentum,第10巻,1963年,170-178ページおよび「イスラエル踏査ジャーナル」Israel Exploration Journal,第12巻,1962年,203ページ
  28. ^ 聖書文献ジャーナル誌(第79巻111-118)
  29. ^ The New International Dictionary of New Testament Theology,第2巻512
  30. ^ 『中公バックス 世界の名著 13 聖書』(ISBN 978-4-12-400623-0)
  31. ^ HowToPronounce日本語版「Yahwehの発音の仕方」IPA 表記より
  32. ^ 日本聖書協会文語訳 小型聖書』(この聖書について、「明治初期、J.C.ヘボンを中心とした委員会が翻訳し、広く日本の思想・文学に影響を与えた旧新約聖書です。スマートかつコンパクトに仕上げました」と書いてある)
  33. ^ 宗教年鑑平成24年版』文化庁編 p.123(PDFのページ数ではp.139)
  34. ^ http://textus-receptus.com/wiki/Nuremberg_Polyglot
  35. ^ 正木 弥神のみ名」『新世界訳聖書は改ざん聖書』びぶりや書房(現ビブリア書房)、2007年11月
  36. ^ Joseph A. Fitzmyer (1997/12/1). Essays on the Semitic Background of the New Testament. Eerdmans Pub Co. p. 32. ISBN 978-0802848451 
  37. ^ Journal of Biblical Literature 聖書文献ジャーナル誌英語(第96巻 63-83ページ)
  38. ^ Journal of Biblical Literature 聖書文献ジャーナル誌英語(第79巻111-118ページ)
  39. ^ Journal of Biblical Literature 聖書文献ジャーナル誌英語(第96巻76,77ページ)
  40. ^ Wilkinson, Robert J (4 February 2015). [https://brill.com/view/title/26914 Tetragrammaton: Western Christians and the Hebrew Name of God From the Beginnings to the Seventeenth Century Series: Studies in the History of Christian Traditions, Volume: 179]. Leiden: Brill. p. 94. doi:10.1163/9789004288171. ISBN 978-90-04-28817-1. https://brill.com/view/title/26914 
  41. ^ Wilkinson, Robert J (4 February 2015). Tetragrammaton: Western Christians and the Hebrew Name of God: From the Beginnings to the Seventeenth Century. Studies in the History of Christian Traditions. Vol. 179. Leiden: Brill. pp. 92-93. doi:10.1163/9789004288171. ISBN 978-90-04-28817-1. https://brill.com/view/title/26914 
  42. ^ Larry W. Hurtado. “"Writing & Pronouncing the Divine Name in Second-Temple Jewish Tradition"”. Larry Hurtado's Blog. 2022年6月5日閲覧。
  43. ^ Pietersma, Albert; Cox, Claude E; Wevers, John William (1984). De Septuaginta: Studies in Honour of John William Wevers on His Sixty-Fifth Birthday. Mississauga, Ont., Canada : Benben Publications. p. 90. ISBN 0920808107. OCLC 11446028. http://homes.chass.utoronto.ca/~pietersm/KyriosorTetragram(1984).pdf 
  44. ^ Larry Hurtado (2013年7月3日). “"The Divine Name and Greek Translation"”. Larry Hurtado's Blog. 2022年6月5日閲覧。
  45. ^ Rösel, Martin (1 June 2007). “"The Reading and Translation of the Divine Name in the Masoretic Tradition and the Greek Pentateuch". Journal for the Study of the Old Testament. 31 (4): 411–428”. Journal for The Study of The Old Testament: 411. doi:10.1177/0309089207080558. 
  46. ^ Rösel, Martin (1 June 2007). “"The Reading and Translation of the Divine Name in the Masoretic Tradition and the Greek Pentateuch" Journal for the Study of the Old Testament. 31 (4): 411–428”. Journal for The Study of The Old Testament: 414-419. doi:10.1177/0309089207080558. 
  47. ^ Rösel, Martin (1 June 2007). “"The Reading and Translation of the Divine Name in the Masoretic Tradition and the Greek Pentateuch". Journal for the Study of the Old Testament. 31 (4): 411–428””. Journal for The Study of The Old Testament: 419. doi:10.1177/0309089207080558. 
  48. ^ Rösel, Martin (1 June 2007). “”The Reading and Translation of the Divine Name in the Masoretic Tradition and the Greek Pentateuch". Journal for the Study of the Old Testament. 31 (4): 411–428””. Journal for The Study of The Old Testament: 411. doi:10.1177/0309089207080558. 
  49. ^ Rösel, Martin (1 June 2007). “”The Reading and Translation of the Divine Name in the Masoretic Tradition and the Greek Pentateuch". Journal for the Study of the Old Testament. 31 (4): 411–428””. Journal for The Study of The Old Testament: 420. doi:10.1177/0309089207080558. 
  50. ^ Rösel, Martin (1 June 2007). “”The Reading and Translation of the Divine Name in the Masoretic Tradition and the Greek Pentateuch". Journal for the Study of the Old Testament. 31 (4): 411–428”. Journal for The Study of The Old Testament: 424. doi:10.1177/0309089207080558. 
  51. ^ a b Rösel, Martin (1 June 2007). “”The Reading and Translation of the Divine Name in the Masoretic Tradition and the Greek Pentateuch". Journal for the Study of the Old Testament. 31 (4): 411–428””. Journal for The Study of The Old Testament: 425. doi:10.1177/0309089207080558. 
  52. ^ Vasileiadis, Pavlos D (2017). “"The god Iao and his connection with the Biblical God, with special emphasis on the manuscript 4QpapLXXLevb ("Ο θεός Ιαώ και η σχέση του με τον Βιβλικό Θεό, με ιδιαίτερη εστίαση στο χειρόγραφο 4QpapLXXLevb")". Vetus Testamentum et Hellas. Aristotle University of Thessaloniki, Greece: School of Pastoral and Social Theology. 4: 48–51.”. Aristotle University of Thessaloniki, Greece, School of Pastoral and Social Theology: 29. ISSN 2459-2552. OCLC 1085412017. https://www.academia.edu/30967321. 
  53. ^ 司教協議会への手紙――「神の名」について - カトリック中央協議会 フランシス・アリンゼ、アルバート・マルコム・ランジス
  54. ^ ジャン・カルヴァン『信仰の手引き』13頁、新教出版社1956年
  55. ^ ヘンリー・シーセン著『組織神学』203-241頁、聖書図書刊行会1961年
  56. ^ エル・ベルコフ著『改革派神学通論』52-66頁、活水社書店1952年
  57. ^ フロイド・ハミルトン著『キリスト教信仰の基礎』192-194頁、聖書図書刊行会1957年
  58. ^ クルアーン第112章1-4節。“言え、「かれは神、唯一の御方であられる。神(アッラー)は自存され、御産みなさらないし、御生まれになられたのではない、かれに比べ得る何もない。」”(「言え、」という部分は大天使ガブリエルがムハンマドに、「言え、」と命じているのである)。
  59. ^ クルアーン第4章163-164節、クルアーン第46章12節
  60. ^ クルアーン第2章255節
  61. ^ ジークムント・フロイト『モーセと一神教』ISBN 978-4480087935 「唯一神教アマルナ起源説」等という。吉村作治も学説としてではないが、著書の中で類似のアイディアを披露している。



ヤハウェ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/02 08:35 UTC 版)

でびるち」の記事における「ヤハウェ」の解説

燕子花高校生徒会長務め女子生徒全天使を使う、全知全能の神。主張激し巨乳持ち主

※この「ヤハウェ」の解説は、「でびるち」の解説の一部です。
「ヤハウェ」を含む「でびるち」の記事については、「でびるち」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ヤハウェ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ヤハウェ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ヤハウェと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ヤハウェ」の関連用語

ヤハウェのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ヤハウェのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2024 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのヤハウェ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのでびるち (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS