ミケランジェロとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 美術家 > 彫刻家 > 彫刻家 > ミケランジェロの意味・解説 

ミケランジェロ


ミケランジェロ・ブオナローティ

(ミケランジェロ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/19 18:12 UTC 版)

ミケランジェロ・ディ・ロドヴィーコ・ブオナローティ・シモーニ: Michelangelo di Lodovico Buonarroti Simoni[1]1475年3月6日 - 1564年2月18日)は、イタリア盛期ルネサンス期彫刻家画家建築家詩人、社会活動家。西洋美術史上のあらゆる分野に、大きな影響を与えた芸術家である[2]。ミケランジェロ自身が本業と考えていた彫刻分野以外の作品は決して多くはないにもかかわらず、様々な分野で優れた芸術作品を残したその多才さから、レオナルド・ダ・ヴィンチと同じく、ルネサンス期の典型的な「万能(の)人」と呼ばれる。


注釈

  1. ^ ミケランジェロの父はミケランジェロの誕生日を1474年3月6日と記録している。ただし、この記録は当時フィレンツェで用いられていた年記法によるもので、ローマで採用されていた年記法では1475年となる。
  2. ^ ミケランジェロが学問を学ぶために親元を離れた年齢は文献ごとに相違がある。ド・トルナイは10歳とし、アスカニオ・コンディヴィの伝記を翻訳したセジウィクは7歳としている。
  3. ^ ヘラクレス像を購入したのはストロッツィ家である。1529年に一族のフィリッポ・ストロッツィがこの彫刻をフランス王フランソワ1世に売却した。1594年にはアンリ4世フォンテーヌブローの別宅に持ち込んだ記録があるが、1713年にその別宅が破壊されて以降、行方不明となっている。
  4. ^ ヴァザーリの『画家・彫刻家・建築家列伝』には、このエピソードに関する記述はない。パオロ・ジョヴィオの『ミケランジェロの生涯』には、ミケランジェロがこの彫像を古美術品として売却しようとしたことを示唆する記述がある。
  5. ^ 現在はフィレンツェのバルジェロ美術館が所蔵している。
  6. ^ 『キリスト昇天』はキリストとともに多くの天使などが描かれていた作品で、現在ではキリストを描いた部分はローマのクイリナーレ宮殿に、その他の部分はバチカン美術館サンピエトロ大聖堂聖具室に収蔵されている。
  7. ^ 以前はギルランダイオの工房作といわれており、ミケランジェロの作品ではないかとする説は2度否定されていた。

出典

  1. ^ a b Web Gallery of Art, image collection, virtual museum, searchable database of European fine arts (1100–1850)”. wga.hu. 2008年6月13日閲覧。
  2. ^ a b c “Michelangelo biography”. Encyclopædia Britannica. http://www.britannica.com/EBchecked/topic/379957/Michelangelo 
  3. ^ a b Michelangelo. (2008). Encyclopædia Britannica. Ultimate Reference Suite.
  4. ^ Emison, Patricia. A (2004). Creating the "Divine Artist": from Dante to Michelangelo. Brill. ISBN 978-90-04-13709-7. https://books.google.co.jp/books?id=1EofecqX_vsC&pg=PA144&lpg=PA144&dq=michelangelo+%22il+divino%22&redir_esc=y&hl=ja 
  5. ^ a b J. de Tolnay, The Youth of Michelangelo, 11
  6. ^ メルロ, クラウディオ『ルネサンスの三大芸術家』坂巻広樹訳、PHPエディターズ・グループ、42頁。ISBN 4569608833
  7. ^ a b C. Clément, Michelangelo, 5
  8. ^ A. Condivi, The Life of Michelangelo, 5
  9. ^ a b A. Condivi, The Life of Michelangelo, p.9
  10. ^ R. Liebert, Michelangelo: A Psychoanalytic Study of his Life and Images, p.59
  11. ^ C. Clément, Michelangelo, p.7
  12. ^ C. Clément, Michelangelo, p.9
  13. ^ J. de Tolnay, The Youth of Michelangelo, pp.18 - 19
  14. ^ a b A. Condivi, The Life of Michelangelo, p.15
  15. ^ Will the Real Michelangelo Please Stand Up?”. 2009年12月14日閲覧。
  16. ^ a b J. de Tolnay, The Youth of Michelangelo, pp. 20 - 21
  17. ^ A. Condivi, The Life of Michelangelo, p.17
  18. ^ a b J. de Tolnay, The Youth of Michelangelo, pp.24 - 25
  19. ^ A. Condivi, The Life of Michelangelo, pp.19 - 20
  20. ^ J. de Tolnay, The Youth of Michelangelo, p.26 - 28
  21. ^ Catterson, Lynn. "Michelangelo's 'Laocoön?'" Artibus et historiae. 52. 2005: p. 33
  22. ^ ナショナル・ギャラリー公式サイト
  23. ^ Giacometti, Massimo (1986). The Sistine Chapel.
  24. ^ Shearman 1986b, pp.38 - 87
  25. ^ O'Malley 1986, pp.92 - 148
  26. ^ a b c Stanley, Diane (2000). Michelangelo. Harper Collins. ISBN 0-688-15085-3 
  27. ^ a b Michelangelo: artist and man. Dir. Michael Crain. Perpetual Motion Films, 1994. VHS.
  28. ^ a b Copplestone, Trewin (2002). Michelangelo. Wellfleet Press. ISBN 0-7858-1461-2 
  29. ^ The Genius of Michelangelo. Dir. William E. Wallace. The Teaching Company, 2007. DVD.
  30. ^ Michelangelo sketch for St Peter's dome foundThe Guardian)
  31. ^ Preston, John (2010年6月1日). “The Vatican Archive: the Pope's private library”. The Daily Telegraph. http://www.telegraph.co.uk/culture/books/7772052/The-Vatican-Archive-the-Popes-private-library.html 
  32. ^ “Michelangelo 'last sketch' found”. BBC News. (2007年12月7日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/europe/7133116.stm 2009年2月9日閲覧。 
  33. ^ Budd, Denise (2010年). “Michelangelo's first painting (exhibition review)”. Metropolitan Museum of Art. New York: thefreelibrary.com. 2012年6月26日閲覧。
  34. ^ Medicean-Laurentian Library. Encyclopædia Britannica. 2007.
  35. ^ 池上英洋『神のごときミケランジェロ』新潮社、2013年、21頁。ISBN 978-4-10-602247-0
  36. ^ James Beck, Antonio Paolucci, Bruni Santi Michelangelo. The Medici Chapel, Nhames and Hudson, New York,1994
  37. ^ Peter Barenboim, Sergey Shiyan, Michelangelo: Mysteries of Medici Chapel, SLOVO, Moscow, 2006. ISBN 5-85050-825-2
  38. ^ Peter Barenboim, "Michelangelo Drawings – Key to the Medici Chapel Interpretation", Moscow, Letny Sad, 2006, ISBN 5-98856-016-4
  39. ^ a b Condivi, The Life of Michelangelo, p. 106.
  40. ^ Paola Barocchi (ed.) Scritti d'arte del cinquecento, Milan, 1971; vol. I p. 10.
  41. ^ Condivi, The Life of Michelangelo, p. 102.
  42. ^ a b Hughes, Anthony: "Michelangelo.", p.326. Phaidon, 1997.
  43. ^ Scigliano, Eric: "Michelangelo's Mountain; The Quest for Perfection in the Marble Quarries of Carrara." Archived 2009年6月30日, at the Wayback Machine., Simon and Schuster, 2005. Retrieved 27 January 2007
  44. ^ "Michelangelo Buonarroti" by Giovanni Dall'Orto Babilonia n. 85, January 1991, pp. 14–16 (イタリア語)
  45. ^ Rictor Norton, "The Myth of the Modern Homosexual"., page 143. Cassell, 1997.
  46. ^ A. Condivi (ed. Hellmut Wohl), 'The Life of Michelangelo,' p. 103, Phaidon, 1976.
  47. ^ Opere di Michelangelo


「ミケランジェロ・ブオナローティ」の続きの解説一覧

ミケランジェロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/01 14:43 UTC 版)

ミケネコ。雄。出身イタリアムードメーカーでありトラブルメーカーでもあるチーズにぼしを好む。島(ふくふく島)に温泉作ることが夢である。誕生日3月6日

※この「ミケランジェロ」の解説は、「Fuku Fuku Nyanko」の解説の一部です。» 「Fuku Fuku Nyanko」の概要を見る


ミケランジェロ(Michelangelo)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/01 23:47 UTC 版)

一人称は「オイラ」。1987年版変わらず、非常に明るく子供っぽい性格しており、すぐに調子に乗って失敗をすることが多い。漫画ゲーム好きでヒーロー憧れており、自らを正義の味方「タートルタイタン」と名乗り自前コスチューム作ることもあった。本編ではボケ役にまわることが多くコミカルなエピソードが多いシーズン6では主役務めることが多かった

※この「ミケランジェロ(Michelangelo)」の解説は、「ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ (2003年のアニメ)」の解説の一部です。» 「ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ (2003年のアニメ)」の概要を見る


ミケランジェロ(Michelangelo)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 00:09 UTC 版)

タートルズ一人で橙色鉢巻をしている。底抜けに明るいお調子者で、マイペース性格をしている。「カワバンガ」が口癖

※この「ミケランジェロ(Michelangelo)」の解説は、「ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ (1987年のアニメ)」の解説の一部です。» 「ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ (1987年のアニメ)」の概要を見る


ミケランジェロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/13 14:11 UTC 版)

ダビデの父。モデルミケランジェロ・ブオナローティ肖像初登場は第6絵(1巻)。

※この「ミケランジェロ」の解説は、「思春期ルネサンス!ダビデ君」の解説の一部です。» 「思春期ルネサンス!ダビデ君」の概要を見る


ミケランジェロ(イメージカラーは■オレンジ、Michelangelo)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/29 23:55 UTC 版)

タートルズ一人でヌンチャク達人橙色鉢巻巻いている愛称は「ミケちゃん」または「マイキーMikey)」。名前はルネサンス巨匠ミケランジェロ・ブオナローティ由来する

※この「ミケランジェロ(イメージカラーは■オレンジ、Michelangelo)」の解説は、「ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ」の解説の一部です。» 「ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ」の概要を見る


ミケランジェロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/01 14:43 UTC 版)

ミケネコ。雄。出身イタリアムードメーカーでありトラブルメーカーでもあるチーズにぼしを好む。島(ふくふく島)に温泉作ることが夢である。誕生日3月6日

※この「ミケランジェロ」の解説は、「Fuku Fuku Nyanko」の解説の一部です。» 「Fuku Fuku Nyanko」の概要を見る


ミケランジェロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/31 15:37 UTC 版)

ロカルノの町で一番の曲芸師呼ばれる熊。得意は乗りである。

※この「ミケランジェロ」の解説は、「ロミオの青い空」の解説の一部です。» 「ロミオの青い空」の概要を見る


ミケランジェロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 23:45 UTC 版)

タカサカペット血統書雄三タカサカに非常に大切にされている。みぬきとの共演ショー出場したが、ショー最中に突然行方不明になる。これが切っ掛けでみぬきがタカサカから「みぬきがミケランジェロを盗んだ」と容疑掛けられる事になる時折団員1と団員2が聞いた事がない鳴き声を出す為2人から化猫疑われる

※この「ミケランジェロ」の解説は、「逆転裁判の登場人物の一覧」の解説の一部です。» 「逆転裁判の登場人物の一覧」の概要を見る


ミケランジェロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/04 15:46 UTC 版)

1508年ローマ教皇ユリウス2世は、「彫刻家」のミケランジェロに、システィーナ礼拝堂内部装飾続行命じたユリウス2世当初の計画では、システィーナ礼拝堂天井の、ヴォールト構造支えられ12のペンデンティヴ一人ずつ十二使徒描かれる予定だった。ミケランジェロは自身は画家ではなく彫刻家であると自負していた上に数年前からユリウス2世自身の大規模な霊廟制作手がけていたため、このシスティーナ礼拝堂天井画制作は、ユリウス2世無理矢理押し付けられたも同然の仕事だった。このような背景もあり、ユリウス2世命令逆らえなかったとはいえそれほどユリウス2世敬意を持っていなかったミケランジェロは、ユリウス2世計画をすべて無視して自身考案したより複雑な構成天井画を描くこととした。この壮大な天井画わずかな助手協力除いてミケランジェロ単独の作品であり、完成まで5年近く歳月要した天井十二使徒を描くというユリウス2世当初の構想は、既にシスティーナ礼拝堂壁画として描かれていた歴代教皇肖像画および『旧約聖書』、『新約聖書』の内容と、新しくミケランジェロが描く天井画との主題統一しようとするものだった十二使徒にはローマ・カトリック教義における初代ローマ教皇である聖ペトロがおり、壁画歴代教皇天井画十二使徒との橋渡し役割担っている。しかしミケランジェロの構想は、ユリウス2世のそれとはまった方向性異なっていた。神による壮大な人類救済ではなく人類堕落をより描き出そうとした。これによってミケランジェロは、人類には信仰神の子たるキリスト必要であるということ表現したのである一見するとシスティーナ礼拝堂天井画には人類創生描かれているように見えるアダムなど人物像には超人的な造形がなされ、ヴァザーリ』の『画家・彫刻家・建築家列伝によれば、ミケランジェロではなく自身デザインしたのようだとされているしかしながら個々の人物造形美々しく描写されているとはいえ、ミケランジェロは過度に美化して描いてはおらず精神的な愛理想化して表現しようともしていない。天井画最下部の『キリスト先祖たち』ではそれぞれの家族人間関係極めて不仲に表現しており、家族間の親密な愛情表現とは程遠い構成描かれている。 ヴァザーリはミケランジェロが様々な姿形人物像描いており、多種多様なポーズ描きだす創造力無限のものであると絶賛した後にラファエロは、この天井画にミケランジェロが描いた預言者模した人物像を、少なくとも2体描いている。ヴァチカンサンタゴスティーノ教会イザヤと、ヴァチカン宮殿ラファエロの間」の『アテナイの学堂』に描かれ古代ギリシア哲学者ヘラクレイトスで、ヘラクレイトスはミケランジェロ自身モデルとして描かれている。

※この「ミケランジェロ」の解説は、「ルネサンス期のイタリア絵画」の解説の一部です。» 「ルネサンス期のイタリア絵画」の概要を見る


ミケランジェロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/13 14:11 UTC 版)

ダビデの父。モデルミケランジェロ・ブオナローティ肖像初登場は第6絵(1巻)。

※この「ミケランジェロ」の解説は、「思春期ルネサンス!ダビデ君」の解説の一部です。» 「思春期ルネサンス!ダビデ君」の概要を見る


ミケランジェロ(Michelangelo)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/01 23:47 UTC 版)

一人称は「オイラ」。1987年版変わらず、非常に明るく子供っぽい性格しており、すぐに調子に乗って失敗をすることが多い。漫画ゲーム好きでヒーロー憧れており、自らを正義の味方「タートルタイタン」と名乗り自前コスチューム作ることもあった。本編ではボケ役にまわることが多くコミカルなエピソードが多いシーズン6では主役務めることが多かった

※この「ミケランジェロ(Michelangelo)」の解説は、「ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ (2003年のアニメ)」の解説の一部です。» 「ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ (2003年のアニメ)」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ミケランジェロ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ミケランジェロと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ミケランジェロのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ミケランジェロのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのミケランジェロ・ブオナローティ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのFuku Fuku Nyanko (改訂履歴)、ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ (2003年のアニメ) (改訂履歴)、ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ (1987年のアニメ) (改訂履歴)、思春期ルネサンス!ダビデ君 (改訂履歴)、ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ (改訂履歴)、Fuku Fuku Nyanko (改訂履歴)、ロミオの青い空 (改訂履歴)、逆転裁判の登場人物の一覧 (改訂履歴)、ルネサンス期のイタリア絵画 (改訂履歴)、思春期ルネサンス!ダビデ君 (改訂履歴)、ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ (2003年のアニメ) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS