マイヤーとは?

マイヤー 【Georg von Mayr】 ○

(1841~1925 ドイツ統計学者社会統計学派を確立。著「統計学社会理論」など。

マイヤー 【Mayer】 ○

Julius Robert von M.〕 (1814~1878) ドイツ医者物理学者。熱と運動の相互関係研究エネルギー保存の法則を素なかたちで提出
Otto M.〕 (1846~1924 ドイツ行政法学者フランス行政法影響のもとに,法実証主義立場に立ってドイツ行政法学基礎を築いた。主著ドイツ行政法

マイヤー 【Meyer】 ○

Conrad Ferdinand M.〕 (1825~1898) スイス詩人小説家造形的な独自の抒情詩のほか,ルネサンス期取材した歴史小説で知られる。韻文小説フッテン最後の日々」,小説ユルク=イェナッチュ」など。
Viktor M.〕 1848~1897) ドイツ化学者立体化学研究で知られ,「立体異性体」の語を初めて用いる。また,蒸気密度による気体分子量測定法(ビクトル=マイヤー法)を考案

マイヤー (Meyer, Julius Robert von)

マイヤーという人は

ユリウス・ローベルト・フォン・マイヤー ユリウス・ローベルト・
フォン・マイヤー

ドイツハイルブロン薬剤師息子として生まれテュービンゲン大学医学を学ぶ。

マイヤーの主な経歴

1842年エネルギー保存の法則熱力学の第一法則)を発表する当時エネルギーの意味を表す用語や表式が定まっておらず、エネルギー保存の法則貢献した人物ではマイヤーのほかに カルノージュールヘルムホルツがあげられる。

エネルギー保存の法則有機体細胞発見進化論とともに3大発見エンゲルスに称されている。 この発見物理学という分野を超え、自然科学全般にわたる法則といえるもので19世紀最高の業績と言えるのであるが、当時はほとんど注目されなかった。

1870年フランス科学アカデミー通信会員になる。

1871年コプリ・メダル受賞した。


マイヤー

名前 MaeyerMyerMyersMaierMeierMayerMayrMeyerMeijerMeir

マイヤー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/19 18:07 UTC 版)

マイヤーマイアー(Meier, Meyer, Maier, Mayer, Meir, Meyr, Mair, Mayr, Myre, Meijer)は、主に欧米に見られる英語読みするとメイヤーまたはメイア。由来は2つあり、互いに無関係である。




「マイヤー」の続きの解説一覧



マイヤーと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「マイヤー」の関連用語

マイヤーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



マイヤーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
中経出版中経出版
Copyright (C) 2019 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
電気史偉人典電気史偉人典
Copyright(C) 2019 電気史偉人典 All rights reserved
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのマイヤー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS