彫刻とは?

ちょう‐こく〔テウ‐〕【彫刻】

[名](スル)木・石金属などに文字絵・模様彫り込むこと。また、木・石金属などを彫り刻んで立体的な像につくり上げること。また、その作品。「大理石に彫刻する」「仏像彫刻」→彫塑(ちょうそ)


ちょう‐こく テウ‥ 【彫刻】

〔名〕

① ほりきざむこと。

② 木、石、土、金属などで物の像を立体的彫りきざんで作ること。また、その作品四方から彫り出したものを丸彫(まるぼり)、平面から浮き立たせたものを浮彫(うきぼり)という。彫塑広く粘土などで肉付けして立体作ることや、その作品についてもいう。

本朝文粋(1060頃)八・泉伝歳声詩序大江以言〉「呉桐煙越之材、亦猶待彫刻之力」〔呉志賀斉伝〕

版木を彫ること。

俳諧句選(1779)序「ひそかに草稿をあつめて、几董に託して校合せしめ彫刻半ばにいたる」


彫刻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/28 08:59 UTC 版)

彫刻(ちょうこく 英:Sculpture)は、三次元空間に制作する視覚芸術であり[注釈 1]造形芸術の一分野。頑丈な彫刻の製造プロセスとしては、木材などの素材を彫り込んで形象を作るものと、粘土石膏などで徐々に肉付けして作るものがあり、狭義には前者を「彫刻(カービング)[4]、後者を「塑造(モデリング)」と呼ぶ。これらプロセスにて造形された彫刻作品を「彫塑(ちょうそ)」とも言う[注釈 2]モダニズム以降は素材もプロセスもほぼ完全に自由である。多種多様な素材がカービングなどで彫り込み加工される場合もあれば、溶接射出鋳造などで成形加工される場合もある。


注釈

  1. ^ 三次元の彫刻に対し、二次元平面での形成と表現を行う視覚芸術が絵画[3]
  2. ^ 日本では、1873年のウィーン万国博覧会に牙彫や木刻などの彫り物(カービング)を出品するに際し、英語"sculpture"の訳として彫刻の語をあてたが、のちに塑造(モデリング)の意も加えて「彫塑」とも呼ぶようになった[5]
  3. ^ 木彫や石彫において原形を写し取るため、同じ位置の点を求めて印をつけること[14]
  4. ^ 一部の知識人たちが「古代ギリシア文明は着色されていなかった」と強硬に主張して、彩色の痕跡を消してしまうという暴挙が1930年代に行われた。詳細は古代ギリシアの彫刻#着色大英博物館#批判を参照。
  5. ^ 彫刻史では、様式の相違からギリシア古典期を古典前期(前5世紀)と古典後期(前4世紀)に分けている[59]。なお、英語圏では古典前期の様式をen:Severe styleと呼んだりもする。
  6. ^ このヘルメス像については模刻説があり[69]、美術史家の間でも誰の作品なのか見解が分かれている。詳細は英語版en:Hermes and the Infant Dionysusを参照。
  7. ^ 古代ギリシアがローマの属領だった時代(紀元前146年からの約4世紀)に、ギリシア人がローマのために制作した美術作品の様式 [75]
  8. ^ いずれも世界三大カメオに挙げられるほどの大型カメオ[77]
  9. ^ いわゆるケルト十字の、自立している背の高い石の十字架。装飾がふんだんに施されていることも多い。詳細は英語版en:High crossを参照。
  10. ^ 文字どおり、玉座の中に聖母マリアが佇んでいるモチーフで、絵画では『オンニサンティの聖母』が有名。英語圏ではこの絵が"Madonna Enthroned(玉座にいる聖母)"とも称される。詳細は英語版en:Ognissanti Madonnaを参照。
  11. ^ 「手法が型どおりで、独創性や新鮮味がない」事を指す用語で、このマニエリスム期がマンネリの語源という説がある[103]
  12. ^ 中国神話の神々は大々的な宗教には発展せず、儒教の始祖は実在した思想家の孔子道教の始祖である老子が実在人物かは論争中だが、仮に伝説上の人物だった場合でも隋から唐代の天尊像が知られている程度[116]
  13. ^ 「先祖の宗教」という意味で、フィリピンの神話および土着信仰を指す言葉。詳細は英語版en:Philippine mythologyを参照。
  14. ^ 死後の世界で従僕を務めるとされた、古代エジプト副葬品のミイラ形小像[150]
  15. ^ アステカ神話ではケツァルコアトル、マヤ神話ではククルカンキチェ族の信仰するマヤではグクマッツトヒルと呼ばれた、メソアメリカ地域に見られる神格。詳細は英語版en:Feathered Serpentを参照。
  16. ^ 溶けた素材(金属や蝋、チョコレートなど)に冷水を注ぐことで、偶発的に生じる形状の「非自発的彫刻」を作る技法。詳細は英語版en:Surrealist_techniques#Coulageを参照。
  17. ^ 例えば2019年にニューヨーク近代美術館とのコラボレーションで発売された、村上隆の代表的なキャラクター「DOB君」のフィギュアが、アート・トイの一例[163]

出典

  1. ^ en.museicapitolini.org (in Italian).
  2. ^ JTBサンピエトロ・イン・ビンコリ教会(San Pietro in Vincoli)の観光情報
  3. ^ コトバンク「彫刻とは」世界大百科事典 第2版の解説より
  4. ^ コトバンク「彫刻とは」ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説より
  5. ^ コトバンク「彫刻とは」日本大百科全書(ニッポニカ)の解説より
  6. ^ a b "Gods in Color: Painted Sculpture of Classical Antiquity" September 2007 to January 2008, The Arthur M. Sackler Museum Archived January 4, 2009, at the Wayback Machine.
  7. ^ 中島水緒「レリーフ」artscape、用語集(アートワード)より
  8. ^ コトバンク「彫塑」デジタル大辞泉の解説より。
  9. ^ a b See for example Martin Robertson, A shorter history of Greek art, p. 9, Cambridge University Press, 1981, 978-0-521-28084-6
  10. ^ NGA, Washington feature on exhibition.
  11. ^ The Ptolemies began the Hellenistic tradition of ruler-portraits on coins, and the Romans began to show dead politicians in the 1st century BCE, with Julius Caesar the first living figure to be portrayed; under the emperors portraits of the Imperial family became standard. See Burnett, 34-35; Howgego, 63-70.
  12. ^ Article by Morris Cox.
  13. ^ Part of the Gods in Color exhibition. Harvard exhibition Archived 2014-10-06 at the Wayback Machine.
  14. ^ コトバンク「ポインティング」ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説より。
  15. ^ Cook, 147; he notes that ancient Greek copyists seem to have used many fewer points than some later ones, and copies often vary considerably in the composition as well as the finish.
  16. ^ Flash animation of the lost-wax casting process”. James Peniston Sculpture. 2008年11月30日閲覧。
  17. ^ Ravi, B. (2004). Metal Casting - Overview. Bureau of Energy Efficiency, India. http://www.emt-india.net/process/foundries/pdf/CDA1.pdf. 
  18. ^ British Museum - The Lycurgus Cup.
  19. ^ Williams, Arthur (2005). The Sculpture Reference Illustrated. Gulfport, MS. p. 179. ISBN 978-0-9755383-0-2 
  20. ^ V&A Museum, Sculpture techniques: modelling in clay Archived August 2, 2012, at the Wayback Machine., accessed August 31, 2012.
  21. ^ Rawson, 140-44; Frankfort 112-13; Henig, 179-80.
  22. ^ Rawson, 134-35.
  23. ^ Burford, Alison, "Greece, ancient, §IV, 1: Monumental sculpture: Overview, 5 c)" in Oxford Art Online, accessed August 24, 2012.
  24. ^ Olsen, 150-51; Blunt.
  25. ^ Jewish virtual library, History of Jewish sculpture.
  26. ^ P. Mellars, Archeology and the Dispersal of Modern Humans in Europe: Deconstructing the Aurignacian, Evolutionary Anthropology, vol. 15 (2006), pp. 167-82.
  27. ^ de Laet, Sigfried J. (1994). History of Humanity: Prehistory and the beginnings of civilization. UNESCO. p. 211. ISBN 978-92-3-102810-6. https://books.google.com/books?id=e75T03MIp3sC&pg=PA211 
  28. ^ Cook, J. (2013) Ice Age art: arrival of the modern mind, The British Museum, 978-0-7141-2333-2.
  29. ^ Sandars, 8-16, 29-31.
  30. ^ Hahn, Joachim, "Prehistoric Europe, §II: Palaeolithic 3. Portable art" in Oxford Art Online, accessed August 24, 2012; Sandars, 37-40.
  31. ^ Kleiner, Fred (2009). Gardner's Art through the Ages: The Western Perspective, Volume 1. p. 36. ISBN 978-0-495-57360-9. https://books.google.com/books?id=mBrvazPDFoYC&pg=PT36 
  32. ^ Sandars, 75-80.
  33. ^ Sandars, 253-57, 183-85.
  34. ^ 旅悟空「新楽遺址 瀋陽」2013年1月16日
  35. ^ 縄文の女神とは”. 国宝 縄文の女神(公式ウェブサイト). 舟形町. 2019年4月29日閲覧。
  36. ^ 四国新聞「古代ライオン像に64億円/米、彫刻落札で最高額」2007年12月7日。
  37. ^ Frankfort, 24-37.
  38. ^ Frankfort, 45-59.
  39. ^ Frankfort, 61-66.
  40. ^ Frankfort, Chapters 2-5.
  41. ^ Frankfort, 110-12.
  42. ^ Frankfort, 66-74.
  43. ^ Frankfort, 71-73.
  44. ^ Frankfort, 66-74, 167.
  45. ^ Frankfort, 141-93.
  46. ^ Smith, 33.
  47. ^ Smith, 12-13 and note 17.
  48. ^ Smith, 21-24.
  49. ^ Smith, 170-78, 192-94.
  50. ^ Smith, 102-03, 133-34.
  51. ^ Smith, 4-5, 208-09.
  52. ^ Smith, 89-90.
  53. ^ コトバンク「[1]」 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説より。
  54. ^ images of Getty Villa 85.AA.103
  55. ^ Cook, 72, 85-109; Boardman, 47-59
  56. ^ ダ・ビンチニュース「ギリシャの神殿は白くなかった!? 新たなるギリシャ危機とは」2016年5月3日
  57. ^ “Research” (英語). Glyptoteket. http://www.glyptoteket.com/about-the-museum/research/ 2017年9月23日閲覧。 
  58. ^ Tracking Colour”. www.trackingcolour.com. 2017年9月23日閲覧。
  59. ^ コトバンク「ギリシア美術」日本大百科全書(ニッポニカ)の解説より。
  60. ^ Cook, 109-19; Boardman, 87-95.
  61. ^ Lapatin, Kenneth D.S., Phidias, Oxford Art Online, accessed August 24, 2012.
  62. ^ Cook, 119-31.
  63. ^ Cook, 131-41.
  64. ^ Alexander The Great and the Hellenistic Age, p. xiii. Green P. 978-0-7538-2413-9.
  65. ^ 正確には『Ludovisi Gaul Killing Himself and His Wife』で、コトバンク「ガラテア人とその妻」ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説に基づく訳語。
  66. ^ Cook, 142-56
  67. ^ Cook, 142-54.
  68. ^ Cook, 155-58.
  69. ^ コトバンク「プラクシテレス」百科事典マイペディアの解説より。
  70. ^ Strong, 58-63; Hennig, 66-69.
  71. ^ Hennig, 24.
  72. ^ Henig, 66-69; Strong, 36-39, 48; At the trial of Verres, former governor of Sicily, Cicero's prosecution details his depredations of art collections at great length.
  73. ^ Henig, 23-24.
  74. ^ Henig, 66-71
  75. ^ コトバンク「グレコ=ローマン様式」ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説より。
  76. ^ Henig, 73-82; Strong, 48-52, 80-83, 108-17, 128-32, 141-59, 177-82, 197-211.
  77. ^ 古屋「世界三大カメオとは」2021年9月20日閲覧
  78. ^ Henig, Chapter 6; Strong, 303-15
  79. ^ Henig, Chapter 8.
  80. ^ Strong, 171-76, 211-14.
  81. ^ Kitzinger, 9 (both quotes), more generally his Ch 1; Strong, 250-57, 264-66, 272-80
  82. ^ Strong, 287-91, 305-08, 315-18; Henig, 234-40
  83. ^ Robinson, 12, 15.
  84. ^ Dodwell, Chapter 2.
  85. ^ Calkins, 79-80, 90-102.
  86. ^ Calkins, 107-14
  87. ^ Calkins, 115-32.
  88. ^ Honour and Fleming, 297-300; Henderson, 55, 82-84.
  89. ^ Olson, 11-24; Honour and Fleming, 304; Henderson, 41.
  90. ^ Snyder, 65-69.
  91. ^ Snyder, 305-11.
  92. ^ [2] V&A Museum feature on the Nottingham alabaster Swansea Altarpiece.
  93. ^ Calkins, 193-98.
  94. ^ Cherry, 25-48; Henderson, 134-41
  95. ^ Olson, 41-46, 62-63.
  96. ^ Olson, 45-52, and see index.
  97. ^ Olson, 114-18, 149-50.
  98. ^ Olson, 149-50.
  99. ^ Olson, 103-10, 131-32.
  100. ^ Olson, Chapter 8, 179-81.
  101. ^ ルーブル美術館《プシュケを持ち上げるメルクリウス》」公式日本語ページ、2021年2月28日閲覧。
  102. ^ Olson, 179-82.
  103. ^ コトバンク「マンネリズム」ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説より
  104. ^ Olson, 183-87.
  105. ^ Olson, 194-202.
  106. ^ Boucher, 134-42 on the Cornaro chapel; see index for Bernini generally.
  107. ^ Boucher, 16-18.
  108. ^ Honour and Fleming, 450.
  109. ^ Honour and Fleming, 460-67.
  110. ^ ルーブル美術館「ルーペで見る《アモルの接吻で蘇るプシュケ》」公式ページに基づく訳語。2021年8月28日閲覧
  111. ^ Boardman, 370-78; Harle, 71-84.
  112. ^ Boardman, 370-78; Sickman, 85-90; Paine, 29-30.
  113. ^ 吉池孝一「二言語併用貨幣の伝播―ギリシア系バクトリア王国からクシャン朝まで―愛知県立大学、古代文字資料館発行『KOTONOHA』第158号、2016年1月。
  114. ^ Rawson, Chapter 1, 135-36.
  115. ^ Rawson, 138-38.
  116. ^ コトバンク「天尊像」百科事典マイペディアの解説より。
  117. ^ Rawson, 135-45, 145-63.
  118. ^ Rawson, 163-65
  119. ^ Rawson, Chapters 4 and 6.
  120. ^ Rawson, 135.
  121. ^ Shaanxi History Museum notice”. Shaanxi History Museum. 2021年9月20日閲覧。
  122. ^ リセマム「トーハク「博物館でアジアの旅」8/30-10/23、親子ナイトミュージアムも」2016年8月25日
  123. ^ Middle Jomon Sub-Period Archived 2009-05-25 at the Wayback Machine., Niigata Prefectural Museum of History, accessed August 15, 2012.
  124. ^ Paine & Soper, 30-31.
  125. ^ Kotobank, J?ch?. The Asahi Shimbun.
  126. ^ Kotobank, Kei school. The Asahi Shimbun.
  127. ^ Paine & Soper, 121.
  128. ^ 和楽web「世界を驚かせた日本工芸の至宝!明治の超絶技巧を生み出した職人たちの物語小学館、2019年9月13日
  129. ^ Harle, 17-20.
  130. ^ Harle, 22-24.
  131. ^ a b Harle, 26-38.
  132. ^ Harle, 87; his Part 2 covers the period.
  133. ^ Harle, 124.
  134. ^ Harle, 301-10, 325-27
  135. ^ Harle, 276-84.
  136. ^ Honour & Fleming, 196-200.
  137. ^ Piotrovsky and Rogers, 23, 26-27, 33-37.
  138. ^ Piotrovsky and Rogers, 23, 33-37.
  139. ^ a b Honour & Fleming, 557.
  140. ^ Honour & Fleming, 559-61.
  141. ^ Honour & Fleming, 556-61.
  142. ^ De Lorenzi (2015), pp. 15-16.
  143. ^ Briggs (2015), p. 242.
  144. ^ a b Briggs (2015), p. 331.
  145. ^ Sobania (2012), p. 462.
  146. ^ a b Harkless (2006), p. 174.
  147. ^ "Nubian Art Archived 2018-05-28 at the Wayback Machine.". Museum of Fine Arts, Boston. Accessed 28 May 2018.
  148. ^ Harkless (2006), pp. 174-75.
  149. ^ March 2011. "Nubia: Ancient Kingdoms of Africa". Institute for the Study of the Ancient World (New York University). Accessed May 28, 2018.
  150. ^ コトバンク「ウシャブティとは」世界大百科事典 第2版の解説より
  151. ^ Castedo, Leopoldo, A History of Latin American Art and architecture, New York: Frederick A. Praeger, Publisher, 1969.
  152. ^ Honour & Fleming, 553-56.
  153. ^ Neumeyer, Alfred, The Indian Contribution to Architectural Decoration in Spanish Colonial America. The Art Bulletin, June 1948, Volume XXX, Number two.
  154. ^ Elsen, Albert E. (2003). Rodin's Art: The Rodin Collection of the Iris & Gerald B. Cantor Center for the Visual Arts. Oxford: Oxford University Press. 0-19-513381-1.
  155. ^ Rodin to Now: Modern Sculpture, Palm Springs Desert Museum.
  156. ^ Curtis, Penelpoe, Taking Positions: Figurative Sculpture and the Third Reich, Henry Moore Institute, London, 2002.
  157. ^ Visual arts in the 20th century, Author Edward Lucie-Smith, Edition illustrated, Publisher Harry N. Abrams, 1997, Original from the University of Michigan, 978-0-8109-3934-9
  158. ^ The Oxford dictionary of American art and artists, Author Ann Lee Morgan, Publisher Oxford University Press, 2007, Original from the University of Michigan, 0-19-512878-8, 978-0-19-512878-9
  159. ^ National Air and Space Museum Receives Ascent Sculpture for display at Udvar-Hazy Center [3][リンク切れ]
  160. ^ NY Times, Umbrella Crushes Woman
  161. ^ Guggenheim museum Archived January 4, 2013, at the Wayback Machine.
  162. ^ Dia Foundation
  163. ^ MdN Design Interactive「村上隆氏が手掛けたキャラクターDOB君とMoMAとのコラボによるフィギュアが数量限定で登場」2019年10月17日
  164. ^ "Art Army by Michael Leavitt", hypediss.com[4], December 13, 2006.
  165. ^ Scott Reyburn「ムーア作の約4億円相当の彫像:盗難後スクラップ金属に-英当局ブルームバーグ、2009年5月20日。
  166. ^ BBC: Barbara Hepworth sculpture stolen from Dulwich Park, 20 December 2011. Example of theft of large bronze sculpture for the value of the metal.



彫刻

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 18:12 UTC 版)

名詞

ちょうこく

  1. 美術鑑賞目的として、様々素材用いて制作された立体作品のこと。狭義には、彫塑から塑造を除いたもの、すなわち素材削りとる方法造形していく美術作品をいう。
  2. 素材削りとる方法造形していく美術制作

発音

ちょ↗ーこく

動詞

活用

サ行変格活用
ちょうこく-する



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「彫刻」の関連用語

彫刻のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



彫刻のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの彫刻 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの彫刻 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS