モーセとは?

モーセ【Moses】

前13世紀ごろのイスラエル民族指導者旧約聖書出エジプト記によれば、神の啓示によりイスラエル民族を率いてエジプト脱出し、神ヤーウェとの契約により「十戒」を授けられ、40年間、アラビア荒野をさまよったのち、約束の地カナン到達したが、彼自身ヨルダン川を渡らずに死んだという。モーゼモーゼスモイゼ

ミケランジェロ彫刻作品ローマ教皇ユリウス2世霊廟一部として制作十戒が記された石版抱えるモーセを表現している。ローマ、サンピエトロインビンコリ教会所


モーセ

名前 Moses

モーセ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/02 07:08 UTC 版)

モーセあるいはモーゼヘブライ語: מֹשֶׁה‎モーシェ、ギリシア語: Μωυσήςラテン語: MoysesMosesアラビア語: موسىٰ‎)は、旧約聖書の『出エジプト記』などに現れる、紀元前16世紀または紀元前13世紀ころに活躍したと推測されている、古代イスラエルの民族指導者であり、יהוה(ヤハウェ/ヤフア)を神とする。正教会ではモイセイと呼ばれ聖人とされる。




注釈

  1. ^ 『出エジプト記』6:19-20。なお、ここではアロンとモーセが双方アムラムとヨケベドの子とされているが、ミリアムについては触れていない。ミリアムの名前が初めて出てくるのは15:20で「アロンの姉妹」名義で登場、通常は2章に出てくる「モーセの姉」と同一人物とされる。
    また2章でモーセが母の結婚後最初に生まれたような書かれ方をしているのに一貫した話の流れで姉が直後に出てくる(6章は2章と別系統の出典の可能性があるが、ここは並行記事や後世の挿入の可能性が低い。)ことから、「姉」は「異母姉」ではないか?モーセがそばにいる状況でミリアムが「アロンの姉妹」と呼ばれることからミリアムはモーセよりアロンの方が結び付きが強いのではないか?という説もある。
    (関根正雄1969) p.122註三「モーセの誕生(二ノ一-十)」
  2. ^ この「モーセ(モーシェ)の名前の由来はマーシャーから」は『出エジプト記』2:10の本文中に明記されているが、ヘブライ語の読みであるのでエジプト人が付けるのは不自然なためか、ヨセフスやフィロンなどは本文内の説明ではなく「エジプトの言葉で『』をモーウ、『水から助けられた人』をエセース(後述の関根正雄の『出エジプト記』では「モ=水」「ユシェ=救われた」)といい、モーセ(原文はギリシャ読みの「モーセース」)は『の中から引き揚げられた人』という意味だ。」という「水」が由来の説明を上げている
    (秦2010) p.48-49
    ただしこれもギリシャ読み前提なので現在は取られない解釈であり、むしろエジプトの言葉にこだわるなら「~の息子」に当たる言葉が語源の方が自然で、著名人の使用例に「アハモーセ」や「トゥトモーセ」といったファラオがおり、意味としては後者の場合「トゥト(神の名)の息子」という意味になる。
    (関根正雄1969) p.122註三「モーセの誕生(二ノ一-十)」
    (注:「トゥトモーセ」は通常日本語では「トトメス」と訳される。Weblio 辞書 > 英和辞典・和英辞典 > 英和対訳 > Thutmesの意味・解説”. 2019年2月2日閲覧。
  3. ^ モーセの妻は資料ごとに出自が違っており『出エジプト記』では前述のようにミディアン人のツィポラだが、『民数記』12:1ではアロンとミリアムが「モーセがクシュの女を娶っている」ことを言う場面があり、『士師記』1:16ではイスラエルの民と行動を共にしていた集団に「モーセの舅であるケニ人の子孫」なる記述がある。
    ヨセフスは「クシュ人」はツィポラと別のモーセがエジプトにいた時の妻だと解釈(後述)し、士師記に当たる部位の「ケニ人」の下りはミディアン人として書き直している。
  4. ^ このしるしのみモーセがファラオに対し使用する場面がない。なお、ギリシャ語訳聖書では「レプラ」の記述がなく「雪のように白く」、これを元にしたヨセフスはさらに「石灰岩のように白く」としている。((秦2010) p.97
  5. ^ 原語では杖が変わったものは第4章3節では「蛇」だが、この第7章では第4章の物とは別の単語で、直訳すると「大きな爬虫類」という意味になる。このため「(大きな)蛇」でも一応成り立つが「鰐」とも訳せる。
    (関根正雄1969) p.133註10「アロンの杖(七ノ八-十三)」
  6. ^ 『申命記』34:9、以下文語訳聖書より引用「ヌンの子ヨシユアは心に智慧の充る者なりモーセその手をこれが上に按たるによりて然るなりイスラエルの子孫は之に聽したがひ主のモーセに命じたまひし如くおこなへり」(申命記34:9)、「主の僕モーセの死し後 主、モーセの從者ヌンの子ヨシユアに語りて言たまはく わが僕モーセは已に死り然ば汝いま此すべての民とともに起てこのヨルダンを濟り我がイスラエルの子孫に與ふる地にゆけ」(ヨシュア記1:1-2)
  7. ^ ただし、『ユダヤ古代誌』ではこの出エジプト記2章11-15節に該当するエピソードがなく、エチオピア遠征のあと妬まれたので逃げたことにされている。
  8. ^ ヨセフスの著書の『ユダヤ戦記』では、ユダヤ戦争勃発の直前にカエサリアで起きたギリシャ系とユダヤ系の住民同士の大規模な喧嘩の発端が「ギリシャ系住民が間接的にこの件でシナゴーグの近くでモーセを侮辱することをしたので血の気の多いユダヤ系住民がキレて乱闘が起きた」という趣旨の説明がある。
  9. ^ 引用元の『レビ記』13章では「レプラ(ヘブライ語では「ツァーラアト」)患者は宿営の外に隔離される(第13章46節)」だが、『ユダヤ古代誌』でも「町から追放されて他人との交渉は許されず一個の死体のように扱われる」とより厳しい記述になっている。((秦2010) p.228-233
  10. ^ 邦訳ティルベリのゲルウァシウス『西洋中世奇譚集成 皇帝の閑暇』(池上俊一訳、講談社学術文庫、2008年7月10日初版、ISBN:978-4-06-159884-3)では「つまり、讃嘆すべき光がその顔から(角状に)発して、かれを見つめる者の目を眩ませる」(p241)

出典

  1. ^ 民数記(口語訳)#20:12
  2. ^ 申命記(口語訳)#34:5
  3. ^ 『出エジプト記』1:22
  4. ^ 『出エジプト記』2章1-10
  5. ^ 『出エジプト記』2:11~3:21
  6. ^ 出エジプト記(口語訳)#4:1-9
  7. ^ 出エジプト記(口語訳)#7:8-25
  8. ^ 『出エジプト記』12:29
  9. ^ 『出エジプト記』12章
  10. ^ 『出エジプト記』14章
  11. ^ 『出エジプト記』16章~17章
  12. ^ 『出エジプト記』20章
  13. ^ 『出エジプト記』24章
  14. ^ 『民数記』10:33
  15. ^ モーセ以外全員処刑宣言(民数記(口語訳)#14:11,12
  16. ^ 40年間荒野をさまよう事に(民数記(口語訳)#14:34,35
  17. ^ 『民数記』16章
  18. ^ 『民数記』21:4-9
  19. ^ 『民数記』21:21-35
  20. ^ 『民数記』31:1-24
  21. ^ 『申命記』32:51
  22. ^ 『申命記』34章
  23. ^ 『申命記』34:6
  24. ^ 新聖書辞典
  25. ^ 尾山令仁『聖書の概説』羊群社
  26. ^ ケアンズ『基督教全史』聖書図書刊行会
  27. ^ 旧約聖書-モーセ五書(律法)-サルヴァスタイル美術館
  28. ^ #1 ドキュメンタリー「シナイの砂漠と出エジプトの道筋」日本語字幕”. サンライズミニストリー (2012年7月4日). 2017年9月27日閲覧。7:30以降
  29. ^ Princeton University Press Press Reviews, retrieved 6th June 2009”. Press.princeton.edu (2011年11月6日). 2012年4月3日閲覧。
  30. ^ The Quest for the Historical Israel: Debating Archeology and the History of Early Israel, 2007, Society of Biblical Literature, Atlanta, ISBN 978-1-58983-277-0.
  31. ^ John Van Seters, "The life of Moses", ISBN 90-390-0112-X
  32. ^ (秦2010) p.48
  33. ^ Jan Assmann, Moses the Egyptian: The Memory of Egypt in Western Monotheism, Harvard University Press, 2009 pp.31-34.
  34. ^ 創世記46章33-34節
  35. ^ 創世記41章45節
  36. ^ 出エジプト記4章6-8節
  37. ^ エミール・マール『ロマネスクの図像学 上』田中仁彦・池田健二・磯見辰典・成瀬駒男・細田直孝共訳、国書刊行会、1996年11月20日初版、ISBN:4-336-03891-0、p220-221
  38. ^ 尾形希和子『教会の怪物たち ロマネスクの図像学』講談社選書メチエ、2013年12月10日、ISBN:978-4-06-258568-2、p118~119
  39. ^ 『キリスト教神秘主義著作集2 ベルナール』金子晴勇訳、教文館、2005年12月16日、p62
  40. ^ 『旧約聖書の思想――24の断章』(講談社学術文庫)、1998年9月18日




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「モーセ」の関連用語

モーセのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



モーセのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのモーセ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS