ビーダーマイヤーとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ビーダーマイヤーの意味・解説 

ビーダーマイヤー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/25 17:21 UTC 版)

ビーダーマイヤー(独: Biedermeier)とは、19世紀前半のドイツオーストリアを中心に、もっと身近で日常的なモノに目を向けようとして生まれた市民文化の形態の総称。示す概念によってビーダーマイヤー様式ビーダーマイヤー文学ビーダーマイヤー時代などのようにあらわす。文脈によっては小市民と同義で使われる。ビーダーマイアーとも表記される[1]




  1. ^ 日本大百科全書(ニッポニカ)の解説”. コトバンク. 2018年1月21日閲覧。


「ビーダーマイヤー」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ビーダーマイヤー」の関連用語

ビーダーマイヤーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ビーダーマイヤーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのビーダーマイヤー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS