ポップアートとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 美術 > アート > ポップアートの意味・解説 

ポップ‐アート【pop art】


ポップ・アート

まさに戦後アメリカの象徴のようなポップアートだが、実は1950年代イギリス生まれである。しかし、マスメディアによって日々生産消費される大衆文化、つまり、広告漫画女優写真加工された食品類、注目を集める政治家の顔などを、そのまま作品として提示したポップアートは、まさにアメリカのために産み落とされ芸術表現であった

ポップ・アート

作者ジョー・ヒル

収載図書20世紀の幽霊たち
出版社小学館
刊行年月2008.9
シリーズ名小学館文庫


ポップアート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/20 21:10 UTC 版)

ポップアート(pop art)は、現代美術芸術運動のひとつ[1]で、大量生産大量消費の社会をテーマとして表現する。雑誌広告漫画、報道写真などを素材として扱う。1950年代半ばのイギリスでアメリカ大衆文化の影響の下に誕生したが、1960年代アメリカ合衆国ロイ・リキテンスタインアンディ・ウォーホルなどのスター作家が現れ全盛期を迎え、世界的に影響を与えた。


  1. ^ Livingstone, M., Pop Art: A Continuing History, New York: Harry N. Abrams, Inc., 1990
  2. ^ 山口藍 - 美術手帖ホームページ



ポップアート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/10 08:43 UTC 版)

キャンベルのスープ缶」の記事における「ポップアート」の解説

1960年ウォーホル最初のカンバス製作し始めたが、彼はその基礎コミック・ストリップ題材においた。1961年後半彼はフロリアーノ・ヴェッキ(Floriano Vecchi)にシルクスクリーン工程を学んだが、彼は1953年以来、タイバー・プレス(Tiber Press)を経営していた。その工程一般にステンシルデッサンから始まるけれども、しばしば、接着剤とともに絹に移され引き伸ばした写真から発展するいずれの場合でも、接着剤基礎である2次元陽画像(a positive two-dimensional image)が必要である(陽とは、塗料現われる余地残されているという意味である)。通例は、インクローラー媒介物に付けられ、それは絹を通り抜け接着剤通り抜けないキャンベルのスープ缶は、ウォーホル最初のシルクスクリーン作品1つであった最初は、合衆国1ドル紙幣であった。諸片はステンシル作られたそれぞれの色に1つずつウォーホル写真からシルクスクリーン転向したのは、キャンベルのスープ缶オリジナルのシリーズ製作されのちのことである。 ウォーホルは、コミック・ストリップの、そして他のポップアートのシルクスクリーン製作していたけれども、ロイ・リキテンスタインによるコミックの、より完成されたスタイル競争することを避けるために当時題材としてスープ缶におそらく自分を格下げした。実際に彼はかつてこのように言った、「わたしは何かやらなきゃいけないのです、ほんとうに衝撃大きくてリキテンスタインジェームス・ローゼンクイストはじゅうぶん違っていて、たいへん個人的で、ちょうど彼らがしていることをわたしがしているように見えないようなことを。」1962年2月リキテンスタインは、レオ・カステリ(Leo Castelli)の名前を取ったレオ・カステリ・ギャラリー(Leo Castelli Gallery)で漫画絵を展示して完売しウォーホルの、漫画絵を展示する可能性終らせた。実際にカステリ1961年ウォーホル画廊訪れ自分がここで見た作品リヒテンシュタイン作品あまりにも似ていると言ったけれども、ウォーホルリキテンスタインコミック美術品は、題材技法において異なる(たとえば、ウォーホルコミック・ストリップ諸人物はポパイのようなユーモラスなポップ・カルチャーカリカチュアであったいっぽうでリヒテンシュタインのは一般に冒険ロマンス夢中なコミック・ストリップから霊感受けたステレオタイプヒーローとヒロインであった)。カステリそのとき両方美術家代表することを選ばなかったが、しかし彼は1964年に、キャンベルのトマト・ジュース・ボックス(Campbell's Tomato Juice Box)、1964年、や、ブリロ・ソープ・ボックシズ(Brillo Soap Boxes)のようなウォーホル諸作品を展示することになる。彼は1966年にふたたびウォーホル作品展示することになる。リキテンスタイン1962年展示直後に、ウェーン・ティーボー(Wayne Thiebaud)の1962年4月17日のアラン・ストーン・ギャラリー(Allan Stone Gallery)での、全米食品特集した個展開かれたが、ウォーホルは、これは彼自身食品関連スープ缶の作品危険にさらした感じて動揺したウォーホルはボドリー・ギャラリーに戻ること考えていたが、しかしボドリーディレクター彼のポップアートの諸作品を好まなかった。1961年ウォーホルは、アラン・ストーン(Allan Stone)から、ローゼンクイストおよびロバート・インディアナとの、ストーンの、東82丁目18番地でのギャラリーでの3人展の申し出を受けたが、3人全員がこの申し出には侮辱受けた。 アーヴィング・ブラム(Irving Blum)が、ウォーホルスープ缶の絵を展示する最初の画商であったブラムはぐうぜん1962年5月ウォーホルのもとを訪ねていたが、そのときウォーホルは、リヒテンシュタインローゼンクイストおよびウェーン・ティーボーとともに、『タイム1962年5月11日号の記事ケーキ一切れ派」("The Slice-of-Cake School")で特集組まれていた。記事中写真実際に掲載された美術家ウォーホルだけであったが、これはマス・メディア操縦する彼の特技表わしている。ブラムその日、『100個のスープ缶』(One-Hundred Soup Cans)をふくむ、多くのキャンベルのスープ缶ヴァリエーション見たブラムは、ウォーホルギャラリー展示の手筈をとっていないことに衝撃を受け、彼にロス・アンジェルスのフェラス・ギャラリーでの7月展示会申し出た。これが、ウォーホルの、ポップアートの最初の個展であることになる。あらたに創刊され雑誌アートフォーラム』(Artforum)のオフィスギャラリー過ぎたところにあったが、ウォーホルブラムによって、それが展示会記事掲載するにちがいないと確信した。この展示ウォーホル最初の画廊個展であっただけでなく、ポップアートの西海岸での初公開であると見なされた。アンディ・ウォーホル最初のニュー・ヨークでソロポップPop展覧会1962年11月6日から24日までエリノア・ウォード(Eleanor Ward)のステーブル・ギャラリー(Stable Gallery)で開かれた展示され作品には、『マリリンディスパッチ』(Marilyn Diptych)、『緑色コカ・コーラのびん』(Green Coca-Cola Bottles)および『キャンベルのスープ缶』(Campbell's Soup Cans)もふくまれていた。

※この「ポップアート」の解説は、「キャンベルのスープ缶」の解説の一部です。
「ポップアート」を含む「キャンベルのスープ缶」の記事については、「キャンベルのスープ缶」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ポップアート」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ポップアート」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ポップアートと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ポップアートのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ポップアートのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
横浜美術学院横浜美術学院
Copyright © 2022 横浜美術学院 AllRights Reserved.
徳島県立近代美術館徳島県立近代美術館
Copyright:徳島県立近代美術館.2022
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのポップアート (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのキャンベルのスープ缶 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS