ピエタとは? わかりやすく解説

ピエタ(母と子)

作者布施全子

収載図書ビッグボーイズ
出版社近代文芸社
刊行年月1996.4


ピエタ

作者浅田次郎

収載図書月のしずく
出版社文芸春秋
刊行年月2000.8
シリーズ名文春文庫


ピエタ

作者三澤章子

収載図書幸せは波のように
出版社新風舎
刊行年月2006.9


ピエタ

名前 Pietha

ピエタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/09 10:18 UTC 版)

ピエタイタリア語:Pietà、哀れみ・慈悲などの意)とは、聖母子像のうち、死んで十字架から降ろされたキリストを抱く母マリア(聖母マリア)の彫刻や絵の事を指す[1]


  1. ^ 片桐史恵「ミケランジェロの死生観に関する一考察 : 作品「ピエタ」を中心に」『中部学院大学・中部学院大学短期大学部研究紀要』第9号、2008年3月、 35-41頁、 NAID 400162303682020年4月14日閲覧。
  2. ^ NHK「世界美術館紀行」取材班『NHK世界美術館紀行 9 アルテ・ピナコテーク オスロ国立美術館 レンバッハハウス美術館』日本放送出版協会、2005年、26頁。ISBN 978-4-14-081046-0


「ピエタ」の続きの解説一覧

ピエタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/01 01:45 UTC 版)

砂漠渡し守エルフの男。昔は星降腕輪利用してせこい詐欺師としての日々暮らしていたが、タルキンによって詐欺行為をばらされ、星降腕輪を譲る事になる。しかし、その後に騙し取ったような物だ」という事で腕輪返し来たヤオ心意気惚れ込みそれ以降は主に聖戦士ヤオ中心として、勇者一行協力するうになるイシス砂漠で道に迷ったアロス達を救いイシスまで同行する事を約束聖戦士ヤオファンである為にこの度ヤオ失踪意気消沈気味。石当てゲームの腕は星降腕輪無しで健在エルフ達の仕来り人間との交流断っている為に人間の住む集落には入ってはいけない事になっている。

※この「ピエタ」の解説は、「ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章 〜紋章を継ぐ者達へ〜」の解説の一部です。» 「ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章 〜紋章を継ぐ者達へ〜」の概要を見る


ピエタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/25 06:46 UTC 版)

クリスアーク舞浜サーバーペットショップにて購入したミニチュアダックスフント)。名前はクリスアークプロポーズしたパブから。アーク亡き後オケアノスにてクリスと共にメイウー、メイイェン世話をしている。クリスアーク忘れないための大切な存在となっている。戦いの後ドヴァールカー世話されているらしく、イゾラの膝の上眠っている

※この「ピエタ」の解説は、「ゼーガペイン」の解説の一部です。» 「ゼーガペイン」の概要を見る


ピエタ(父:オグリキャップ、母:アンジュ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/21 08:52 UTC 版)

通称「白い奇跡」。北海道日高地方ルネサンス牧場生産競走馬白毛生まれた時には母馬死亡していた為、小林政宏人工哺乳にて育てる。小柄穏やかで優しい性格優馬幼少より鍛え作り上げた競走馬初戦関東地方競馬場ダート1200mで末脚差し15馬身離して優勝する第二戦関東地方競馬場中央指定交流競走ダート1600mでは逃げ大きく引き離して優勝第三戦東京の5R500ダート1600mでも最後尾から末脚優勝バルブ総帥陰謀でピエタが失格になるよう、岡田厩舎調教師に寝ワラにまくようを渡すが、岡田はピエタに与えなかった)。第4戦は中山競馬場1800mスプリングSGII)に参戦ここまで無敗制し皐月賞優先出走権を得る。第五戦は皐月賞参戦

※この「ピエタ(父:オグリキャップ、母:アンジュ)」の解説は、「優駿の門 -ピエタ-」の解説の一部です。» 「優駿の門 -ピエタ-」の概要を見る


ピエタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/26 09:46 UTC 版)

北のアルフォンス最南端ある町両端険しい山囲まれており、南へ抜けるには必ずこの町通らなければならないことから始まりの町」と呼ばれていた。北の地は常に人手不足らしく、この大陸孤児の内、少女東の地へ、少年北の地へ送られると言われている(東の地は「組織」あるため)。ピエタとは「慈悲」の意。

※この「ピエタ」の解説は、「CLAYMORE」の解説の一部です。» 「CLAYMORE」の概要を見る


ピエタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/02 18:01 UTC 版)

星降腕輪を持っていたエルフ少年ノアニール隠れ里住んでいたが、魔人王の出現と共に里を追われるその後腕輪聖戦士託すことを夢見ながら暮らしていた。エルフ化けたアルス一行星降腕輪を譲るよう持ちかけられたのをいいことに一行騙して大金せしめよう目論むが、トリック見破ったタルキンに裏をかかれ、不本意ながら腕輪を譲ることになる。はじめは人間騙されたことで深く落ち込んでいたが、ヤオ腕輪譲りたいと願っていた聖戦士その人であったことを知って感激した最終決戦前には、ピラミッド手に入れた黄金の爪をヤオに渡すために剣王の里訪れ、再び戦いに戻るよう促してヤオたちを奮起させた。

※この「ピエタ」の解説は、「ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章」の解説の一部です。» 「ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ピエタ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ピエタのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ピエタのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのピエタ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章 〜紋章を継ぐ者達へ〜 (改訂履歴)、ゼーガペイン (改訂履歴)、優駿の門 -ピエタ- (改訂履歴)、CLAYMORE (改訂履歴)、ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS