ナショナル・ギャラリー_(ロンドン)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ナショナル・ギャラリー_(ロンドン)の意味・解説 

ナショナル・ギャラリー (ロンドン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/05 01:11 UTC 版)

ナショナル・ギャラリー: National Gallery)は、イギリスロンドントラファルガー広場に位置する美術館日本語では国立美術館とも訳される。1824年に設立され、13世紀半ばから1900年までの作品2,300点以上を所蔵している[a]。登録適用除外チャリティ (en:exempt charity) の一つで、文化・メディア・スポーツ省 (en:Department for Culture, Media and Sport) の非省公共団体 (非政府部門公共機構) (non-departmental public body) である[2]。そのコレクションは大衆に広く公開されており、特別な企画展示をのぞいて入館は無料となっている。ただし、維持管理費用の一部を寄付でまかなうため、寄付を募る箱が入り口ほか数カ所に設けられている。


  1. ^ The Art Newspaper Ranking VISITOR FIGURES 2016 (PDF)”. The Art Newspaper. 2017年10月16日閲覧。
  2. ^ Constitution”. The National Gallery. 2011年7月5日閲覧。
  3. ^ Gentili, Barcham & Whiteley 2000, 7
  4. ^ Chilvers, Ian (2003). The Concise Oxford Dictionary of Art and Artists. Oxford Oxford University Press, p. 413. The formula was used by Michael Levey, later the Gallery's eleventh director, for the title of a popular survey of European painting: Levey, Michael (1972). From Giotto to Cézanne: A Concise History of Painting. London: Thames and Hudson
  5. ^ Potterton 1977, 8
  6. ^ a b c Taylor 1999, 29–30
  7. ^ Moore, Andrew (1996年10月2日). “Sir Robert Walpole's pictures in Russia”. Magazine Antiques. http://www.findarticles.com/p/articles/mi_m1026/is_n4_v150/ai_18850830/pg_2 2007年10月14日閲覧。 
  8. ^ Penny 2008, 466
  9. ^ Fullerton, Peter (1979). Some aspects of the early years of the British Institution for Promoting the Fine Arts in the United Kingdom 1805–1825. MA dissertation, Courtauld Institute of Art., p. 37
  10. ^ Conlin 2006, 45
  11. ^ Crookham 2009, 43
  12. ^ a b Taylor 1999, 36–7
  13. ^ a b 'Trafalgar Square and the National Gallery', Survey of London: volume 20: St Martin-in-the-Fields, pt III: Trafalgar Square & Neighbourhood (1940), pp. 15–18. Date accessed: 15 December 2009.
  14. ^ Neil MacGregor (2004). "A Pentecost in Trafalgar Square", pp. 27–49 in Cuno, James (ed.). Whose Muse? Art Museums and the Public Trust. Princeton: Princeton University Press and Cambridge, MA: Harvard University Art Museums, p.30
  15. ^ Quoted in Langmuir 2005, 11
  16. ^ Robertson, David (2004). "Eastlake, Sir Charles Lock (1793–1865)", Oxford Dictionary of National Biography, Oxford: Oxford University Press.
  17. ^ Grove Dictionary of Art, Vol. 9, p. 683
  18. ^ a b c Baker, Christopher and Henry, Tom (2001). "A short history of the National Gallery" in The National Gallery: Complete Illustrated Catalogue. London: National Gallery Company, pp. x–xix
  19. ^ NG London/Turner Bequest. Retrieved on 2011/07/10
  20. ^ Smith 2009, 72–3
  21. ^ Conlin 2006, 87–9
  22. ^ Smith 2009, 93
  23. ^ Conlin 2006, 107
  24. ^ The Mond Bequest (ナショナル・ギャラリー公式サイト)
  25. ^ Dail statement 1959 Archived 2009年7月7日, at the Wayback Machine.
  26. ^ Spalding 1998, 39
  27. ^ Quoted in Conlin 2006, 131
  28. ^ Conlin 2006, 132
  29. ^ Conlin 2006, 131
  30. ^ Bosman 2008, 25
  31. ^ MacGregor, op. cit., p.43
  32. ^ Bosman 2008, 79
  33. ^ Bosman 2008, 35
  34. ^ Bosman 2008, 91–3
  35. ^ Bosman 2008, 99
  36. ^ Sir Denis Mahon”. Cronaca (2003年2月23日). 2008年12月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年2月8日閲覧。
  37. ^ a b Gaskell 2000, 179–182
  38. ^ Bailey, Martin (2005年11月2日). “National Gallery may start acquiring 20th-century art”. The Art Newspaper. http://www.theartnewspaper.com/article01.asp?id=55 2007年10月14日閲覧。 
  39. ^ “Funds secured for Titian painting”. BBC News. (2009年2月2日). http://news.bbc.co.uk/1/hi/scotland/edinburgh_and_east/7863635.stm 
  40. ^ Bates, Stephen (2008年8月28日). “Art auction: National galleries scramble to keep Titians as duke cashes in”. The Guardian (London). http://www.guardian.co.uk/artanddesign/2008/aug/28/art 2011年7月10日閲覧。 
  41. ^ “Editorial: In praise of... the Bridgewater loan”. The Guardian (London). (2008年8月28日). http://www.guardian.co.uk/commentisfree/2008/aug/28/art 2011年7月10日閲覧。 
  42. ^ Gayford, Martin (2007年4月23日). “Wanted – National Gallery Chief to Muster Cash”. Bloomberg.com. http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=20601088&sid=alG6uNHZGr3M&refer=muse 2011年7月10日閲覧。 
  43. ^ Liscombe 1980, 180–82
  44. ^ a b Summerson 1962, 208–9. Summerson's "mantelpiece" comparison inspired the title of Conlin's 2006 history of the Gallery, The Nation's Mantelpiece (op. cit.).
  45. ^ Grove Dictionary of Art, Vol. 33, p. 192
  46. ^ Conlin 2006, 60
  47. ^ Conlin 2006, 367
  48. ^ a b Smith 2009, 50
  49. ^ Conlin 2006, 384-5
  50. ^ Barker & Hyde 1982, 116–7
  51. ^ Conlin 2006, 396
  52. ^ Conlin 2006, 399
  53. ^ Conlin 2006, 404–5
  54. ^ Oliver 2004, 54
  55. ^ The Working of the National Gallery. (1974年)London: National Gallery Publishing, p. 8:「ナショナル・ギャラリーでは19世紀の大げさな風景に耐えなければならない」
  56. ^ 、2005年にのみ修復されたJury, Louise (2004年6月14日). “A Victorian masterpiece emerges from beneath the whitewash”. The Independent. オリジナルの2007年10月16日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20071016152941/http://findarticles.com/p/articles/mi_qn4158/is_20040614/ai_n12791111 2007年10月14日閲覧。 
  57. ^ A speech by HRH The Prince of Wales at the 150th anniversary of the Royal Institute of British Architects (RIBA), Royal Gala Evening at Hampton Court Palace”. 2011年7月10日閲覧。
  58. ^ “Prince's new architecture blast”. BBC News. (2005年2月21日). http://news.bbc.co.uk/1/hi/uk/4285069.stm 2011年7月10日閲覧。 
  59. ^ “No cash for 'highest slum'”. BBC News. (2001年2月9日). http://news.bbc.co.uk/1/hi/wales/1162818.stm 2011年7月10日閲覧。 
  60. ^ Bomford 1997, 7
  61. ^ Bomford 1997, 72
  62. ^ Walden 2004, 176
  63. ^ AfterRubens.org: The Strange Story of the Samson and Delilah”. 2011年7月10日閲覧。
  64. ^ Walking directions to the National Gallery from Embankment tube station
  65. ^ Walking directions to the National Gallery from Charing Cross station




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ナショナル・ギャラリー_(ロンドン)」の関連用語

ナショナル・ギャラリー_(ロンドン)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ナショナル・ギャラリー_(ロンドン)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのナショナル・ギャラリー (ロンドン) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS