シミュレーショニズムとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > シミュレーショニズムの意味・解説 

シミュレーショニズム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/23 06:02 UTC 版)

シミュレーショニズム: simulationism)は、1980年代のニューヨークを中心に広まった美術運動である。近代芸術の唯一性(アウラ)に反対し、大衆芸術のイメージを、カットアップサンプリングリミックスといった手法を用いてアプロプリエーション(appropriation、盗用)することを特徴とする。シミュレーション・アート(simulation art)、アプロプリエーション・アート(appropriation art)とも呼ばれる。




「シミュレーショニズム」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「シミュレーショニズム」の関連用語

シミュレーショニズムのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



シミュレーショニズムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのシミュレーショニズム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS