創世記とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 世界宗教用語 > 創世記の意味・解説 

そうせい‐き〔サウセイ‐〕【創世記】

《(ラテン)Genesis旧約聖書の第1書。モーセ五書の一。世界人類創造、罪の起源楽園追放ノアの洪水、アブラハム・イサク・ヤコブそしてヨセフ生涯など、イスラエル民族の古い歴史を述べたもの。


そうせいき 【創世記】

Genesisラテン)『旧約聖書開巻第一の書。世界創造物語からヨセフ死に至るまでのヘブライ人神話伝説を録している。モーセ五書第一書。五〇章。神による世界人間創造楽園追放バベルの塔ノアの箱船などの話、アブラハム・イサク・ヤコブ・ヨセフらの族長伝承など。

創世記

作者皆川博子

収載図書アート偏愛異形コレクション
出版社光文社
刊行年月2005.12
シリーズ名光文社文庫


創世記

作者勝山俊介

収載図書勝山俊介作品集
出版社東銀座出版社
刊行年月2001.2


創世記

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/08 08:35 UTC 版)

創世記そうせいきヘブライ語בראשיתギリシア語Γένεσις)は、古代ヘブライ語によって記された、ユダヤ教キリスト教の聖典でキリスト教啓典である聖書旧約聖書)の最初の書であり、正典の一つである。写本が現存しており、モーセが著述したとされている。いわゆるモーセ五書は、ユダヤ教においてはトーラーと呼ばれている。




注釈

  1. ^ 「これが天地創造の由来である。」[1]
    原文:“Αὕτη ἡ βίβλος γενέσεως οὐρανοῦ καὶ γῆς, ὅτε ἐγένετο[2]
  2. ^ モーセの十戒に見られる、他の神々と共存した観点を持つ拝一神教は古いものとされ、創世記の原初史に記されている唯一絶対神信仰は、紀元前550年前後のバビロニア捕囚期の時代のものと考えられている。(岩波キリスト教辞典2002年P869、「拝一神教」の項目、山我哲雄)

出典

  1. ^ 口語訳聖書『創世記』2章4節”. Wikisource. 2017年12月12日閲覧。
  2. ^ Γένεσις, Κεφάλαιον β'(七十人訳聖書『創世記』2章)”. Wikisource. 2017年12月12日閲覧。
  3. ^ Carr 2000, p. 491.
  4. ^ Γένεσις - LSJ The Online Liddell-Scott-Jones Greek English Lexicon” (英語). Thesaurus Linguae Graecae. 2017年12月12日閲覧。
  5. ^ 岩波書店1997年旧約聖書〈Ⅰ〉創世記(月本昭夫解説P181)
  6. ^ 伝承が文書の形にまとめられるきっかけとなったのは、前586年のエルサレム神殿の破壊と、バビロン捕囚に伴う異教の地への強制移住であったとされている。 岩波書店2000年旧約聖書〈Ⅱ〉出エジプト記 レビ記(レビ記の解説P425、山我)
  7. ^ 創世記7:1と6:18
  8. ^ 岩波書店2000年旧約聖書〈Ⅱ〉出エジプト記 レビ記(出エジプト記解説P396、木幡)
  9. ^ 創世記7:2と6:19
  10. ^ 冒頭部分においても天と地、昼と夜も2回創造されている。創世記1
  11. ^ 岩波書店2000年旧約聖書〈Ⅱ〉出エジプト記 レビ記(出エジプト記解説P396、木幡)
  12. ^ たとえば創世記6:5と創世記6:9等がある。
  13. ^ 岩波書店2000年旧約聖書〈Ⅱ〉出エジプト記 レビ記(出エジプト記解説P402木幡)


「創世記」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「創世記」の関連用語

創世記のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



創世記のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2021 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの創世記 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS